レジャー 子育て

海水浴の必需品だけど…買って失敗した子供用ラッシュガードはコレ

2歳の姪っ子が初めての海水浴ということで、大人の目が多い方がいいからと、妹夫婦に誘われて海に行きました。

で、妹と姪っ子のラッシュガードを買いに行って、暑いし半袖でいいよね、とあまり深く考えずに選んだのですが……これが失敗!

実際に海に行って着せてみたら、困ったことがいろいろあって、長袖にしておけば良かったな~と妹と二人で後悔しました……。
ラッシュガードもちょっと高いので、もう少し事前に調べてから買えば良かったです。

そこで! これから子ども用ラッシュガードの購入を検討しているあなたへ、私たちと同じ失敗をしないように、ぜひこの記事を参考にしてもらえれば……と思います!

「暑いから」とそれだけで半袖を買って失敗した理由

単純に夏場で暑いし、長袖は子どもも嫌がると思って半袖のラッシュガードを買いました。
買いに行ったときに試着もしたので、サイズぴったりで姪っ子がとてもかわいい♪

このときは「これにして良かったね~」なんて妹とのんきに話していたのですが、いざビーチへ出るとものっっっっっすごく暑い!!!

日差しも強くて、砂浜もやけどしそうに熱かったです。
これはまずいなーと慌てて姪っ子に日焼け止めを塗りました。

それだけならまだ良かったのですが、お父さんと海に入ったあと、初めての海で興奮したのか、砂浜を走って転んで、腕に擦り傷ができてしまってました……。

しかもこの日は日差しがきつかったせいか、日焼け止めを塗っていても結構焼けちゃったようで、しばらく肌の赤みが引かなかったみたいです……。

半袖を着ていたために、袖のあった部分を境に変な日焼けあとがついてしまって、長袖を買っていれば日焼けも擦り傷も防げただけに、妹と「半袖は失敗だった~」と後悔しました。

私と妹の考えがいたらず、姪っ子には申し訳ないことをしました……。

来年は出番なし、ということで、買ったばかりで1回しか着用してないラッシュガードですが、妹はさっさとリサイクルショップに持ってってました。

買うなら断然長袖! 日焼け・くらげ対策に最適

ラッシュガードは身体にフィットするので、半袖の方が動きやすいし、乾くのもより早いですが、海は思わぬ危険があるので、子どもの場合はできるだけ肌の露出を控えた方が安全・安心です!

砂浜は貝や石、カニなどの硬い殻に覆われた生き物、海水浴客のゴミなど、異物がまぎれていることも少なくないんです。

子どもは走り回るし、転びやすいので、うちの姪っ子のように半袖タイプのラッシュガードだとケガをすることもありえます。

泳ぐ時期や地域によっては、くらげや毒を持った生き物などが海の中にいる場合や、思ったより水温が低く、体温の低下を起こす場合もあります。

また、ウォータープルーフの日焼け止めもありますが、直射日光を肌に当てないことが一番の日焼け止めです!

子どもの皮膚はデリケートですし、長袖を着用するだけで、日焼け・ケガ・体温低下など、いろいろな面で子どもを守る対策になりますよ。

なので、海水浴用に購入するなら、断然長袖のラッシュガードがオススメです!!

山登りとかも、半袖より長袖の方が安心ですよね?
海も山も自然の中に入っていくレジャーなので、思わぬ危険が潜んでいることがあります。

対策をしっかりして、大切なお子さんを守ってくださいね。

あ、誤解のないように言っておきますが、もちろん半袖は絶対ダメ! というわけじゃないです。
プールなら半袖で全然問題ないですよ!

屋内なら日焼けもそれほど気にしなくていいですし、プールの水温は人工的にきちんと管理されているので、体温が低下する心配もありません。

くらげなどの危険な生物もいませんし、子どものケガの原因になるようなものもないですよね。
なので、プールなら半袖、海水浴なら長袖と、行き先にあわせて選ぶといいですよ~!

まとめ

海水浴へ行くなら、ラッシュガードは必需品。
プールなら半袖でもOKですが、海へ行くなら長袖が安心です!

長袖のラッシュガードは、日焼け・ケガ・体温低下・くらげなどの外敵から、デリケートな子どもの肌を守ってくれます。

行き先に適切なラッシュガードを購入して、お子さんとの海水浴を楽しんでください♪

-レジャー, 子育て

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5