生活・暮らし

iPhone Fold・折り畳みスマホ登場? 世間の評判は微妙

ついにアップルからも折り畳み式スマホ・iPhone Foldの発売が濃厚になりました!
でも折り畳み式スマホって、正直あまり需要ないですよね。

折り畳み式スマホは、すでに「Galaxy Fold」「Mate X」など、すでに他社から発売されてますが、アップル製品の発売により折り畳み式スマホは今後のスタンダードになるのか、個人的な意見をまとめました。

iPhone Foldの特徴は? 他社の折り畳み式スマホとの違い

2019年9月の時点で、アップルは「電子デバイス」など折り畳み式スマホに採用する技術の特許を出願しています。
そのため、現時点では機能面について詳しい情報はわかっていません。

ただ、出願した特許の内容から、他社の折り畳み式スマホのディスプレイとは素材や折り曲げる技術が異なることが予想されます。

画質やデザインなど、従来の折り畳みスマホとは一線を画したものになる可能性があります!
私も家電量販店で折り畳み式の液晶を見たことがありますが、「うーん? 別に普通のスマホで良くない?」と思ったので、iPhone Foldでどんな進化があるのか気になるところです。

とはいえ、常に革新的なデザインや機能を追求してきたアップルなのに、「折り畳み式スマホ」は他社が発表済みということもあり、どうしても後追い感がしちゃいますね。

折り畳み式スマホのメリット・デメリット

そもそも、折り畳み式スマホの使い勝手ってどうなんでしょう。
メリットとデメリットをまとめました!

折り畳み式のメリット

落としたときにディスプレイの破損が防げる
タブレットとスマホを使い分ける必要がなくなる
折り畳むことによって一般的なスマホより収納しやすい
キーボードが画面上に表示されるので、よりパソコンに近い使い方ができる
カメラ機能の向上

折り畳み式のデメリット

価格が高い(発売済みの他社製品では20万以上するものも)
耐久性・実用性・バッテリーの持ちなどが悪い
ふつうのスマホで事足りている(結論)

価格が高いのはネックですねー。
なにより折り畳み式スマホが普及しにくいのは、ふつうのスマホで十分だから、なんですよね。

手帳型カバーとかつければ、落としたときの破損も防げますし、機能にもそこまで大きな差はないので、あえて折り畳み式スマホを選択する必要がないんです。

日本人はコンパクトで小型化されたものを好むので、折り畳み式スマホの爆発的な普及は難しいかもしれません。

まとめ

折り畳み式スマホは、「大画面だけど折り畳めるからコンパクト」なのが魅力です。

タブレットとスマホを使い分けるのが面倒な人には便利だと思いますが、価格が高く、液晶を折り畳むという特殊な形状のため、耐久性などに不安があります。

「目新しい」以外に性能に大きな差や画期的な機能がない限り、ふつうのスマホで満足しているユーザーには浸透しなそうです。

でも新しい技術が出てくるのは、個人的にはワクワクするので(買う買わないはさておきw)、iPhone Foldの詳細な情報を待ちたいと思います♪

-生活・暮らし

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5