お掃除テク

超簡単!ガスコンロのステンレス掃除はこれだけでピッカピカ!

毎日使うコンロ。
水や油を使うとどうしても汚れやすくなりますね。
拭き掃除をして簡単に落ちるようであればいくらか楽ですが、掃除の仕方を誤ると、傷を付けたり、擦っても汚れが落ちなかったりと苦労してしまいます。
今回は、べたつく汚れが綺麗になる方法をご紹介していきたいと思います。

ガスコンロ周りのカンタン掃除方法とオススメ洗剤&グッズ

まず、掃除の際にオススメの洗剤は、セスキ炭酸ソーダスプレーや重曹です。
キツくこびりついた汚れは、重曹をふりかけ、その上にセスキ炭酸ソーダスプレーを使うと非常に落ちやすくなります。

その他、スチームクリーナーがあっても便利です。
蒸気で汚れを浮かし、色々な個所を一気に掃除できます。

「ガスコンロ周り」とは、壁なども含みます。
油が飛び散っていることもあるので、壁の掃除も忘れずに行いましょう。
また、臭いのキツい魚焼きグリルは、レモンなどの酸性のものを塗っておくと良いでしょう。
予め塗っておくことで汚れがこびりつくのを防いでくれます。
もちろん、絞り終わったレモンでも構いません。

豆知識ですが、グリル使用時に敷く水+水溶き片栗粉を入れておくと、焼いた後、水溶き片栗粉がゼリー状に固まってグリルへの油の付着をガードしてくれます。
もちろん、ゼリー片栗粉は簡単にはがせます。

ステンレスを傷つけない掃除のポイント

ステンレスは、上部に見えて意外と傷が付きやすいので掃除の際は、注意が必要です。
塩素系漂白剤やたわしなどを使うのは避けましょう。

ステンレスを掃除する際は、表面の筋目に沿ってスポンジでこするようにします。
重曹を使用して、ぬらしたスポンジで磨き、最後は、お酢をたらした温めのお湯で拭くと良いでしょう。

その他、市販でクエン酸配合の超極細繊維(マイクロファイバー)シートや掃除用の柔らかいブラシ、こびりつきかき取りヘラなども販売されているのでそちらを用いて、汚れをふき取る形でも良いでしょう。

磨き方を間違えると、ステンレスが傷ついたり、錆び付く原因にもなるので気を付けましょう。
もし、傷が付いてしまうと、傷に水が付着して時間経過した場合、水が酸素などにあてられて腐ってくると臭いの原因ともなります。

まとめ

コンロの汚れは、時間が経つとこびり付いてしまいます。
毎日使う場所だからこそ、汚れやすい傾向にもあるので定期的に掃除するのが良いでしょう。
上記でご紹介したグッズは、どれも100均で購入できるものばかりです。
是非、綺麗なコンロ周りを保つのに活用ください。

-お掃除テク

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5