ビジネス・マナー 生活・暮らし

登録販売者の勉強は独学でできる!合格が近づく効果的な勉強法

登録販売者は、合格率が40%と国家資格の中でも比較的、独学で取得しやすい資格です。

 

ドラッグストアなど医薬品を販売するにあたり推奨される資格で、薬剤師とは違い、お薬の調合等はおこなわないため、独学で取得することも可能です!

 

登録販売者の試験に独学で合格するための勉強のコツは、暗記と復習、過去問の繰り返し、ただそれだけですが、なかなか簡単じゃないですよね。

 

登録販売者の勉強を独学でやるときに、効率よく・効果的に学習するための絶対に実践すべきポイントをまとめました!

基本は暗記!オススメの勉強方法と準備期間

勉強法としては、とにかく暗記です。

暗記が苦手という人も多いと思いますが、暗記のコツは「繰り返し」です。
一気に覚えようとするのではなく、何度も何度も復習を繰り返して覚えていきます。

 

特に声に出して音声で認識することは効果的です!

また、登録販売者は、一般的なドラッグストアなどでお薬の販売を目的とした資格ですので、市販の薬に勉強のヒントがあります!

むしろ市販薬が答えそのものといってもいいのではないかと思います。
登録販売者の参考書を読んでつまづくところが出てきたら、市販薬の裏の成分表を見てください。

 

たとえば「アスピリン」とは何か……というような問題があるとしたら、市販薬には何か使われているか思い出してみましょう。
意外と商品名は暗記しやすいのでオススメです。

そして、暗記ができてきたら徹底的に過去問題集を解きまくる!

登録販売者の資格を取るには、暗記と過去問題集を徹底的にやって、頭に叩き込んでいくのが攻略のカギです。
この2つを重点的に学習すれば、独学で十分合格ラインに届きます!

 

また、受験までの準備期間ですが、登録販売者の試験日は年に1回(実施日は都道府県によって異なります)のため、試験に挑むまで1年間は時間があります。

 

準備期間については、1日にどれくらい勉強の時間がとれるか、どれくらい集中して勉強できるかによるので明確に答えるのは難しいですが、一番重要なのはどんなに短くても毎日勉強の時間を取ることです!

 

何度もお伝えしていますが、暗記がメインになるので、覚えるためには毎日の繰り返しがとても重要です。

 

勉強した日から時間がたつほど、どんどん覚えたことを忘れていきます。
忘れないうちに復習を繰り返すことで、掛け算の九九のようにしっかり覚えることができます。

 

なので、1週間に1回まとめて8時間勉強するより、毎日1日1時間勉強したほうが覚えが早いですよ。
どれだけ日を開けずに勉強の時間が取れるかを考えて、受験日までの予定を組むのがオススメです。

独学で勉強するために必要な参考書やテキストはコレ

登録販売者の試験では、医薬品用語や人体の名称などが多数出てきます。

多くの医薬品の名前は英語で、たとえば目薬などに入っているピント調整の働きを良くしてくれる「イプシロンアミノカプロン酸」など、長々とした覚えにくい名前ばかりです。

 

さらに「~フェン」「~ピリン」とか似たような名前も多いですよね。

こういった覚えにくい用語が多いので、独学での勉強は難しいと思われがちですが、ポイントを押さえた参考書を用意することで、独学での勉強がスムーズにできます。

 

参考書を選ぶポイントは、図解などでわかりやすく解説されているもの、章の終わりに小テストなどで振り返りができる参考書がオススメです。

また、参考書のほかに過去3年分は収録されている過去問題集も絶対に必須です!

 

私も購入したオススメの参考書はこちらです。
どれを選べばいいか迷ったときに参考にしてみてください~。

 

また、ドラッグストアで働いている場合、お店独自の資格取得のための参考書やテキストを用意している場合もあります。

もしすでにドラッグストアで働いているなら、登録販売者の資格を取りたいことや、独自の参考書などがないか聞いてみるのも一つの手ですよ!

まとめ

資格の取得を考えているなら、これから転職を検討している人、仕事を探している人、スキルアップを目指している人など、さまざまな理由があると思います。

登録販売者は就職にも業務にも非常に実用的で、ポイントを押さえてしっかりと学習すれば、独学での取得も決して難しくありません!

 

薬剤師とは扱えるお薬の種類が違いますが、薬剤師が不在であっても、登録販売者なら一部のお薬を販売することができます(※2年以上の実務経験が必要)

そのため、ドラッグストアだけでなく、お薬を販売しているお店(特に24時間営業など、薬剤師を常駐させるのが難しい大型スーパーや一部コンビニなど)でも、登録販売者は重宝されます。

 

とはいえ、2年以上の実務経験者でないと、採用の優遇とまではいかないのが現実ですが、年齢や性別関係なく、就職につながりやすい資格なのは間違いありません!

 

合格するための効果的な勉強法は、地味ですがコツコツ暗記すること!

実際に販売されている医薬品名とリンクして暗記することで覚えやすくなり、過去問題をやり込むことで独学の勉強でも十分に合格できる資格です。

 

もちろん勉強は毎日しっかり時間を取ってやる必要があり、学生時代のテストのように一夜漬けで合格できる簡単な資格ではありませんので、合格を目指してコツコツやり込んでいきましょう!

-ビジネス・マナー, 生活・暮らし

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5