ビジネス・マナー

お見舞いに最適なお花・厳選オススメ5品目!花言葉もあわせて紹介

お見舞いの品物は、病状によっては食品類はNGな場合もあるため、いちばん無難なのはやっぱりお花ですよね。

お花はきれいでかわいらしく、見ていて明るい気持ちになれますし、贈る側の気持ちも伝わります。

ただし、お見舞いでお花を贈る場合、マナーがあります。
贈る花によっては、相手の迷惑になってしまったり、非常識だと思われてしまうことも……。

そんな悲しいことにならないために、お見舞いに適したお花を厳選してご紹介します!
あわせて花言葉も載せていますので、ぜひ、お見舞いのお花選びの参考にしてみてくださいね。

お見舞いで贈る定番のお花・厳選5品目を花言葉とあわせて紹介

それでは、早速、お見舞いにオススメのお花を紹介していきますね。

ちなみに、品種改良などで比較的最近になって作られた色(青や紫が多い)の花は、花言葉がない場合もあります。

カーネーション

ふんわり優しい雰囲気で人気のお花です。

カーネーションといえば、やはり母の日に贈るイメージが強いお花ですが、実はお見舞いにもピッタリなんですよ。

カーネーション全体の花言葉は「無垢な深い愛」ですが、花の色によって異なる花言葉もあります。

花の色と対応する花言葉

:母への愛

ピンク:感謝の心

オレンジ:純粋な愛 感動

黄色:軽蔑 嫉妬

:亡き母を偲ぶ

【注意!】
色によってはマイナスのイメージのものもあるので、カーネーションを贈るときは、赤、ピンク、オレンジを選ぶようにしましょう。

ひまわり

お見舞いが夏の時期なら、ひまわりがオススメ!
明るい黄色で、見ているだけで元気がもらえますよね。

ひまわりの花言葉は、「あなたを幸福にする」「あなたは素晴らしい」です。

ひまわりというと、種がいっぱいつく大きな花をイメージする人もいるかもしれませんが、普通の花と変わらないサイズの、小さなひまわりもありますよ!

ガーベラ

ガーベラは色のバリエーションも豊富で人気のお花です!
ガーベラ全体の花言葉は「希望 前向き 前進」ですが、こちらも色によって花言葉が変わります。

花の色と対応する花言葉

:限りない挑戦 常に挑戦

ピンク:崇高美 思いやり

オレンジ:我慢強さ 忍耐

黄色:暖かさ 親しみ

:希望 律儀 純粋

ガーベラはどの色もマイナスの意味合いの花言葉がないため、複数の色を合わせるのもオススメです!

トルコキキョウ

トルコキキョウは小さくて可愛らしいお花です。
花びらも落ちにくく、見た目も可憐でお見舞いにピッタリです!

トルコキキョウの花言葉は「希望」です。

元気になってもらいたいという気持ちで贈るものですから、お見舞いのお花として最適ですよ。

スイートピー

蝶が舞ったような優しい印象のスイートピー。

花言葉は、「門出 別離 優しい思い出 蝶のように飛躍する」などがあります。

「別離」という花言葉がありますが、スイートピーが出回る3月から4月は卒業、入学、入社等のシーズンで、ネガティブな意味ではなく「門出」と同じような前向きな意味で用いられています。

鉢植えはNG、花束は微妙、アレンジメントがオススメな理由

鉢植えや花束は、お見舞いの品として渡す場合、マナー違反となります。

鉢植えは「根がつく」の語呂が「寝付く」と同じ発音なので、病状や退院が長引くと捉えられ、縁起が悪いとされています。

花束は、マナー違反とまではいきませんが、そもそも相手が病院に入院している場合、単純に鉢植えや花束を置く場所がないんです。

花束だと花を花瓶などに移さなければいけませんし、水を換えるのも手間がかかります。
というか、普通は、入院時に花瓶なんて用意してません……。

私も入院したことがあるのですが、病室の中って個室でも多人数部屋でも、意外と物を置く場所がありません
入院時に必要な荷物(着替えやおむつ、私物など)も多いので、鉢植えや花瓶などを置くスペースを確保するのが難しいんです。

さらに、病室は先生や看護師さんも頻繁に出入りします。
鉢植えや花瓶があると邪魔になったり、万が一、落として割ってしまったら、贈った相手にも病院にも迷惑をかけてしまいます。

その点、アレンジメントなら、吸水スポンジに切花を挿してある状態なので、そのまま飾ることができますし、スポンジが常に湿っているように水を足せばいいだけなので、お手入れも簡単です!

お見舞いする側はお花を渡したらそれでおしまいですが、受け取った相手はそうではないので、保管やお手入れに手間がかかるものより、負担にならないアレンジメントがオススメですよ♪

マナー違反になるお花と理由

ここからは、お見舞いで贈るには適していない、マナー違反となるお花とその理由を解説していきます。

【×首から落ちる花】
椿やチューリップなど、花がぽろっと首から落ちるものは、見ていてあまりいい気分はしないですし、縁起が悪いとしてお見舞いには適していません。

【×語呂が悪い花】
シクラメンが代表的です。
「シ」「ク」といった、縁起の悪い言葉が並んでおり、いやなイメージを与えてしまう可能性がありますので、避けた方が無難です。

【×真っ白な花】
白い菊など、お葬式を連想させるようなお花は縁起が悪く、やはりいやなイメージや不快感を与えてしまうことがあります。

【×真っ赤な花】
真っ赤なバラなど、色素が強い色の花は、血液をイメージするため、真っ赤なお花も縁起が悪いとされます。

白や赤のお花は、ほかの色のお花と組み合わせるなら問題ありません。
ただし、菊などの喪を連想する花は避けたほうが無難です。

また、色や花言葉にかかわらず、香りが強い花や花粉が多い花などは、周囲の迷惑になる場合がありますので、なるべく控えましょう。

まとめ

お見舞いのお花は、カーネーションやガーベラ、ひまわり、トルコキキョウ、スイートピーなど、色味が濃すぎないふんわり明るい色のものがオススメです。

お花を贈り物にするときは、花言葉も重要です。
お花そのものがとてもきれいだったとしても、もし花言葉の意味が不吉なものだったり、悪い意味だったら、お花を贈った相手がそれを知ったときに気分を害してしまう可能性もあります。

花言葉は普段そんなに意識するものではないですが、良くないものより良いもののほうが、お見舞いの気持ちがこもっていることが伝わりますよ。

また、鉢植えや花束はお見舞いにはマナー違反です。
お手入れが簡単で負担にならないアレンジメントがオススメです♪

私も入院していたときは、一人でベッドで寝ているだけだったので、気分が落ち込み気味だったんです。そんなとき、友達がお見舞いに持ってきてくれた色とりどりの明るいお花に、かなり元気づけられましたよ~!

今回紹介したお花のいくつかは、実際に入院中に私がもらって嬉しかったお花でもあります。お花選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

-ビジネス・マナー

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5