ファッション 生活・暮らし

ニットの洗濯が苦手なら必見!なるべく洗う頻度を減らすコツ

ニットのお洗濯が苦手な人は多いですよね。
クリーニングに出すのが一番安心で楽ちんですが、お金もかかるし、急ぎのときは自分で洗濯しないといけません。

私も苦手というか、自分で洗濯すると生地が縮んだり傷んだりしそうで、なるべくニットを洗う回数は少なくなるようにしています。
とはいえ自分で洗うとなると、ほかの衣類に比べてニットのお手入れはすこし手間です。

お手入れがちょっと面倒なので、ニットはあまり買わないようにしているのですが、かわいい服やオシャレな服、防寒性もあるので、ついついニット製品に手が伸びてしまいます。

そこで、お気に入りのニット系衣類を長く大切に着るため、お洗濯の頻度を減らす工夫をご紹介します★

着用したニットを洗濯しなくても清潔に保つ方法

ニット類の洗濯頻度を減らすには、着用したあとのこまめなケアが大切です。
以下に洗濯せずに清潔さを保つ方法をいくつかご紹介しますが、すべてやる必要はありません!

もちろんすべてやることで生地の劣化や型崩れを防ぎ、長く着ることができますので、余裕があればできる範囲でやってみてくださいね。

ニットの表面(外側)の汚れを落とす
衣類の表面についたホコリやごみを払い落します。
ニットの上に上着を着ていた場合はそこまで汚れていないので、軽く払えば大体汚れは落ちます。

また、ニット類は毛玉ができるので、ニット用のブラシで優しくブラッシングするのも効果的です。
ホコリや汚れ・毛玉の除去だけでなく、ニットの風合いや毛並みを整え、キレイな状態を保持できますよ♪

ニットの裏面(内側)を乾かす
衣類の内側は汗が付着しているため、そのままにしておくと臭いやカビなどの原因になります。

汗による湿気を取るには、タンスやクローゼットにしまう前に、日光のあたらない風通しのいいところで一晩程度干しておくだけでOK!
さらに干す前に臭い消しとして、アイロンのスチームを当てたり、消臭スプレーを使用するのもオススメですよ♪

ニットは普通のハンガーに干すと生地が伸びてしまうので、なるべく平らにして干すようにしましょう。
平干し用のハンガーがなければ、イスやソファの背もたれに広げてかけておいても問題ありません。

着用後は休ませる
一度着用したニットは、次に着るまですこし日にちをおいて休ませてあげると長持ちします。
ニット類に限らずですが、あまり頻繁に着ると傷みや劣化が早まってしまいます。
同じニットを着るときは2~3日程度休ませてからにしましょう。

何回着用したら洗濯すべき? お洗濯すべき目安

ニットは基本的にインナーの上から着用しますし、水分を吸いにくい素材なので他の衣類と比べて汚れにくいです。
むしろ頻繁に洗濯することによって、伸び・縮み・繊維を傷めるなど、衣類の寿命が短くなる場合があります。

何回着たら洗えばいいのか悩むところですが、ニット類を洗濯する頻度に明確な決まりや基準はありません。
ひとことで言ってしまうと、汚れや臭いが気になったらそのときが洗いどきです!

ニットは寒い季節に着用する人が多いと思いますが、春や秋など日によって気温が高い時期に着る場合もありますよね。
そういうとき、思ったより汗をかくこともありますし、「何回着たら洗濯」と着用回数で区切るより、汚れや臭いが気になったら洗いましょう!

汚れ具合がよくわからない場合は、目安として3~5回程度着用したらお洗濯するタイミングです。
ニットの洗濯はワンシーズンに1回、まとめてやるという人も意外と多いそうですが、何度か着用したニットを洗濯・ケアしないでいると、型崩れや生地の傷みの原因になります。

ニットの汚れをチェックするときは、肌に直接触れる部分(襟周りや袖口など)を見ます。
皮脂汚れで黒(茶)っぽくなっていたり、汗を吸って乾いた状態になると生地の手触りがごわごわするので、そうなっていたらお洗濯するようにしましょう。

まとめ

ニット系衣類の洗濯頻度を減らして、清潔感を長持ちさせるには着用後のこまめなケアが必須です!

着用後の陰干しやブラッシング、臭い消しのスプレーやアイロンスチームなど、すこし手間はかかりますが、どれもそこまで大きな負担になるものではないので、意識して習慣化すればお気に入りのニットを長くキレイに着ることができますよ。

ニットのお洗濯が苦手なら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

-ファッション, 生活・暮らし

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5