お掃除テク

水回りの掃除が苦手なら必見!楽しくキレイに掃除するポイント3つ

水回りの掃除

家事の中で一番の難関場所は“水回り”の掃除ではないでしょうか。
水回り、シンク、風呂、トイレなどはほぼ毎日使いますよね。

 

どうしても使用頻度が高くなるので、きちんと掃除をしていてもいつのまにか汚れが付着してしまいます。
普段から使う場所だからこそ、汚れが気になっちゃいますよね。

どうしたらスッキリキレイにできるのか、水回りの掃除のポイントを紹介します!

みんな苦手な水回りの掃除! 楽しく掃除するポイント3つ

水回りの掃除を苦手としている人は多いと思います。
逆に得意なんていう人は珍しくないですか?

苦手だと掃除が億劫で嫌で仕方がないから益々、水回りの掃除が苦手となっていると思いますので、そこの苦手意識を削除してしまえばとっても楽しく掃除ができますよ!
そのポイントを見てみます。

 

1.こまめに掃除
水回りは水垢や、皮脂、脂などで、汚れが付着してしまいます。
その汚れをすぐに洗い落とさないと、固まってしまい、汚れが頑固になったり、カビとして黒ずみになったりします。
そうなると大変で、姑は掃除の怠慢だのとグチグチ言います。
汚れが落ちやすい時に掃除をする事が苦手を取り除くコツです。
簡単に汚れが落ちれば、苦手なんて事はないです。

 

2.洗剤の有効活用
普段使っている洗剤で汚れが落ちないようでしたら、洗剤を変えて見る必要があります。
水回りに最適な、掃除アイテムとして“重曹”、“クエン酸”、“酢”などがあります。
なんてこと無い食品ですが、混ぜるとガスが発生し、ガスの力で汚れを除去してくれます。
汚れがみるみるうちに落ちれば楽しくなりませんか?

 

3.家事代行サービス
週止めに普段の掃除に文句を言われるなら、一度、掃除サービス会社のサービスで掃除をしてもらい綺麗にピカピカにしてみてはいかがでしょう。
ただ、毎回だと、放棄していると考えられて関係は悪化してしまうので、普段は自分で掃除してみましょう。

水回りをキレイに保つにはこまめな掃除が必須

水回りの掃除が苦手で掃除が捗らない、憂鬱と感じている人は多くいるのでははないでしょうか。
ただ、こまめに水回りをきれいにし、汚れを固まらせない事が重要です。

家財の奥の奥まで入り込んだ汚れは落ちにくく色素沈着してしまうのが悪い点です。
汚れが頑固にならないうちに、水回りはキレイに保つ事が必要不可欠です。

どうしても後回しにしてしまうと、汚れがこびり付いて取れにくくなります。

まとめ

水回りはどうしても毎日、家族が使うので汚れやすい場所でもあります。
だからこそ、汚れがあると目立つのです。

また、こびり付いたら汚れが落ちにくくなり、それが苦手の原因になってしまうのではないでしょうか。
簡単に汚れが落ちたら苦手意識も持ちませんよね。

汚れが定着化する前に何とか防止しなくてはいけないのですが、やはりこまめな掃除やアイテムを駆使する必要性がありますね。
洗剤なども有効的に使いましょう。

-お掃除テク

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5