ファッション

UKをcmに換算した靴サイズ一覧表|購入時はココに注意!

靴を買うときにサイズ表記が「UK」になっていると、何cmなのかわかりにくくて、すぐに買えないことってありますよね。

海外製の靴はサイズの表記が日本と異なるため、「cm」表記ではない場合が多いので、海外製の靴を買い慣れていないと戸惑うことが多いと思います。

サイズを間違うことなく購入するために、欲しい靴が「UK」表記になっていた場合、「cm」に換算したサイズを解説します!

一目瞭然! UKをcmに換算したサイズ一覧表

そもそも「UK」や「US」とは何ぞやという点ですが、UKとはイギリスサイズで、USはアメリカサイズとなります。

海外の方は、日本人と足の形が微妙に異なります。
そのため、規格を統一することなく、その靴を製造するメーカーの国基準で販売されるケースがあります。

UKの場合、cmサイズに換算すると以下のようになります。
22cm→3H、22.5cm→4、23cm→4H、23.5cm→5、24cm→5H、24.5cm→6
25cm→6H、25.5cm→7、26cm→7H、26.5cm→8、27cm→8H、27.5cm→9、28cm→9H
※女性の25cmは→6Hlと表記します。

サイズ表記の覚え方は、
US→UKの順に覚えるとわかりやすいです。
USは、「㎝表記の10の位と1の位(小数点以下含む)を足す」
USから0.5cm下がるとUKのサイズになります。

ショップによってサイズ表記が微妙に違うのはなぜ?

日本では、明確に長さを測り、それを基準に靴を作ります。

海外の場合、様々な人種がおり、足の形もことなるため、だいたいで作ることがあるので、サイズが微妙に異なることがあるようです。

サイズ選びで失敗したくないなら試し履きは必須! どこで試し履きできる?

上記の通り、海外製と国内製では微妙に足の形が違うことがあります。
そのため、可能な限り試し履きは試みるようにしましょう。

トレーディングポストやABCマート、アシックスや大阪であればアメリカ村の「PRECIOUS PLACE」など専門店やチェーン店でも試し履きをすることは可能です。

まとめ

海外製の靴は、運命性も高いですが、試し履きしないことには、国内産と比べてリスクも大きいです。
突発的に購入するのではなく、できるだけ事前に確認を行ってから購入するようにしましょう。

-ファッション

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5