代用品 子育て 生活・暮らし

おやすみたまごの代用に無印のソファは使える?口コミでわかるメリット・デメリットとは?

おやすみたまご、赤ちゃんの寝かしつけアイテムとして人気ですが、使用する期間はわずか半年ほどとかなり短いです。

おやすみたまごの代用として、無印のソファなどは使えないのでしょうか?

 

無印の「体にフィットするソファ」もおやすみたまごと同じビーズクッションですし、代用できたら助かっちゃいますよね。

そこで今回は、おやすみたまごの代用品として無印のソファが使えるのか、実際に使ってみたママさんたちの感想をもとに、メリット・デメリットをまとめました!

 

無印のソファをおやすみたまごの代用にする場合、注意点や危険性がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

おやすみたまごの代用に無印のソファは使える?徹底調査した結果

まず、無印良品の「体にフィットするソファ」ですが、微粒子ビーズで座る人の体形や姿勢などに合わせて、自在に形を変えて包み込んでくれるもので、通称「人をダメにするソファ」とも呼ばれてますね~。

 

無印のソファはマイクロビーズでできていて、赤ちゃんの背中のカーブに対して、自在に形を変えて上手くフィットしてくれます。

それがおやすみたまごの特徴と近いため、赤ちゃんの背中スイッチの発動を抑える効果があるようです。

 

ただ、無印のソファは、大人が使うことを想定して作られたものなので、赤ちゃんに使う場合は注意しなければならないことが多々あります!

赤ちゃん用に作られたおやすみたまごと違って、無印のソファは大人用のソファなので、サイズも大きく乳幼児への安全性の保障がありません。

ソファの取扱説明書にも『商品全体が柔らかいため、商品の上に乳幼児を寝かせないでください。』との注意書きがあります。

 

*結果*

無印のソファは使用した方々の感想を見る限りはおやすみたまごと類似した効果を得ることが可能でした。

しかし、赤ちゃんへの安全性の保障はありませんので、積極的に代用品としておすすめできるものではないです。

もし、代用品として使用する場合は、自己責任で必ず親御さんの目が届く範囲での使用することが望ましいでしょう。

おやすみたまごの代用で無印のソファを使うメリットとデメリット

実際に無印のソファをおやすみたまごの代用品として使用していた方々の意見をもとに、無印のソファを使用するメリット・デメリットをまとめていきます。

無印のソファを代用する際のメリット

  • 妊娠中のつわりで気分が悪い時でも、もたれかかることでラクになれた。
  • 授乳の際に座ると、ちょうど良い高さに自由に調整できてラクな姿勢で授乳ができた。
  • 赤ちゃんを寝かせても起きることなく、ぐっすり眠ってくれた。
  • 寝返りをうつようになり、赤ちゃんに使わなくなった後は家族で使った。

無印のソファを代用する際のデメリット

  • 赤ちゃんの使用に対して安全面での保障がない。(自己責任)
  • 体が埋もれないように注意する必要がある。(窒息の危険性)
  • 授乳やお昼寝だけの使用に留めて、長時間の使用はさける必要がある。

 

メリットとしては、無印のソファは元々大人用に作られたソファなので、産前産後のお母さんの体調がすぐれない時に使用したり、授乳期はもちろん、その後も家族で長い期間に渡り使用することができるところです。

 

デメリットは、赤ちゃんの安全性を確保できないことです。

おやすみたまごのCカーブは特許技術で製造されたものであり、他社がまねできないようになっています。

 

よって、同様の効果が得られたとしても、赤ちゃん用に作られていない無印のソファはサイズも大きく、赤ちゃんを危険にさらしてしまう恐れ(窒息や転落など)があるので、使用の際は自己責任で充分注意しなければなりません。

赤ちゃんの寝かしつけに無印のソファを使ってみた口コミ

実際に無印のソファを使用していた方々の口コミをまとめてみました。

良い口コミ

  • よく眠ってくれるようになった。
  • 背中スイッチが作動しなくなった。
  • お昼寝で目を覚まさなくなった。
  • 添い乳に使用すると、腕や身体が疲れることが減った。
  • 自分がソファに座りながら寝かしつけをしたらラクだった。
  • (↑パパもこれで寝かしつけをしてくれるようになった。)
  • タオルを何枚か重ねて敷いて、寝汗や吐き戻し防止をした。

いまひとつの口コミ

  • 柔らかく沈み込むため、窒息が怖くて寝かしつけの使用はさけた。
  • ヘタってくると、赤ちゃんが埋もれてしまいそうで使用出来なかった。
  • 赤ちゃんの骨の形成に良くない気がして、短時間しか使えなかった。
  • 授乳時に座ると、赤ちゃんを抱えながら立ち上がるのが大変。

 

寝かしつけのアイテムとして非常に重宝した!という方の口コミがある一方で、やはり赤ちゃん用のベビー用品ではないため、かなり注意して払って使用しているという方も多くいらっしゃることがわかりました。

 

赤ちゃんがソファに埋もれるって、やっぱりかなり怖いですよね……。
寝ているあいだ、赤ちゃんから目を離せないのも大変ですし。

おやすみたまごを買って、使い終わったらメルカリやヤフオクで売ったという意見もありました~。

無印のソファを使うのが不安なら、販売ショップでおやすみたまごをチェックして、しっかり検討してみてくださいね。

 

 

まとめ

『おやすみたまご』は、赤ちゃんの寝かしつけ神アイテムにも選ばれたCカーブ型授乳クッション・ベッドです。

ママたちの悩みを解消するアイテムとして人気を集めていますが、赤ちゃんが寝がえりをうつようになると、落下や窒息の危険があるため、このおやすみたまごが使用できる期間は、乳幼児期~8ヵ月程度まで。

 

赤ちゃんの背中はまあるくカーブしているので、平らな面に背中を当てられると不快に感じてしまうそうです。

これがいわゆる赤ちゃんの「背中スイッチ」と呼ばれるもの。

 

おやすみたまごは、赤ちゃん独特の背中のカーブにしっかりフィットするCカーブを作り出せる構造になっているため、ママに抱っこされている感覚で赤ちゃんは安心してぐっすり眠ることができるようになっているんです!

 

確かに実際に使用している方は多く、寝かしつけとしておやすみたまごと類似した効果が得られて助かったという親御さんがの声が多く見受けられました。

寝かしつけや授乳時の無理な姿勢で身体を痛めてボロボロになってしまっていたママたちの救世主となってくれていたようでした。

 

ただ、赤ちゃんが使うことを前提として作られたものではないため、おやすみたまごと比べるとサイズが大きく、寝かせた時に埋まってしまったり、少しの動きで顔が覆われてしまう危険性があります。

 

また、サイズが大きい分、万が一落下してしまったら...と考えると怖いので、パパや他の家族がいる時など、常に誰かが様子を確認できる状況の時に使用する程度にとどめておくのが良いでしょう。

-代用品, 子育て, 生活・暮らし

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5