お掃除テク

お風呂掃除のやり方講座!浴槽下をキレイにする掃除方法

お風呂の浴槽下までまめにきっちり掃除しているご家庭は少ないと思います。
浴槽や壁・床を掃除してもなんか臭うな……とか、浴室下にゴミや汚れがたまってるな……と気になったときに、掃除をしようと思い立つのではないでしょうか?

でも普段は掃除をしない場所だから、どうやって掃除したらいいのかわからないですよね。
私もどうしたものかな~と四苦八苦しながら、無事に浴槽下をスッキリキレイに掃除できましたので、私が実践した掃除方法をまとめました!

お風呂掃除はしているのにかび臭い……原因はエプロン内部

エプロンは、浴槽の外側に付いているカバーです。
お湯が溢れたり、にシャワー使ったりすると、エプロンと浴槽の隙間からお湯が流れ込むことがあります。

そのため、エプロンの中はとても湿気がたまりやすい状態となっています。
垢やせっけんなど、お湯と一緒に流れたものがエプロン内部に流れ込むとカビの栄養となり、臭いや汚れの発生原因になります。

さらにお風呂内部の温かさが加わり、カビにとっては、非常に住みやすい環境が整ってしまうのです。
見えないところで大繁殖し、普段のお風呂掃除では取れない臭いの原因となっていたのです。

ただ、エプロンを取り外しての掃除はかなーり疲れます……。
年に数回、季節の変わり目や年末の大掃除などに忘れずおこないましょう!

エプロンのはずし方と掃除の仕方を解説

下部を両手で持って上に持ち上げながらひっかけを外し、手前に引き出す。
ねじ止めされているエプロンは、ドライバーでねじを取ってから外しましょう。
掃除の際に必要となるのは以下の通りです。

ぞうきん
スポンジ
柄の長いブラシ
ゴム手袋
アルカリ性のカビ取り洗剤(重曹やセスキ炭酸ソーダでも可)
※重曹やセスキ炭酸ソーダを使う場合は、スプレーボトルタイプがオススメ!

step
1
洗い流す

まずはシャワーやホースを使って全体の汚れを洗い流します。

step
2
スポンジやブラシで汚れを落とす

水(お湯)で洗い流したら、スポンジ(激落ちくんのようなメラミンタイプがオススメ)やブラシでこびりついた汚れを擦って落としていきます。
この時点では洗剤は使わなくて大丈夫です。
シャワーで軽い汚れを先に擦り落とします。

step
3
洗剤を全体に吹き付ける

軽く汚れを落としたら、洗剤を全体に吹き付けます。
洗剤をすぐに流さず、しばらく時間を置いて洗剤をなじませます。

step
4
シャワーで洗剤を落とす

洗剤の効果でかなり汚れが落ちやすくなるので、洗剤が乾く前にシャワーで洗い流します。
重曹やセスキ炭酸ソーダを使った場合、汚れが落ち切らないこともあるので、がんこな汚れにはもう一度洗剤を吹き付けて、再度擦り洗いをします。

step
5
乾燥・取り付け

エプロンはきちんと乾燥させてから取り付けてください。
乾かさないまま取り付けてしまうと、水気のせいで再度カビが発生しやすくなるので気をつけましょう!

排水すると臭う……原因は浴槽下にある排水口

浴槽下までしっかり掃除をしても、臭いが消えない場合があります。
その臭いの原因は排水口にあります。

まず、ヘアキャッチャーにゴミが溜まっている可能性があるので取り除きましょう。
排水溝の奥にカビが繁殖していたり、パイプにゴミが溜まって腐敗している場合があるので、液体パイプクリーナーなどを使ってお掃除をしましょう。

まとめ

浴槽下のお掃除はなかなかの重労働です。
でも長期間掃除をしないでいると、カビや汚れがひどくなって、余計に骨が折れること間違いなしなので、定期的にお掃除することが大切です!

業者にお願いすれば楽ですが、やはり1~2万円ほどの費用がかかるので、この出費はなかなか痛手ですよね。

エプロンの正しい取り外し方・掃除方法を覚えてしまえば、自分でお掃除できますので、季節の変わり目や年末の大掃除などに一緒にやっちゃいましょう!

-お掃除テク

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5