代用品 生活・暮らし

簡易マスクの作り方|薬局も推奨の5分で完成・簡単マスク!

緊急時や災害時など、マスクが手に入らない事態が起こったとき、ホッチキス・輪ゴム・キッチンペーパーの3つがあれば、たった5分で簡易マスクを作ることができます!

型紙もソーイングセットも不要、いつでもどこでも誰でもカンタンに作れちゃいます。

薬局でも紹介されている、キッチンペーパーを使った簡易マスクの作り方を詳しくまとめました!

簡易マスクの材料

まずは簡易マスクを作る材料を用意しましょう!
基本的には家にあるもので作れますが、ない場合は100均で買えますよ~。

◆キッチンペーパー

うちにあったキッチンペーパーは「228mm×220mm」で、ほぼ正方形ですね。

プリーツマスクを作りたい場合は、横幅がないと厳しいので、長方形のキッチンペーパーがオススメです!

ちなみにキッチンペーパーの代用として、ティッシュやトイレットペーパー、ウェットティッシュでも試してみました。

ウェットティッシュを乾燥させると、不織布マスクに近い肌触りで、生地もかなり丈夫です。

ただ、ウェットティッシュを乾燥させるのが手間なのと、生地に厚みがあって柔らかいせいか、ホッチキスの針が通りにくいです。

ティッシュやトイレットペーパーは強度がなく、ちょっとした水濡れにも弱いので、キッチンペーパーが一番カンタンに作れます!

◆ゴム(輪ゴム)

今回、マスク作りのために100均で売っている衣類用のソフトゴムを買いました。

輪ゴムでももちろん作れますが、髪に引っ掛かったり、いまいち使い勝手が良くなかったので、衣類用のゴムにしました。

◆ホッチキス

普通サイズのホッチキスです。
100均で買えます。

楽天でこんな商品も売ってました~。
ホッチキスの代わりにこのパーツを使うと、よりカンタン・丈夫なマスクが作れます!
色もバリエーションがあって、ピンクとかかわいいのもありました♪

このパーツを使うと、ホッチキスの針が通りにくいウェットティッシュでも簡易マスクが作れます!

簡易マスクの作り方

プリーツマスクとプリーツなしマスク、どちらも作れます。

プリーツマスクの作り方

近所のドラッグストアに行ったら、マスクの品切れで簡易マスクの作り方を掲載してました。
たしかにカンタンに作れそうです。

……というわけで、作ってみました!

step
1
マスクのプリーツを作る

蛇腹に折って、プリーツを作ります。
こんな感じですね。

step
2
耳にかけるゴムを作る

衣類用のゴムは15cmの長さに切って、丸く結んだものを2つ作ります。
輪ゴムを使う場合は、輪ゴムを2つ用意してください。

step
3
ゴムをつける

端を折って、折った部分にゴムを通して、ホッチキスでしっかり留めます。
1ヶ所だけだと破れやすいので、2ヶ所で留めました。

両方ともゴムを通して、ホッチキスで留めます。

ちなみに正方形のキッチンペーパーで作る場合は、両端を折るとかなり小さくなって、大人がつけるには厳しいサイズです。

正方形のキッチンペーパーを使うときは、↑↑こんな感じで両端は折らずに、ゴムに直接ホッチキスを留めれば大丈夫です。

step
4
プリーツをていねいに開いて完成!

折って作ったプリーツを優しく開けば、簡易プリーツマスクの完成です。

装着イメージはこちらです。
簡易なので、あまりフィット感はなかったですね。

プリーツなしマスクの作り方

個人的にはプリーツなしマスクのほうがフィット感があって、つけ心地が良かったです。

プリーツを作る手間もかからないので、よりカンタンに作れますよ!

step
1
マスクのサイズに折る

プリーツなしマスクは正方形のキッチンペーパーがオススメ。

まずは半分に折ります。

半分に折ったら、両端を顔のサイズに合わせて1cm~1.5cmほど折ります。

step
2
耳にかけるゴムを作る

衣類用のゴムを15cmほどの長さに切って、2本用意します。

輪ゴムを使う場合は4つ用意して、こんな感じ↓↓に結んだものを2つ用意します。

結び方は↓↓こちらです。

片方の輪にもう片方のゴムを通します。

左右を持ち上げて、輪にくぐらせて引っ張れば完成です。

※輪ゴムがないので衣類用のゴムで代用しましたが、作り方は同じです。

step
3
ゴムをつける

端をすこし折って、ホッチキスでしっかり留めます。

輪ゴムを使った場合はこんなイメージです。
ゴムが2重になるので、耳にかけたときにちょっときつくなります。

ポイントは、ホッチキスで留めるときに針をちゃんとゴムに通さないと、装着したときにゴムがはずれてしまうので、ゴムとキッチンペーパーをホッチキスでバチッと留めてくださいね。

step
4
完成!

表↑↑がこんな感じで、裏は↓↓こんな感じです。

縦幅が大きいときは、折って調節してください。

装着イメージはこちらです。
プリーツマスクよりもぴったり顔にフィットします!

その分、キッチンペーパーが密着するので、若干締め付け感があります。
通気性はあるので、呼吸がしにくいということはなかったです。

キッチンペーパーで作る簡易マスクに効果はある?

簡易マスクは咳エチケットに関しては、効果があります!

ただ、市販の使い捨て不織布マスクも同じですが、「ウィルス(花粉)を99%カット!」みたいなうたい文句がない限りは、マスクをしていてもウィルス(花粉)を十分に防ぐことはできません。

それでもないよりはマシですし、一番の効果は自分が咳やくしゃみをしたときの飛沫を防ぐ、咳エチケットに非常に役立ちます。

とはいえ、どちらも結構キッチンペーパー丸出し(笑)なので、外出時につけるのはあまりオススメできませんが、自宅でつける分にはマスクの節約になりますよ~。

キッチンペーパーは400枚で300円くらいですけど、マスクは50枚で安くても400円くらいなので、簡易マスクのコスパは抜群です!

まとめ

簡易マスクは、キッチンペーパー・輪ゴム・ホッチキスがあればカンタンに作れます。

キッチンペーパーを折って、ゴムをホッチキスでつけるだけ!
型紙もソーイングセットもミシンもなんにもいりません。

自宅にいるときや、緊急時や災害時等、マスクが手に入らない状況のとき、簡易マスクの作り方を覚えておくととても役立ちますよ!

簡易マスクは5分もかからず、すごくお手軽に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

-代用品, 生活・暮らし

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5