お掃除テク

毎日トイレを掃除しても臭いのはなぜ? においの意外な原因はコレ

ちゃんと掃除しているのに、公衆トイレのようなアンモニア臭が取れない……。
トイレに入るたびに嫌な気持ちになっちゃいますよね。

毎日欠かさず掃除をしているのに、臭いが取れない場合は、意外なところに臭いの元が残っていることがあります!

取れない臭いの原因と対策をご紹介しますので、トイレの臭いにお悩みなら、ぜひ参考にしてください★

便器や床に隠れた尿の汚れが残っていることが臭いの原因

もちろん、お掃除はきちんとしていると思います。

なので、すごく言いにくいのですが……トイレが臭いということは、臭いの原因、つまり、排泄物がトイレのどこかに残っているということになります。

アンモニア臭が発生するのは、ほとんどが尿のしぶきが飛び散ったものがトイレ内に残っていることが原因です。

男性は立って用を足すため、目で確認できないほんのわずかなしぶきが床や壁を汚してしまったり、尿が便器の隙間に入ってそのままこびりついてしまうんです。

トイレブラシが届かない場所まで汚れていることもあるので、すみずみまで便器をチェックして掃除する必要があります。

しぶきは霧状になっているため、壁や床についてしまっても気付くのは難しいです。
一見キレイに見えても、しぶき汚れがついている可能性があるので、壁や床もしっかり掃除しましょう。

しぶき汚れを放置したまま時間が経過すると、その汚れが臭いの原因になり、アンモニア臭がトイレ中に充満してしまうんです。

見落としがちな臭いの発生元チェック&掃除方法

女性の一人暮らしなどで、男性がトイレを使わないのに臭いがする場合は、意外なところに臭いの原因があるかもしれません。

臭いの発生源はトイレの至るところにあります。
見落としがちな場所をピックアップしてみたので、しっかりチェックしてお掃除を心がけましょう!

臭いの発生源チェック

  • 天井や換気扇
  • 床と便器の接合部分
  • ウォシュレットと便器の間
  • リム裏(便座の土台)
  • 付属品(マット、スリッパなど)

床と便器の接合部分や、便器と便座の間は特に見落としがちです。
トイレ用の流せる除菌シートなどで、丁寧に拭き取ります。

便器と便座の間は、便座を取り外さないと汚れが見えない場合があります。
便座の取り外し方法は、便器の種類によって異なりますので、使用している便器のメーカーサイトなどで確認してくださいね。

また、便器を掃除したあとのブラシは、水を切るときに周囲に飛び散らないように注意が必要です!

トイレ掃除の基本的なやり方は、こちらの記事でも詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。
意外と知らない! 基本的なトイレ掃除の仕方をカンタン解説

上記の臭いの発生源をすべて掃除しても、どうしても臭いが消えない場合は、最終手段として業者に依頼をするという方法もあります。

でも業者に頼むとお金がかかってしまうので、その前にトイレ用の消臭剤を試すのも一つの手です。
芳香剤ではなく消臭剤ですよ。

消臭剤でオススメしたいのが、トイレメーカー・TOTOのアンモニア抑制技術を採用した業務用消臭剤です。

トイレの消臭・防臭剤(シーバイエス社)

もともとはTOTOでもトイレ用消臭スプレーを販売していたのですが、現在は販売終了しており、同じ技術で作られた消臭剤がこちらになります。

臭いの発生源を特定できないなら、臭いそのものを消しちゃいましょう!

うちではシーバイエス社のトイレ用洗剤も使ってますが、これもめちゃくちゃ効果ありました。
どのトイレ用洗剤を使っても、ずっと落ちなかった黒ずみもスッキリキレイになったので、落ちない汚れでお悩みでしたら、ぜひ試してみてほしいです!

まとめ

臭いの原因は、必ずトイレのどこかにあります。

便器・床・壁など、目に見えない部分までしっかりチェックして掃除をしてみてください。
それでもダメなら業務用のトイレ消臭剤を試してみましょう!

また、湿気がたまるとカビの原因にもなるので、窓を開ける・換気扇を回すなど、トイレ内から湿気を逃がすことも大切です。

臭いの発生源がキレイになれば、いやな臭いもなくなって、トイレが落ち着いて入っていられる心地良い空間になりますよ♪

-お掃除テク

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5