ビジネス・マナー

ご祝儀の金額はいくら?結婚式をしない人へ渡す場合の相場って?

更新日:

渡す相手との関係性にもよりますが、一般的に結婚式のご祝儀は3万円が相場です。

でも、結婚式をしない人へのご祝儀は、いくらお包みすればいいのか、相場はいくらくらいなのか、ちょっと悩みますよね。

この記事では、結婚式をしない人へのご祝儀の金額の相場や、渡すタイミングなどを解説していきます。

結婚式をしない場合もご祝儀は相手との関係性で相場が異なる!?

最近はライフスタイルが多様化し、結婚式はせず、身内だけのパーティで済ませたり、結婚の報告のみのカップルも増えています。

身内だけのパーティだと、友人や職場関係の人は呼ばれないケースもあります。
とはいえ、結婚の報告を受けたら、家族や親しい友人、仕事でお世話になっている上司や同僚であれば、お祝いの気持ちとしてご祝儀を渡したいですよね。

金額の相場ですが、結婚式をしない場合のご祝儀は、結婚式をした場合の1/3くらいとなります。
結婚式をする場合、通常の相場が3万円ですので、結婚式をしない場合、1万円がご祝儀の相場となります。

ちなみに、結婚式をしないのであれば、過去に自分の結婚式でご祝儀をいただいているからといって、必ずしも同額を包む必要はありません。
気になるようであれば、お祝いの品を別に渡したり、お祝いの気持ちを言葉や手紙などで伝えましょう。

ご祝儀を渡すタイミングとマナー

結婚式をしない場合、ご祝儀をいつ渡せばいいのか、タイミングが難しいですよね。

私の知り合いは、友人に「式はしないけど結婚することになった」と言われて、早々にご祝儀を渡したところ、なかなか入籍せず、最終的には破局してしまったという悲惨なことがあったと言ってました。

落ち込んでいる様子の友人に「渡したご祝儀を返して」とは言いにくく、結局その友人とは疎遠になってしまったそうです……。

そんなレアケースはあまりないと思いますが、結婚式をしない場合にご祝儀を渡すタイミングは、やはり入籍後がベターです。
友人や家族など親しい間柄であれば、「入籍したら教えてね」と伝えておきましょう。

または、新居への引っ越しなど、結婚生活が始まっている様子であれば、ご祝儀をお渡しして問題ないタイミングです。

会社の上司や同僚、付き合いが浅い親族の場合、なかなか入籍したか、結婚生活が始まっているか、確認しづらい相手もいますよね。
そういうときは周囲の人と連携して、ご祝儀を渡すタイミングをあわせましょう。

渡し方は、やはり手渡しがベスト
入籍の報告を受けたら、なるべく1ヶ月以内に直接会って渡しましょう。

相手が多忙な場合や、遠方に住んでいて直接会うことが難しい場合は、郵送で送ってもOK!
郵送で現金を送る場合は、現金書留で送ります。

普通郵便では現金を送ることはできません。

法律で禁止されていますし、送った相手にも非常識だと思われてしまうので、絶対にやめましょう。

現金書留の封筒にお金をそのまま入れるのではなく、きちんとご祝儀袋に入れて、それを現金書留の封筒に入れて送ります。
現金書留には手紙も同封できますので、ご祝儀だけでなくお祝いのメッセージも添えましょう★

極力、挨拶を含めて手渡しするのが一番ですが、郵送でもマナーを守って送れば失礼にはなりませんよ。

送る前にひとこと先方に伝えておくと、スムーズに受け取っていただけると思います。
現金書留ってめったに受け取る機会がないですし、急に届くとビックリする人もいますので……。

まとめ

結婚はとてもおめでたいことです。
親しい友人やお世話になっている会社の上司や同僚ならなおさら、お祝いの気持ちを込めてご祝儀を贈りたいですよね。

結婚式をしない場合のご祝儀は、通常の1/3が相場となります。
入籍したあとになるべく早めに手渡しか郵送でお渡ししましょう!

マナーを意識しつつ、あなたのお祝いの気持ちを伝えてくださいね。

-ビジネス・マナー

Copyright© 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.