お掃除テク

トイレ掃除の裏ワザ! 擦っても落ちない黄ばみをキレイにする方法

トイレの頑固な黄ばみ汚れって、すごく嫌になりませんか?

汚いし、落ちないし、掃除するのもイライラしてきちゃいます……。

いい加減トイレの黄ばみをキレイにしたい!! と思い立ち、汚れをスッキリ落とす掃除方法を調べました!

試してみたら、ピカピカ便器に生まれ変わったので、トイレの黄ばみ汚れにお悩みなら、掃除方法をまとめたのでぜひお試しください~!

トイレの黄ばみを落とすのに適したオススメ洗剤3選

黄ばみの原因は「尿石」です。
尿石というのは、人の尿に含まれているタンパク質が、トイレの底や淵にくっついて固まってしまったものです。

尿石が便器に付いたまま放置していると、硬くなって頑固な汚れになってしまいます。
固まってしまった汚れは、なかなか落とせません。
むりやり落とそうとすると、トイレを傷つけてしまったり、故障してしまうことがあるので注意が必要です。
そのため、洗剤などを活用して掃除しましょう。

尿石が固まった汚れは、アルカリ性です。
なので、トイレの黄ばみには酸性の洗剤洗剤を使うと中和作用で汚れが落ちやすくなります。

オススメの洗剤はこちら!

【サンポール】
サンポールは、酸のチカラとマイナスイオンの相乗効果によって汚れを分解します。
容器の形も特徴的で、便器のフチ裏にも液が届きやすい形になっているので、ブラシが届かない場所でも洗剤をつけることができます。
さらに臭いや汚れの原因となる菌を99.99%除菌してくれます。

 

【ジョンソン スクラビングバブル】
便器のフチ裏にかけて、2~3分おいて流すだけ。
粘度の高いジェルタイプの洗剤です。

徐々に便器全体へと行きわたるので、ブラシでこするらなくても汚れにしっかり密着して分解、除去してくれます。

さらに99.99%除菌で清潔キープ。
トイレブラシを置きたくないという人や、掃除が面倒だと思う人にオススメです。

 

【お酢と重曹】
トイレの黄ばみは酸性なので、お酢と重曹で、洗剤なしでもお掃除できます。
洗剤よりは少し洗浄力が劣りますが、軽い黄ばみなら、十分落とせますよ。
環境にも優しいのでオススメです。

トイレ掃除のカンタン手順

1. 便器内の水を抜く。
水を抜いた方が効率よく掃除できます。

2.重曹をかけます。
黄ばみ部分に粉状の重曹をたっぷりふりかけます。

3. 薄めたお酢をかける。
水:お酢=2:1になるようにお酢を薄めます。
スプレーボトルに入れて、重曹の上から吹き付けます。
お酢と重曹の化学反応によって二酸化炭素が発生して、泡がでます。
この泡が汚れを落としてくれるんです!

4. 1~2時間くらい置いておきます。

5. トイレブラシを使って、便器を磨きます。

6. 最後に、元栓を開けて水で汚れを流します。

 

お酢の代わりに、クエン酸を使うこともできますよ!
クエン酸水を作るときは、水:クエン酸=100ml:小さじ2が目安です。
お酢は臭いがきついですが、クエン酸なら臭いがないのでオススメです。
クエン酸はスーパーや100円ショップでも購入できます。

どうしても洗剤やブラシで落ちないときに試す裏ワザ掃除方法

黄ばみの上にトイレットペーパーを何枚か重ねて覆います。
トイレットペーパーの上から、クエン酸水(水100mlに対してクエン酸小さじ1杯)をひたひたになるようスプレーで吹き付けます。
そのまま30分程度放置します。

 

30分後トイレットペーパーをはずし、お掃除シートで尿石を拭き取ります。
クエン酸を吹き付けた後に、上から食品用ラップで覆って乾燥しないようにするとさらに効果的です!

 

この方法で汚れにパックすると、クエン酸の成分が流れ落ちず尿石にしっかりと馴染むので、軽く拭くだけで簡単に尿石が除去できます!

まとめ

ただでさえトイレ掃除って気が重いのに、トイレにこびりついてしまった頑固な黄ばみ汚れを見ると、うんざりしちゃいますよね。

いつもどおりの掃除方法で汚れが落ちないときは、使っているトイレ洗剤が黄ばみ汚れに適していない場合があるので、汚れに適した洗剤に変えたり、クエン酸を染み込ませたトイレットペーパーで汚れをパックするなどの一工夫をすると、スッキリキレイに黄ばみ汚れが落ちます!

トイレの黄ばみ汚れ落としに、ぜひお試しください~♪

-お掃除テク

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5