生活・暮らし

クレカを洗濯しても大丈夫?使えるか判断する方法はある?

最近はキャッシュレス(紙幣や硬貨を使用せず、クレジットカードや電子マネー利用した電子決済のこと)化が進み、現金を持たずに出かける人が多いですよね。

鞄は持たずに小さな財布とスマートフォンだけの人もいるのではないでしょうか。

 

ポケットに財布を入れたまま洗濯をしちゃったりしたら、中身が心配ですよね。紙幣や硬貨は乾かせばよいですが、クレジットカードは水に浸され洗剤を浴びるとどうなってしまうのでしょう!

この記事ではクレカを洗濯してしまった時のことについてご紹介いたします。

クレカを洗濯しても大丈夫?使えるか判断する方法はある?

クレカは水や洗剤に強い成分で作られているので、基本的に洗濯をしただけでは壊れる心配はありません!ちなみに大部分がポリ塩化ビニル、ICチップも水に強い素材でできています。

 

万が一トイレに落としてしまっても、水たまりに落としてしまっても、土砂降りで雨に打たれても基本的には大丈夫です。

私の家族は財布をポケットに突っこんだまま洗濯に出しがちなので、いつもヒヤッとしますが、水濡れに強いなら少し安心しました。

 

ただ、ここで注意したいのは乾燥機にかけているかどうか、というところです。クレカは水や洗剤には強いですが、熱には弱い素材なんです。プラスチックと同じですね。

 

具体的には60℃から80℃ほどになると、変形する可能性が出てきます。ということは、濡れたからと言ってドライヤーで乾かす行為は、かなり危険な行為のため避けるべきです。

タオルなどでさっとふき取る程度にしておきましょう。

 

水濡れの問題は解決しましたが気になるのは、使えるか、使えないかどっち!?問題です。

「よし、水にぬれても大丈夫だから早速使っちゃおう!」と安易にATMなどには決して突っ込まないでください。洗濯の段階で強い衝撃があった場合、変形している可能性があり、ATMの機械からクレカが出てこない、またATMの機械自体を壊してしまう可能性があります。

 

まずはよく変形していないかを確認し、コンビニやスーパーのICチップ決済ができるところで支払いをしてみてください。そこで正常に支払いができていれば故障はしていないと判断できます。

クレカを洗濯しても大丈夫?使えなくなったときはどうすればいい?

残念なことに乾燥機をかけてしまった、ドライヤーで乾かしてしまった、洗濯の段階の衝撃でクレカが変形してしまった場合や、ICチップに異常があって使えなくなったときは、早めにクレジットカード会社へ連絡を入れましょう。クレカ会社の公式ページやクレカの裏面に電話番号が書かれています。

 

再発行の依頼をすると約1週間でクレカが再発行されます。

再発行されるとカード番号やセキュリティ番号が変わることがあります。そのため、普段クレカ払いをしているネットショッピングサイトや公共料金に登録されている情報を変更することを忘れずに行ってください。

クレカを洗濯しても大丈夫?汚れたとき石鹸で洗うのはOK?

クレカが汚れてしまった時はメガネ拭きのような柔らかい布で優しく拭くだけでたいていの汚れは落とせます。

それでも気になる方は少量のせっけんや洗剤を使って洗っても問題ありません。先述した通り、熱には弱いですが水や洗剤には強い素材でできているので安心してください。

 

ただ熱を当てて乾かすことだけは絶対に避けてください!

最近は新型コロナウイルスの影響もあって、汚れよりも目に見えないウイルスを除去したくてアルコール消毒をしたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

アルコール除菌も問題ないので拭いてもらって大丈夫です。除菌シートやアルコールスプレーの使用も問題ありません。

署名の欄は滲んだり、名前が消えてしまう恐れがあるのでゴシゴシ拭くのは控えてください。

クレカを洗濯しても大丈夫?使えるか判断する方法はある?まとめ

公共料金や買い物の支払いで便利なクレカを洗濯してしまったらとても焦りますよね。

でもそんな時こそ落ち着いてカードの状態を確認し、必要に応じて再発行手続きを早めに行うことでクレカが使えない状況は防げますので安心してください。

洗濯する前に、財布やカードケースがポケットの中に入ってないか確認することが1番大事ですね!

-生活・暮らし

© 2022 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5