レジャー・アウトドア

海遊びに幼児を連れていくときの注意点は?子供の海グッズやおもちゃも紹介!

夏にできる遊びがたくさんありますね。その中でも、夏にしかできないのは海ですよね!

泳いでも泳げなくても、行きたいなーと思うところ。

子どももいて、家族もたくさんいるとすれば、どこの海にしようかとか、うちの子は何歳から言っていいのか?など。

いろんな疑問がわいてきます。赤ちゃんや子どもなど、いつから行けるのか、何が必要なのか?

どういう事に気をつければ良いのでしょうか。

海遊びに幼児を連れていくときの注意点は?何歳からOK?

子どもが生まれて、少ししてくると、あっちこっち連れてってあげたいなー。

遊ぶところはもちろん、海や山なども見せてあげたいな。一緒に遊びたいなと思いますよね。

ただ、やはり小さい子どもは予想できない事が毎日起こります。

 

まず、どれくらいから連れてっても良いのか?

一つの目安として、お座りができるようになってから。

 

その月齢にあった、遊び方をしていければ、お座り出来るくらいから連れて行っても問題はないということ。

お座りができれば、砂浜でお砂遊びなども出来ますよね。ずっと抱っこでは、お母さんお父さんも荷物もあったり大変です。

 

歩き始めて、走り回ってしまう時期よりかは、もしかしたら楽かもしれないですね。

お座りが出来る様になってからと言うことは、大体7ヶ月前後のころです。

 

そして、注意点!

子どもを連れて行く時に、最初に注意することは、紫外線です。

日焼け止めを塗ってあげたり、お家を出る前から準備していきましょう。

汗をかいたり、濡れたりすると日焼け止めは取れてきますので、塗り直しなどもしてあげてくださいね。

 

今は、ラッシュガードや、日焼け防止のキャップなどもありますので、そう言ったものも活用してみてください。

まだおトイレのできない子には、水遊び様のオムツを履かせておくと安心ですね。

海遊びの幼児・子供用グッズとおもちゃならコレ!

海遊びに子どもと行くなら、持っていきたいものは?

まずグッズでは、

⚪︎断熱シート

レジャーシートは薄くて、熱が直で伝わるので、できれば断熱シートだと、暑さもしのげま

⚪︎保冷グッズ

保冷剤や、濡らして冷えるタオルなど首にまいておくとかなり過ごしやすくなります。冷えピタなども使えます。

⚪︎マリンシューズ

歩き始めのお子さまなど、砂浜を裸足で歩くのはむずかしいので、あると良いです。

⚪︎簡単なテント、パラソルなど

日除けのために、パッと広げてしまえるテントなどは、とても便利です。

⚪︎絆創膏など

小さい子どもに怪我はつきもの。普段から持ち歩いてる方も多いと思いますが、海でもあると良いですね。

⚪︎水分補給

小さなお子様など、出来るだけこまめに水分を補給するようにしてください。小さい赤ちゃんなど、体温調節がまだ発達していないため、しっかりと取ることをおすすめします。

⚪︎ライフジャケット

海に入るお子さまには子ども用があるので着せておくと安心です。

⚪︎ビニール袋

濡れた水着など入れるので必ず持っていきましょう!

⚪︎防水ポーチ

貴重品など持ち歩くのに、おすすめです。

 

オススメのおもちゃです。

⚪︎お砂場道具

スコップやバケツ、ジョウロなど有ればいいですね。たくさん持って行くと大変なので、最低限でよいかと。

⚪︎浮き輪

流されないように紐などついているタイプもあります。
ベビー用の座れるようになったタイプなら、浅瀬で海に入ることも出来ますね。

⚪︎水鉄砲

幼児から、少し大きくなった子でも楽しめます。

海遊びに幼児を連れていくときの注意点は?子供の海グッズやおもちゃも紹介!まとめ

子どもがいると、海遊びにもたくさんの持ち物が必要になります!

なので、おもちゃなどは最低限で行く方が良いでしょう。

海でチャプチャプするだけでも子どもは大喜びしますので、月齢、年齢にあった遊びをしてあげてください。

 

遊びすぎると夢中になって休憩なども忘れてしまいます。

あかちゃんなど、小さな幼児は10〜15分程度の遊びで走り回れるようになった子どもでも、30分で休憩を取るなど、長時間遊び過ぎて、熱中症などにならないように気をつけましょう。

遊ぶ時間にも気をつけながら、海遊びに出かけてくださいね!

 

-レジャー・アウトドア

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5