生活・暮らし

低収入の主婦が実践!スマホ代を安くするマル秘節約術を公開

スマホの月額費の平均は、大体7,000円といわれています。
スマホ代が毎月の支出を圧迫してる……という方も多いのではないでしょうか?

私の友人(主婦)も以前から「スマホ代が毎月8,000円くらいかかってる。スマホは手放せないけど、もっと安くならないかなぁ」なんてぼやいてました。
この友人、パートで毎月5~6万円ほどの収入があるそうなのですが、子どもも2人いるので旦那さんのお給料も含めて、今の収入ではやりくりが厳しいんだとか。

子どもたちもスマホを欲しがる年齢になってきたので、なんとかスマホ代を節約したいといろいろ試した結果、「通信料や通話料が劇的に減った!」と嬉々として報告してくれたので、彼女が試した節約方法をまとめてみました♪

格安スマホへの乗り換えでどれくらい安くなる?

スマホ代を安くしようと考えたとき、まず思いつくのは格安スマホへの乗り換えです。
格安スマホの月額費は、大手キャリア(au・ソフトバンク・ドコモなど)の月額費の半額程度になります。

携帯のサービスといえば、au・ソフトバンク・ドコモのイメージが強いので、それ以外を利用したことがない場合、「格安スマホって怪しくないの?」と不安になるかもしれませんね。
そこは心配しなくても大丈夫です。
現在、格安スマホには別業種の大手企業を含めて、多くの企業が市場参入しており、かなり選択の幅が広がっているんですよ★

格安スマホサービスの一例


LINEモバイル
IIJmio
mineo
楽天モバイル
イオンモバイル

既存キャリアのプランに比べて通信上限はあるものの、格段に料金が安く、平均1/2~1/3程度まで月額料金を抑えることも可能です。
ちなみに私も格安スマホ(IIJmio)を使っていますが、通話なしのデータ通信のみのプランで毎月1,500円です。

プランの見直しは必須! ムダなオプションは解除

格安スマホへの乗り換えが難しい場合や、大手キャリアのスマホを使い続けたい場合は、加入プランは常に見直しましょう。

デバイスの質ではどこも大きな変わりがない分、サービスやプランで勝負する時代になっており、常時、TVCMやインターネット広告で新プランの宣伝をしています。
当時は最安値のプランに加入していても、時間経過とともさらに安いプランが登場している可能性があります。

ちょっと面倒なプランの見直しですが、契約したときと利用状況が変わっていくことはよくあります。
また、気づかないうちにオプションプランに入っていたりすることもあるので、定期的にプランの見直しをすることをオススメします。
また、プランを変更する場合はできるだけ月内におこない、既存プランの翌月分の料金が発生しないように心がけましょう!

通話料はLINE通話やSkype(スカイプ)を利用して節約

通話料やデータ通信料はスマホ代が高くなる一番の原因です。
プランにもよりますが、基本的には使えば使うほど高くなります。

通話料を節約するには、無料通話が可能なアプリを活用しましょう!
ただし、通話相手も同じアプリを利用していないと通話できないので、利用者が多いアプリをご紹介します。

LINE
Skype
Viber Out

こういったIP方式(050以外)アプリの場合は、電話回線に比べて質は劣りますが、技術革新でストレスなく通話できる程度まで発達しています。
とはいえ、エリアによっては回線が不安定になる場合もあります。

続いて、IP電話(050番号)方式アプリの場合は、国が割り当てた番号なので質と安心があります。
ただ、アプリによっては少額の月額料金が発生する場合もあるので、利用する場合はしっかり確認するようにしてくださいね。

SMARTalk
LaLa Call(月額100円:税抜)
050 plus(月額330円:税込)

SMARTalkは楽天、LaLa Callはmineo、050 plusはNTTが提供するサービスです。
他社スマホだから使えないということはありませんが、契約しているプランによってはかえって割高になる場合もあるので、どちらが安いかをきちんと比較してから利用するようにしましょう!

最後に、以下の050以外のIP電話方式アプリの場合は、安心できる運営会社ではあるものの、通話品質やエリアにより回線が不安定となることがあります。
いずれも特色のあるサービスとなってますよ。

Messenger
カカオトーク
Viber

上記でご紹介しているアプリは、どれもアプリ間通話が無料です。
ただ、通話料は無料でもデータ通信料が発生します。
それでも通常の通話より断然安いですし、Wi-Fi環境でのネット接続ならもちろんデータ通信料も無料です★

私も通話はLINE通話で済ませることが多いです。
相手の登録状況などを事前に確認して、賢く使いこなしましょう!

データ通信料はお店や施設の無料Wi-Fiを利用して節約

自宅でパソコンを使用していて、そのネット回線でWi-Fiが利用できる場合は、自宅にいるうちはできるだけWi-Fiを利用することで、データ通信料を節約できます。

自宅にWi-Fi環境がない場合は、最近は街中のいたるところ……たとえば、コンビニエンスストアやショッピングモール、飲食店、電車(駅構内含む)や各公共施設など、誰でも利用できるフリーのWi-Fiスポットが普及してきています。

すこし速度が遅いものもありますが、掲示してあるパスワードの入力や簡単な登録で、Wi-Fiが無料で利用できますよ。
動画やアプリのダウンロード、ゲームアプリのアップデートなど通信料が大きいものはWi-Fiスポットを利用することで、かなり節約できます!

自分の行動範囲でWi-Fiスポットがどこにあるかをチェックして、急ぎのとき以外はなるべくWi-Fiを利用することを意識してみてください。

ちなみに私のオススメWi-Fiフリースポットは、パチンコ屋さんです。
お店によっては、椅子やテーブル、テレビ、マッサージチェアなどを設置した休憩スペースが設けられているところもありますので、意外と快適に動画を見たりして過ごすことができちゃいます。
特に郊外の大きめのパチンコ屋さんは、広々した過ごしやすい休憩スペースを設けていることが多いです。

まとめ

一番手っ取り早い節約方法は、格安スマホに乗り換えることです。
といっても、今のスマホの契約状況など、乗り換えが難しい場合もあると思います。

そんなときは、契約プランの見直し、通話料・通信料を無料通話アプリやフリーWi-Fiスポットの利用で、大幅に節約することができます。
特にLINEはスマホユーザーの大半は利用しているサービスなので、家族や友人間でLINE通話を利用するのは難しくありません。
私も家族との連絡は、ほぼLINE通話で済ませてます。

Wi-Fiスポットへ足を運んだり、すこし面倒かもしれませんが、これらの節約術を実行した主婦の友人は、毎月8,000円かかっていたスマホ代が5,000円になったと喜んでました。
スマホ代を節約したいなら、ぜひお試しください!

-生活・暮らし

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5