お掃除テク 代用品

洗濯槽クリーナーの代用でキッチンハイターは使える?正しく使ってスッキリキレイ!

洗濯槽クリーナーの代用

洗濯槽クリーナーの代用でキッチンハイターが使えるって本当でしょうか?

 

洗濯槽の汚れが気になってきたので、休みの日に掃除しようと思い立ったはいいものの、洗濯槽クリーナーがない……。

 

キッチンハイターはあったので、代用できないかな? と思ったのですが、洗剤って用途に合わせて使わないと、故障につながりそうでちょっと怖いですよね。

 

まぁ……仮に壊れても、そろそろ洗濯機の買い替えを検討してましたし、近くにコインランドリーもあるので、洗濯槽クリーナー代わりにキッチンハイターを使ってみました。

 

結論から言うと、キッチンハイターでも代用できますっっっ!!

 

ただし、キッチンハイターを洗濯槽クリーナー代わりに使う場合、事前に必ず確認すべき注意点がありますので、しっかりチェックしてくださいね。

 

あわせて、キッチンハイターで洗濯槽を掃除するときの具体的な使い方をご紹介します。

洗濯槽クリーナーの代用にキッチンハイターが使える!正しい使用方法と効果

「どうしてキッチンハイターが洗濯槽クリーナーの代用として使うことができるのか。」

まずは、その理由からご説明しますね。

 

洗濯機の槽クリーナーは、『塩素系』『酸素系』の大きく2種類に分かれています。

キッチンハイターは、殺菌・洗浄力に特化した塩素系漂白剤です。

 

そのため、主成分が同じ塩素系槽クリーナーの代用として、使用が期待できるというワケなんです。

 キッチンハイターを使った洗濯槽のお手入れ方法

まず、大前提として、ご自宅の洗濯機の取扱説明書をよく読んで、塩素系クリーナーが使えるのか、台所用漂白剤が使えるのか、を確認してくださいね。

 

これは洗濯機の機種や型、メーカーさんによって様々なので、必ず確認するようにしましょう。

 

洗濯機は高価品ですから、傷めたり、最悪故障させてしてしまったら…残念ながら自己責任です(-_-)

 

使用可能が確認できましたら、さっそくお手入れを始めましょう!

もし、ご自宅でお使いの洗濯機に『槽洗浄』というコースが付いているようであればとても簡単!

 

説明書の指示通りに操作をして、ハイターを入れたら、あとは洗濯機にお任せでOKです(^^)b

 

槽洗浄コースがない方はこちらを参考にしてください。↓

使用方法手順

  1. ぬるま湯を洗濯槽に溜める。(縦型の場合:最高水位まで 横型:バケツ一杯分程度)
  2. キッチンハイターを入れる。(水10ℓに対し、液なら50ml・粉なら50g入れる)
  3. 「洗い」コースで5分程度回して、槽内に洗剤液を撹拌させる
  4. そのまま放置してつけ置きする。(汚れに応じて、3、4時間~一晩)
  5. 目に見えて浮いている汚れがあれば、ネットですくう(必ずゴム手袋してくださいね!)
  6. 標準モードで「洗い・すすぎ・脱水」を行う。
  7. (槽内に汚れが残っていれば、もうひと回ししてください)
  8. 完了!

 

  • ぬるま湯でなくても、水でも大丈夫です。
    ぬるま湯の方がより早く洗剤が溶けますが、塩素系洗剤の場合、効果に差はありません。(熱湯はダメです。)
  • ドラム式は、水を入れすぎてしまうと、途中で扉の開閉ができなくなってしまうので、注意してください。

 

キッチンハイターのキャップ1杯が25ml(g)なので、ご自宅の洗濯機の容量に合わせて調節してくださいね!

また、用法用量よりも多く入れれば効果が高まるなんてことはありませんので、やめましょう。

逆に洗濯槽を傷めて、洗濯機の寿命を縮めてしまいます。

 

以上が、キッチンハイターを使ったお手入れの方法になります。

ほぼ洗濯機にお任せで良いので、意外と簡単なんですよ。

 

「塩素系・酸素系ってどんな違いがあるの?」という方のために、それぞれの特徴と効果をまとめました。

塩素系洗剤と酸素系洗剤・それぞれの特徴

*塩素系

  • 次亜塩素酸ナトリウムが主成分。
  • 強力な殺菌力・洗浄力を持つ。
  • 目に見えない汚れやカビなども徹底的に分解して除去。
  • 短時間のつけ置きで効果が出る。
  • 強い刺激臭がある。(プールの消毒のツンとしたにおい)
  • 刺激が強く、肌に直接触れると肌荒れをおこす危険がある。

 

*酸素系

  • 過炭酸ナトリウムが主成分。
  • 強い発泡力で、汚れやカビを浮かせて落とす。
  • 塩素系より洗浄力はやや劣る。
  • 長時間のつけ置きで、汚れを根こそぎ落とす。
  • 浮き出た汚れを取り除く作業が必要。(途中で扉の開閉ができないドラム式は使用不可)
  • 刺激臭はなく、身体や衣類にも優しい。

 

効果のまとめ

塩素系は強い殺菌・洗浄力を持ち、目に見えない雑菌、黒カビの除去には効果絶大です。

目に見えない雑菌も強力分解し、汚れやカビ、菌を溶かして落とします。

槽内を除菌し、清潔にしてくれます。

お手入れをサボっていて、汚れが目立っている時の使用にもおすすめです。

 

酸素系は、殺菌力は弱いものの、強力な発泡力で汚れやカビを浮かせて剥がし落とします。

浮き出てきた汚れが目に見えてわかるので、やった感はありますね。

 

必ず、一定時間のつけ置きが必要で、浮いた汚れを取り除く作業があるため、手間はかかります。

酸素系は、身体に影響のない成分で出来ているので、安心して使用出来ます。

洗濯槽クリーナーの代用でキッチンハイターを使うデメリットややってはいけないことはある?

キッチンハイターに限らず、塩素系クリーナーはその強い殺菌・洗浄力によって、汚れやカビを短時間で落としてくれる優れものです。

 

一方、強力な分、すすぎ残しがあった場合、衣類にダメージを与えてしまう可能性が高く、直接触ってしまうと、肌荒れをおこしてしまう危険性があります。

使用方法を間違うと、洗濯機自体を傷めてしまうことにもなりかねません。

 

やってはいけないこと

ご使用の洗濯機の取扱説明書『槽洗浄のお手入れ』等の項目をチェックしましょう。

  • 衣類用塩素系漂白剤、または、洗濯槽用塩素系漂白剤を使用してください。
  • 酸素系漂白剤や台所用漂白剤は使用しないでください。

こういった記載がある洗濯機は、キッチンハイターの使用は控えてください。

 

メーカーさんによっては『台所用洗剤は、絶対に使用しないでください。』と強く禁止しているところも見かけました。

 

各メーカーさんで、台所用塩素系漂白剤を使ったお手入れは正直あまり推奨されていませんので、よく確認しないまま、みんなもやってるから~と安易に使用するのはやめましょう!

 

キッチンハイターを使用してお手入れを始める時は、以下のことに注意して作業をしましょう。

ココに注意

  • 肌や衣類に誤って付いても大丈夫なようにエプロンやゴム手袋をすること。
  • 素手で触ると肌が荒れてしまいますので、絶対に直接ふれてはダメですよ。
  • 強い刺激臭があるので、必ず換気をしながら行うこと。
  • 同じ空間で、他の個所のお掃除をする時は、念のため、マスクやゴーグルをする。

 

そして、最も注意してほしいことは、他の洗剤との併用(混ぜる)は避けることです。

 

特に酸性タイプの製品や洗剤とは絶対にまぜないこと!!これは本当にダメです~(>_<)

 

先ほど、塩素系と酸素系それぞれの特徴をまとめましたが、一緒に使えば効果上がるんじゃない?と思った方、もしかしたらいるかもしれませんが、絶対にやめてください。

とても危険です!!

 

塩素系洗剤に酸性タイプの製品が混ざると、化学反応をおこして人体に有毒なガスが発生します。

 

今まさに、使おうと思っているキッチンハイターにも『まぜるな危険』という表示があるはずなので確認しみてください。

 

もし、汚れの落ちがいまひとつで、ダブル使いできれいにしたい!と思ったら、各洗剤は必ず単独で使うようにしましょう。

 

洗濯~すすぎまでひと回り済んだ後でしたら、使用しても大丈夫です。もちろん、汚れを落とす効果も高まります。

キッチンハイター以外の洗濯槽クリーナーの代用品

キッチンハイター以外にも、槽クリーナーの代用品として使えるものがあります!

*衣類用の塩素系漂白剤

こちらは、普段の洗濯に使用しているご家庭も多いと思います。

衣類に使用できるものなので、槽内のお手入れにも影響なく使用することができますね。

 

使用量は、キッチンハイターとは違ってきますので、洗濯機の取扱説明書と、漂白剤の注意事項や使用方法の双方をよく確認してから使うようにしてくださいね。

 

我が家の洗濯機の説明書には、一回のお手入れに約200ml使用してください。と記載してありました。

 

*重曹

様々な場所のお掃除の場面にひっぱりだこで、知る人ぞ知る万能クリーナーですよね。ここでも活躍しちゃいます。

 

弱アルカリ性である重曹は、手垢や皮脂などの酸性の汚れを中和させて分解する働きがあるんです。また、同時に消臭効果もあります。

 

水に溶けにくい性質のため、40~50℃のお湯を使うようにしてください。一回の使用量は、カップ1杯分(150g程度)です。

 

重曹の最も良いところは、お肌や衣類にも優しく、安心・安全に使用することができるところです。
赤ちゃんがいるご家庭で、定期的に洗濯槽のお手入れをしたい時にも安心ですよ。

 

※発泡力のある重曹は、途中で扉の開閉ができないドラム式洗濯機では、途中で浮き出た汚れを取り除く作業ができず、泡が吹きこぼれてきてしまう可能性があるので、使用は控えましょう。

まとめ

洗濯機は、私たちが普段着ている肌着や洋服、使っているタオルなど、身の回りのものを清潔に保つためになくてはならないものですよね。

 

洗濯したはずなのに、『汚れが落ちていない、新たな汚れが付いている、嫌な臭いがする、カビ臭い気がする...』など、ひとつでも思い当たることがあれば、それは洗濯槽の汚れに原因があるかもしれません。

 

洗濯槽って一見きれいに見えますが、日々の洗濯によって、洗剤や柔軟剤の残りカスや、衣類から落ちたホコリや汚れ、湿気によるカビによって、実はかなり汚れが溜まっているんです!

 

なので、定期的に洗濯槽クリーナーを使ってお手入れをする必要があるんですよ。

 

★キッチンハイターは、塩素系洗濯槽クリーナーと主成分が同じであるため、代用品としての期待が持てます!

 

★ただし、使用する際は、ご家庭でお使いの洗濯機取扱説明書をよく読み、機種や型などを十分に確認して、台所用漂白剤が使用可能なのかどうかを見極めてから使用するようにしましょう!

 

★安易な判断は、衣類や洗濯機を傷めてしまう原因にも繋がるので、使用は慎重に行うようにしてください。

 

★普段から洗濯槽の汚れや雑菌、カビを増やさないためにできることは、

 

  • 洗濯が終わったら、フタは開けて湿気を飛ばし、よく乾燥させる。
  • 糸くずネットや、洗剤受けはこまめに掃除する。
  • 洗濯機の中に、汚れたり、濡れた衣類を長時間入れたまま放置しない。(洗濯カゴを使用する)
  • 洗剤や柔軟剤は、使用量を守る。(入れすぎによる溶け残りが発生するため)

などがあります。

 

子どもが小さくてフタを開けっぱなしにできない、というお家は、乾燥機能を定期的に使うようにすると良いでしょう。

 

洗濯槽には、目に見えない槽の裏側にも、実はカビや汚れがたくさんついている可能性があるので、定期的なお手入れは必須です。

 

1、2か月に1度のペースを目安にお手入れをすると、洗濯機の寿命も延びて、より長い間使い続けることができますよ。

 

いつでも清潔スッキリの洗い上りの気持ちよい洗濯ができるよう、普段からのちょっとした心がけを大切にしていきましょう!

-お掃除テク, 代用品

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5