生活・暮らし

スーツにタイツ=何色がマスト?知っておきたいシーン別の使い分け

スーツを着る時って、タイツは何色をはくべきなんでしょうか?

肌色や黒だったらビジネスシーンで着用しても良い気がしますよね。
でもマナー違反になっては大変なので、改めてタイツのマナーを知っておくのがベストですよ。

ということで今回は、スーツ着用時にふさわしいタイツの色を紹介します。

スーツ着用時にタイツはOK? 場合によってはマナー違反に!

スーツ着用時でも社内で働く事務職などの場合は、基本的にタイツをはいても大丈夫です。

 

ただし取引先や顧客と会う場合、受付業務をしている場合や、営業職に就いている場合など、社外の人と会うのでしたら、タイツをはくのはマナー違反になってしまいます。

 

でも素足というのもマナー違反になるので、必ずストッキングを着用してくださいね。

意外と知られていませんが、タイツとストッキングって違うものなんですよ。

 

タイツよりも糸が細く、薄手のもがストッキングと呼ばれます。

タイツやストッキングって、デニールという数値によって区別されており、30デニール以下だとストッキングと呼ばれるようになります。

つまり30デニール以下のストッキングであれば、社外の人と会う時などのビジネスシーンでも着用して良いんですね。

 

ちなみに、女子就活生などが面接ではくのも、タイツではなくストッキングですよ。

もちろんビジネスシーンに限らず冠婚葬祭など、フォーマルな席で着用するのもストッキングなのでぜひ覚えておきましょう。

 

ただ、ストッキングってタイツと比べて薄手だから伝線しやすいんですよね。

筆者もはいていたストッキングが伝線してしまって、替えを持っていなかったので慌ててコンビニまで言った記憶があります…。

女性は社会人になったらストッキングをはく機会が増えるので、いつ電線してしまっても良いように、替えのストッキングを常に持っておくことをおすすめします。

「黒」のタイツ・ストッキングは基本的にはNG

ビジネスシーンやフォーマルシーンでは、基本的にストッキングは肌色を着用するようにしましょう。

ただし葬儀などお悔やみの席だけは黒のストッキングを着用してもOK!

 

それ以外は基本的に肌色でないとマナー違反になってしまいます。

というのも、やっぱり黒のストッキングってお悔やみの場を連想させるため、ビジネスシーンや祝いの席では不適切といわれているんです。

 

もちろん私服で勤務OKだったり、社外の人と会わない事務職などでしたら、黒のタイツやストッキングをはいても大丈夫でしょう。

ただしいくら私服で勤務する場合であっても、派手な柄や色のタイツ、ストッキングは避けた方がいいですね。

 

やっぱりビジネスの場なので、カジュアルすぎてしまうのは避けたいところ。

基本的にはお葬式や法事など意外では、黒いストッキングは着用しないようにして、ビジネススーツではくのは肌色ストッキングだけと思っておきましょう。

まとめ

スーツを着用するならタイツではなく肌色ストッキングがベストですよ!

タイツだとカジュアルになってしまうし、黒だとお悔やみの場を連想させてしまうので、ビジネスシーンやお祝いの席では肌色ストッキングをはくのが常識。

また、ストッキングはとにかく伝線しやすいので、必ず替えのストッキングを持っておくのがおすすめですね。

-生活・暮らし

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5