子育て

トイレトレーニング開始!保育園に入る前に上手に済ませる3つのコツ

更新日:

入園前に始めるトイレトレーニングの進め方

トイレトレーングを考えたとき、一番迷うのが「いつ始めるのか?」ですよね。
トレーニングを始める時期は、子供の性別によっても少し変わってきます。

男の子のトレーニング

トイレトレーニングの開始時期で最も多いのが2歳代です。
早い子は1歳、遅い人では3歳後半から始める人もいるようです。
開始時期を決めるポイントは、月齢ではなく、子供の心や体の準備が出来ているかどうか

子供によってそれぞれなので、よく観察して見極めてあげましょう。
ポイントはこちらです。

・トイレまで自分で歩いて行ける
・「だっこ」「イヤ」「おしっこ」など言葉で意思の疎通ができる
・ おしっこの間隔が2時間以上あく

これらがの条件が揃ったら、トイレトレーニングを開始することができますよ。

男の子ならではのサインとして
・おしっこが溜まってきたら、下半身を触るようになる。
・我慢するとき、股をぎゅっと閉じたり、足をもじもじさせたりする。

この仕草は、お子さんが「おしっこがしたい」と感じている証拠です!

男の子の場合、公共の施設では、立ってする形式のトイレも多いです。
立ちながらと座りながらどちらでもおしっこができるようになることが必要です。

最初は補助便座やおまるを使って「座ってする」ことから練習しましょう。
その後に「立ってする」ことを覚えさせましょう。

「おまるを使ったトレーニング」
おまるは床に足が届くので、小さなお子さんでも安定した姿勢でおしっこやうんちができます!
使用後は毎回洗うことが必要なので、お母さんにとっては手間になりますね

「補助便座の特徴」
補助便座を使うと、トイレで「おしっこやうんちをし、紙で拭いて、水を流す、手を洗う」という一連の動作を覚えることができます。
おしっこやうんちをそのままトイレで流せるので、掃除の手間が少なく楽ちんです。

男の子におすすめのトイレトレーニングの進め方

1.「おしっこ」「うんち」そして「トイレ」のことを知ってもらう。
小さいうちは、「おしっこ」や「うんち」という言葉の意味がわかっていない子供もいます。

まずは、オムツに色がついたとき、お風呂でおしっこが出てしまったときなどに「おしっこ出たね」など声をかけてあげると自分がおしっこをしたことがわかるようになります。

また、皆が「おしっこ」「うんち」をすることと、その場所がトイレだということを教えてあげましょう。
絵本やDVDなどの教材を使うのもオススメです!

2.1日何度かトイレに誘ってみましょう!
「起きたとき」「食事の前後」「お出かけの前後」「お風呂前」「寝る前」などのタイミングでトイレに誘ってみるのがオススメです。
無理強いをして機嫌を損ねないように気をつけましょう。

もし、偶然でもおしっこが出きたら、大げさにほめてあげてください。
ほめられるととてもやる気を出してくれますよ!

3.トレーニングパンツか普通のパンツを履かせてみる。
トイレでのおしっこやうんちが、2回に1回くらい成功するようになったら、パンツを履かせてみましょう。
最初は失敗してしまうと思いますが、「失敗するとパンツが汚れて気持ち悪い」ということを知ってもらうことも必要です!

4.自分から「おしっこ」や「うんち」が言えるようになる。
パンツを履けるようになってくると、「自分がおしっこした」ことや、「そろそろおしっこがしたくなってきた」ことがわかってくるようになります。
そして、濡れたパンツを「気持ち悪い」と感じるようになります。

そうすると、今度はトイレでおしっこしよう」という気持ちが生まれるので、トイレトレーニングは成功まであと少しです。
これも失敗を繰り返すことで少しずつ自分からトイレに行けるようになるでしょう。

5.「立っておしっこ」は見本を見せてあげる。
座っておしっこができるようになってきたら、パパやお兄ちゃん、お友だちなどが立っておしっこしているところを見せてもらいましょう。
身近な人ができている(特に友達)と、「自分も!」という気持ちがわき、一気にトイレトレーニングが進むことがあります。

女の子のトイレトレーニングのはじめ方

女の子のトイレトレーニングを始める時期は、最も多いのが2歳から2歳6ヵ月です。
トイレトレーニングをはじめられる目安は男の子と同じです。

女の子は可愛いものが好きな子が多いです。
キラキラしたものや、好きなキャラクターのマットやトイレカバーなどを付けて、トイレを「明るくて可愛い」雰囲気にしてみると、行きやすくなりますよ!

女の子向けのトイレトレーニングの方法

1.トイレに興味をもつ
男の子のトレーニングで説明したのと同じで、まずはおしっこ」や「うんち」、「トイレという場所」について、知ってもらうことからはじめましょう!
絵本などの教材を使って、トイレの使い方などを、明るいイメージで伝えましょう。

また、女の子はごっこ遊びが大好きなので、ままごとの中に「トイレに行く場面」を取り入れるのも効果的ですよ。

2.トイレに座ってみる、おしっこをする
子供がトイレに興味をもつようになったら、一緒にトイレに入ってあげてください。
補助便座やおまるが子供のものであることを伝えて、やんわりと座ることを促します。
※無理に座らせると、トイレに嫌な印象を持ってしまい、トイレに行きたがらなくなるので注意です。

便座に座ることができたら、「おしっこ出るかな?」と声かけをしてみましょう。
おしっこが出たら、大げさなくらいにほめてあげてください!

3.自分で「おしっこ」と言えるようになったら可愛いパンツをプレゼント
トイレでおしっこができたら、たくさんほめてあげましょう。
そのうち自分から「おしっこ」が言えるようになってきます。

そのときは、可愛いパンツをご褒美としてプレゼントし、「汚れたらキャラクターが可哀そうだよ~」と優しく伝えることも効果的です。

4.「うんち」やお出かけ、お昼寝やおやすみにもトライ
自分からおしっこができる回数が増えてきたら、次はうんちに挑戦です。
うんちができるようになるには、「便意がわかる」ことと「トイレまでうんちをがまんする」ことが必要で、3歳か4歳を過ぎた頃から、だんだんと「うんち」と言えるようになってきます。

おもらしするのが心配なら、布団の上に防水シートなどを敷いておくと安心です。
夜のおしっこは、昼間のトイレとは違って、長時間おしっこを溜めておけるように身体が成長することが必要です。

● 膀胱が朝までのおしっこを溜められだけの大きさに成長する
● 夜のおしっこの量を少なくするホルモンが分泌しはじめる

こういった条件が整うと、自然と朝までおしっこがしなくてもすむようになってきます。
おねしょが続くうちは無理をせず、夜だけオムツを使用してもいいでしょう。
朝一番でオムツが濡れていない日が続いたら、夜もパンツに移行して大丈夫です。

まわりの子どもたちがおむつを卒業すると、焦ってしまうと思います。
でも、子どもによっておむつが取れる時期は個人差がありますし、トイトレは焦ると失敗しがちです。
そのうちできるようになると信じて、ゆったりとした気持ちで取り組んでみましょう!

トイトレの必須アイテム! 子供が喜ぶキャラクターものトイレグッズ

●絵本「トイレできるかな?」

知育絵本です。
スイッチを押すと、トイレの水を流す音やトイレの音、音楽が流れます。
絵本としても楽しみながら、トイレについて学べます。

まずはトイレを身近に感じられるように、絵本を読んであげると、トイレへの恐怖心もなくなりますよ。
スイッチやボタンが大好きな子供は興味を持ちやすく、楽しんで学べます。

●トレパンマン

おむつの10倍、濡れた感覚を実感することがでるトレーニング用のおむつです。
おしっこが出たことを認識しやすいので、子供自身で気づきママに伝えやすくなっています。

もし、失敗してしまっても、2回分のおしっこを吸収することができるのでママも安心です。
通常のおむつより、デザインもお姉さん、お兄さん向けなので、子供が率先して履いてくれます!

●コンビ・ベビーレーベル補助便座

取っ手の付いた補助便座です。
おしりを安定させることができ、力みやすい形になっています。

便座のサイズを調整することもできます。
大きなトイレに座って落ちてしまう心配もありません。

取っ手が付いているので、ぎゅっと握って力むことができ、安定して座れます。
おまると違い、毎回掃除をする必要もなくお母さんも助かりますよ!

●トミカごほうびシール手帳セット

ごほうび手帳付きのシールセットです。
きらきら光るホログラムシールが貼れるゴールまで、10枚、15枚、20枚とじょじょにステップアップする仕様になっているので、子供のやる気をアップさせてくれます。

成功するたびにシールを貼ることができるので、トイレに置いておくだけで子供が喜んでやる気を出してくれます。
シールはトミカ以外にもディズニーやアンパンマンなど、種類も色々なので、お子さんが好きなキャラクターを選んであげてください!

保育園ではどんなトイトレをしてる? 園によって方針はさまざま

保育園にトイレトレーニングをお願いしたい場合は、一度園の先生に相談してみましょう。

園によって方針は様々です。
トイトレをおこなっていない保育園も多いですし、「1歳からおまるに座らせる練習を始める」園や、「2歳児クラスからパンツを履かせる」など、方針が異なります。

子供が通っている保育園の先生と状況を連絡しあって、スムーズにトレーニングが進められるように家庭と保育園で連携することが大切です!

失敗してしまっても、焦ったり怒ったりせず、子供の成長を楽しみながら一緒に取り組んでくださいね。

-子育て

Copyright© 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.