生活・暮らし 違い・比較

JREカードとビューカードの違いって?簡単比較と選び方のポイント

JREカードとビューカードってどう違うんでしょうね?

駅地下でよく買い物したりご飯食べたりするので、「JREカードかビューカードお持ちですか?」て聞かれるんですが、違いがわからない!

というわけでJREカードとビューカードの違い調べてみました。

 

ビューカードの大きな特徴は、他のクレジットカードと違い、普段から通勤や通学で電車利用する方にはお得で嬉しい便利なsuica機能、suicaオートチャージ機能の付いたカードであるということ!

普段から電車を利用する方にはぜひ持っていて欲しい、持って損のないカードです。

 

このビューカードには、利用する方の用途に合わせていくつか種類があるため、より自分に合ったカードを見つけることがお得に利用するポイントになってくるでしょう。

 

今回は、数種類あるビューカードの中から、『JREカード』と『ビュー・スイカカード』の違いを比較しながらご紹介していきます!!

JREカードとビューカードの違いと特徴

JREカードとビュー・スイカカードは、どちらもsuica・定期券・JRE POINTカード・クレジットカードが一体となった便利なカードです。

 

2つのカードの違いと特徴を簡単に説明するために、

  • ポイント還元率
  • 年会費
  • 特徴的なサービス

この3つに着目しながら説明していきます。

 

ポイント還元率

JREカードとビュー・スイカカードは、どちらもJR東日本の駅や駅ビルの利用でJRE POINT(以下、JRE POINT=「ポイント」と表記してます )をお得に貯めることができるカードではありますが、そのポイントの還元率に大きな差があります。

 

*JREカード*

  • JRE CARD優待店でのお買い物(クレジット決済)でポイント還元率3.5%
  • JRE POINT加盟店利用でポイント還元率1.5%
  • JRE MALLでのお買い物(クレジット決済)でポイント還元率3.5%

JREカードの最も大きな特徴とビュー・スイカカードとの違いは、JRE優待店である駅ビルでのお買い物時にJRE POINTをよりお得に貯めることができるという点です。

 

JRE優待店でのお買い物時に、JREカードのクレジット払いを利用すると、その場で100円(税抜)につき3ポイントが付与され、さらに利用翌月中旬までの利用額1,000円(税込)につき5ポイントが付与され、合計でポイント還元率が3.5%になります!

 

JRE優待店とは、アトレ、アトレヴィ、テルミナ、ペリエ、エクセル、エスパル、フェザンなどの駅ビルになります。

 

2020年7月1日からは、ルミネ・ニュウマン各店にてクレジット決済でお買い物をすることで、通常利用額1,000円につき5ポイント付与のところ、35ポイント付与のとてもお得なサービスが開始されました。

↑このポイント加算サービスは、JREカードのみにある最大のメリットです!

 

↓以下2点はビュー・スイカカードと同様のサービスになります。

JRE POINT加盟店にて、お買い物時にJREカードの提示すると、その場で100円(税抜)につき1ポイントが付与され、さらにクレジット決済にすれば、利用月の翌月中旬に利用額1,000円(税込)につき5ポイントの付与で計1.5%のポイント還元を受けることができます。

 

JRE MALLとは、JR東日本が運営する鉄道関連グッズやsuicaのペンギングッズ、全国地産品等の購入ができるショッピングサイトです。

 

このJRE MALLにてビュー・スイカカードのクレジットを利用してお買い物をすると、100円(税抜)につき3ポイント付与されます。

さらに、クレジット利用翌月中旬に利用額1,000円(税込)につき5ポイントが付与され、合計3.5%のポイント還元を受けることができます。

 

JREカードは駅利用だけでなく、駅ビルで頻繁にお買い物をするという方にはぜひオススメしたいカードです。

 

*ビュー・スイカカード*

  • JRE POINT加盟店利用でポイント還元率1.5%
  • JRE MALLでのお買い物(クレジット決済)でポイント還元率3.5%
  • 『ビューサンクスボーナス』サービスでボーナスポイントが貯まる!

 

ビュー・スイカカードは、上記でご説明した通り、JRE POINT加盟店・JRE MALLでのお買い物(クレジット決済)で受けられるポイント加算サービスに関してはJREカードと同様です。

 

しかし、JREカードのようにJRE POINT優待店でのお得なポイントサービスは受けられません。

その分、ビュー・スイカカードには『ビュー・サンクスボーナス』という独自のサービスがあるのが最大のメリットです。

 

こちらは、ビュー・スイカカードの年間累計利用額(税込)に応じて、通常貯まるポイントにプラスして、ボーナスポイントを受け取ることができるサービスです。

 

年間のカード利用額(4月~翌年3月)が30万円、70万円、100万円、150万円になるごとに、それぞれ250ポイント、1,000ポイント、1,500ポイント、2,500ポイントのボーナスポイントを受け取ることができます。

 

サービスポイントを受け取ることができる利用金額の対象商品・サービスとは、公共料金や携帯電話の使用料金の支払い、お食事、お買い物でのカード使用額です。
(※suicaチャージや定期券・切符の購入、電子マネーやプリペイドカードへのチャージ、年会費、手数料などは対象外になります。)

 

利用累計額の確認には、web明細を利用すると便利です。

ビュー・スイカカードは駅ビルでお買い物はしないけれど、普段の買い物や公共料金の支払い等で年間のカード利用額が多いという方にオススメのカードです。

 

年会費
*JREカード*

JREカードは、発行初年度の年会費が無料です!

2年目以降からは、年会費524円(税込)になります。
無料なら、気軽に申し込みができちゃいますね!

 

*ビュー・スイカカード*

ビュー・スイカカードは、発行初年度から年会費524円(税込)がかかります。

これだけを見ると、JREカードに比べて損ではないか…と感じてしまうかもしれませんが、実は、利用代金の明細書をweb明細にすることで明細書発行のたびに月50ポイントが貯まる仕組みになっているのです。

 

そのため、web明細を12か月利用で600円相当のポイントをゲットすることができるので、年会費を支払っていても損にはなりません。

 

特徴的なサービス
*JREカード*

  • 提携施設で様々な優待サービス割引を受けることができる!
  • 利用スタイルに合わせて、suica・定期券の有無を自由に選択できる!

一つ目の特徴的なサービスは、JREカードの提携施設でカードを提示すると、様々なサービスが受けられることです。

 

一例として、アトレ利用特典をご紹介します。

毎年、アトレの対象店舗でJREカードのクレジット決済利用額が5,000円(税込)以上となった方に期間限定ポイント500ポイントがプレゼントされます。

 

その他にも、ベビーカーの貸し出し、各アトレ内のショップでの割引サービス、飲食店でのドリンクサービスなど、JREカード会員だけの優待サービスがたくさんありますよ。

 

詳しくはこちらでご確認いただけますので、興味のある方はご覧になってみてくださいね!

https://www.atre.co.jp/point/advantage/viewsuica

 

二つ目の特徴は、ビュー・スイカカードにはsuica定期券の機能が自動的に付いてくるのに対して、JREカードはsuica・定期券の有無を自由に選択して作ることができる点です。

 

個人の利用スタイルに合わせて、「suica・定期なし」、「suica付」、「suica定期券付」の3タイプから選択可能です。

すでにsuicaを持っている方、suicaとカードを別々に持ち歩きたい方には、suicaなしが選択できるのは嬉しいですね。

 

ただ、ひとつ注意点があります。
suica機能を内蔵しないカードの場合、クレジットカードの国際ブランドは「VISA」一択になります。

suica付を選択の場合に限り、「VISA」・「JCB」・「MasterCard」の3つの国際ブランドから好きなものを選ぶことができます。

 

*ビュー・スイカカード*

  • 家族カードの発行ができる!

ビュー・スイカカードの特徴は家族カードを作ることができる点です。

家族カードを申し込むことで、カードを発行した会員本人と同様の様々なサービスを受けることができます。(最大9枚まで)

 

家族カードを利用して獲得したポイントは会員本人のポイントと合算できるので、家族みんなでどんどんポイントを貯めることができちゃいます!

 

先ほどのポイント還元のお話で説明した通り、ビュー・スイカカードには『ビュー・サンクスボーナス』というサービスがあるので、家族みんなでの利用によってボーナスステージアップにも期待ができますね。

JREカードとビューカードを簡単比較

まず、2つのカードに共通するサービスを3つをまとめていきます。

★suicaへのオートチャージ機能がついている。

suicaの残額が設定以下の金額になってしまった時でも、改札にタッチするだけで、自動的に設定金額がチャージされる機能。

残額を気にせず、時間がない時でも改札をスムーズに通過できます!

 

★切符や定期券等の購入、オートチャージでポイント3倍!

カードを使用して、乗車券や定期券、特急券、オートチャージなどの代金の支払いを行えば、ポイントが3倍となる。
(通常利用時は税込1,000円につき5ポイントのところ、15ポイント貯まります。)

 

★JRE POINT加盟店でのポイント還元率が1.5%

加盟店でお買い物の際に、カードの提示+クレジット利用により、ポイント還元率が1.5%になります。

 

★貯まったポイントでお買い物やsuicaへのチャージができる。

貯めたポイントは、JRE POINT加盟店で、1ポイント1円として利用することができます。
また、1ポイント1円単位でsuicaへのチャージも可能です。

 

その他にも、

  • suicaのペンギングッズ、鉄道グッズなどの商品と交換
  • 提携カードのポイントへの交換
  • 商品券やクーポン券と交換

など、駅以外の場所でも様々なポイント活用方法があります。

 

では、2つのカードの違いをそれぞれ比較してまとめていきます。

JREカード

  • JRE POINT優待店でのポイント還元率:3.5%
  • 年会費:初年度無料。2年目以降から524円(税込)
  • JRE POINT優待店でカード会員限定の特典・サービスが受けられる。
  • suica機能の有無を自由に選択できる。

ビュー・スイカカード

  • JRE POINT優待店でのポイント還元率:1.5%
  • 年会費:524円(税込)。但し、web明細登録で年600円相当のポイントが貯まる。
  • 『ビュー・サンクスボーナス』サービスがある。
  • 家族カードの発行が可能。

以上、2つのカードの共通点と、違いをそれぞれ比較してまとめてみました。

JREカードとビューカードはどっちがいい?選び方のポイント

最後に、どちらのカードを選ぼうか迷っている方の為に、2つのカードのどちらがよりあなた向きなのか、選び方のポイントをご紹介します。

 

*JREカードが向いている方*

  • JRE POINT優待店でお買い物をする機会が多い。
  • suicaとは別でカードを持ちたい。
  • 家族カードは必要ない。

 

駅だけでなく、アトレなどのJRE POINT優待店である駅ビルの利用が多い方でしたら、ポイント還元率が高く、カード会員限定の特典や優待サービスを色々受けることができる為、断然JREカードがオススメです。

また、すでにsuicaを持っている方にもsuica機能なしのカードを作ることができるJREカードはオススメです。

 

*ビュー・スイカカードが向いている方*

  • 駅ビルでのお買い物の機会が少ない。
  • suica・定期券・クレジットを1枚にまとめて利用したい。
  • 年間のカード利用額が多い。
  • 家族カードを作りたい。

駅の利用はあるが、駅ビルの利用はない方にはビュー・スイカカードがオススメです。

家族カードの発行により、ビュー・サンクスボーナスのステージアップも目指すことが出来ますので、家族でsuica機能の付いたクレジットカードを持ちたい方にはこちらがオススメです。

まとめ

JREカードとビュー・スイカカードの違いについてご紹介してきました。

それぞれのカードに利用者に沿ったサービスがありますので、自分のライフスタイルに合わせた1枚を手に入れることで、毎日の通勤・通学で電車をよりお得に利用することが出来そうですね!

 

個人的には、待ち合わせの時間や電車の待ち時間の間に駅ビルにフラッと立ち寄った際にもお得なサービスを受けることの出来るJREカードの方が魅力的かな~と思いました。

 

オンライン申し込みも可能なので、気になった方は一度公式サイトを覗いてみてはどうでしょうか(*^-^*)

ビューカード公式サイト【https://www.jreast.co.jp/card/】

-生活・暮らし, 違い・比較

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5