グルメ・食料・飲料 コンビニ商品

セブンイレブンの揚げ物が出来立ての時間はいつ?ないときは揚げてくれる?

種類が豊富なセブンイレブンのホットスナック。

その中でも人気なのがフライドチキンや唐揚げなどの揚げ物です。
できれば揚げたての美味しいものを購入したいですよね。

そこで今回は、揚げ物が出来立ての時間はいつなのか、もしレジ横に商品がない時は揚げてくれるのか、揚げ物がレジ横にない時間帯をお伝えしていきます。

セブンイレブンの揚げ物が出来立ての時間はいつ?

セブンイレブンの揚げ物は種類が豊富で、クオリティーも高く、最近では持ち帰って夕飯にする人も増えてきています。

そんな揚げ物が出来立ての時間はいつなのか。

 

もちろん店舗ごとに商品の納入時間やピークタイムが違いますので、正直、出来立ての時間はまちまちです。

この記事では大体の時間をお伝えいたしますので是非参考にしてみてください。

 

  • 6時〜8時の間

朝の通勤の時間帯に合わせて、揚げ物を多く仕込む傾向にあります。唐揚げ、フランクフルトあたりから販売が始まるようです。

 

  • 12時〜13時の間

この時間帯には確実に昼の仕込み分が手に入ります。昼の来店のピークに合わせた仕込み分ですね。

 

  • 17時〜19時の間

こちらは夕方の帰宅時間に合わせての仕込み分です。

 

揚げ物の鮮度は、商品によって異なりますが約4〜6時間ほどです。

ピークの少し前の時間帯に購入すると、もうすぐ廃棄となってしまう商品にあたる可能性もあるようです。
(立地条件によっては全く当てはまらないこともあるので注意)

セブンイレブンの揚げ物がケースにいない時は揚げてくれる?

揚げ物が欲しかったけどケースに並んでいない…そんな時ありますよね?

実は、店員さんに注文すれば多少の時間はかかりますが揚げてくれるようです。

ただ、フライヤーの清掃中(だいたい21時以降の深夜)は、揚げることができず注文してもお断りされますので、お気をつけください。

 

また、注文量が多い時などは来店してからだと時間がかかってしまうことが多々ありますので、取りに行く時間をあらかじめ伝えておけば予約や取り置きなどにも対応してくれるようです。

 

予約可能な時間帯は店舗により異なりますので、事前に調べておくことをおすすめします。

セブンイレブンの揚げ物が売ってない時間は?

揚げたての時間と同様に、揚げ物が売ってない時間帯も店舗によってまちまちです。

立地条件によって異なりますが、だいたい21時から22時以降は揚げ物を仕込まなくなります。

 

理由としては、深夜は来客数が少ないため揚げ物も売れないからです。
売れない時間に仕込んでも廃棄が増えるだけですからね。

もし、売っていたとしても仕込んでから時間が経っている商品かもしれません…。

 

また、来客数が少ない時間帯にはフライヤーの清掃が行われ、油交換やトレイ・網も一定時間洗剤につけて洗います。

そのため、揚げ物を仕込むことができなくなります。

個人的には、深夜に揚げ物を食べるという背徳感を感じたくなる時もありますが、揚げ物が売ってないとなると我慢するしかないですね…!

セブンイレブンの揚げ物が出来立ての時間はいつ?ないときは揚げてくれる?まとめ

揚げ物が揚げたての時間 揚げ物が売ってない時間
6時〜8時の間

12時〜13時の間

17時〜19時の間

21時以降の深夜

上記は立地条件、店舗によって異なりますが、基本的には来店のピークに合わせて揚げ物を準備しているようですね。

今度私も、揚げたての時間を狙ってサクサクの唐揚げを買ってみようと思います。

 

また、予約や取り置きなども対応してくれるので、ホームパーティーやお花見など特別な時にも手軽に揚げ物が用意できそうです。

揚げ物って準備から片付けまでを考えると結構手間がかかるので、手軽に準備できるのはとても便利ですよね。

ぜひこの記事を参考に、揚げたての揚げ物をゲットしてみてください。

-グルメ・食料・飲料, コンビニ商品

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5