お料理・レシピ グルメ・食料・飲料 賞味期限・保存方法

手作りヨーグルトの賞味期限の目安は?腐るのを見分ける方法

手作りヨーグルトの賞味期限

手作りヨーグルトって、簡単に作れるヨーグルトメーカーもいろいろあるので、作り始めるとハマっちゃう人が多いです!

 

私もその一人で、ついつい作りすぎてしまうんですが、手作りヨーグルトの賞味期限ってどれくらいなのか、腐っているか見分ける方法をきちんと知っておかないと、食べたときにお腹を壊してしまうことがあります。

 

手作りヨーグルトにハマって1年以上、ヨーグルトの作り置きをしている私が、これまでの経験も含めた自家製ヨーグルトの賞味期限の目安をまとめました!

 

ヨーグルトは乳製品なので、もし腐ってしまったら不安ですよね……。
そんな不安もバッチリ解消、ヨーグルトの腐敗を見分ける方法と、正しい保存方法もご紹介します♪

手作りヨーグルトの賞味期限の目安は何日くらい?

手作りヨーグルトの賞味期限(目安)は、余分な材料を入れないノーマルなプレーンタイプのものなら、冷蔵保存で1週間程度です!

ちなみに、1週間以上経過してしまった手作りヨーグルトは酸味が強くなり、ちょっと怪しいな~と感じることが多かったです。

 

うちでは、日曜日に1週間分(500ml~1L)をまとめて作って、次の日曜日までに食べきるようにしてます(^^♪

牛乳パックごとセットしてヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーをお使いの場合は、牛乳パックに作った日付を書いておくと便利ですよ~。

 

また、ヨーグルトにフルーツなどを入れた場合は、フルーツから水分が出たりと劣化が早まるので、プレーンヨーグルト以外はできるだけ早く食べるようにしましょう!

手作りヨーグルトが腐っているか見分ける方法

悲しい事に手作りヨーグルトが腐ってしまった場合、もちろん処分しなくてはなりませんが、その見分け方が大切です。

 

腐っていることに気付かずに食べてしまったら、最悪病院行き…なんてこともありえます。自分の身体を守るためにも、その確認方法をしっかり押さえておきましょう。

 

腐ってしまったヨーグルトには、以下の3つのような特徴が挙げられます。

酸味がきつい、または苦みがある

ヨーグルトは元々酸味がある食品ではありますが、蓋を開けた瞬間にわかるような強烈な酸味を感じたら、既に腐っている可能性があります。

またはそこに苦い匂いも混じる場合もあります。

とにかくいつもと明らかに味が違うと少しでも感じたら、それ以上口に入れないようにしましょう。

カビが生える、または黄色く変色する

これは見た目で判断できるのでわかりやすいかと思いますが、カビが生えていたり、黄色く変色し始めていたら、これも腐っている証拠です。
残念ですが処分しましょう。

水分が多くなる

皆さまも市販のヨーグルトを食べる際、日にちが経つにつれてヨーグルトの上部に水分が溜まり始めるのを見たことがありませんか?

これは乳清という乳成分と分離してできる水溶液なのですが、日にちが経つにつれ分離が進み、水分が多くなっていきます。

その水分があまりにも多すぎる場合は腐っている可能性が高いです。
いつもより水の量が多すぎると感じたら、口にしないようにしましょう。

手作りヨーグルトの正しい保存方法

手作りヨーグルトの保存をどのように行うかで、ヨーグルトの期限に影響が出てきます。

せっかく作ったのに誤った保存をしてしまって腐らせてしまっては、これまでの苦労が水の泡です。保存はしっかりと行いましょう。

 

正しく保存するには、いかにしっかりと密閉するかが重要になってきます。

空気や熱に触れてしまうと、ヨーグルトの劣化が進んでしまいますので注意してください。

 

https://item.rakuten.co.jp/hotcrafts/te454/

https://item.rakuten.co.jp/mantenpuraza/ss47/

 

以上のような、しっかりと蓋がしめられる容器に保存するのが最適です。
少しでも長く美味しく食べるためにも、保存は大切に行いましょう。

手作りヨーグルトを作るときの注意点は?

続きまして、手作りヨーグルトを作る際の注意点をご説明します。これを知っているか知らないかで、出来上がりにも差が付きますよ。是非おさえておきましょう。

使用する牛乳(豆乳)の種類

使用する牛乳(豆乳)の種類はどのようなものが適しているのでしょうか?

 

市販の牛乳はどれも同じに見えますが、商品のパッケージ裏面に注目してみますと、種類別名称という項目が記載されており、そこに「牛乳」と書かれてあれば、低脂肪でも無脂肪でもヨーグルトを作ることが可能です。

 

もちろん豆乳で作成することも可能ですよ!調整豆乳だと少し固まりにくいので、手作りヨーグルトの場合は無調整豆乳の方が適しているようです。

容器やスプーンの消毒

手作りヨーグルトを作る際には、容器等の消毒が重要です。

これを怠ると、うまく固まらなかったり、最悪腐る原因にもなりますので、消毒はしっかりと行いましょう。

まずは容器やスプーンをしっかり洗い、その後熱湯をかけてしっかり除菌をしましょう。

このひと手間が美味しいヨーグルトへの近道になります!作る前にしっかり準備しましょう。

手作りヨーグルトが危険って本当?理由を調査した結果

手作りヨーグルトと聞くと「家で作って大丈夫なの?」と心配される方や、実際作って腐らせてしまったという方もいらっしゃるようです。

 

危険ではないかと心配される方もいるかと思いますが、そもそも市販のヨーグルトは密閉状態で作られ、その製造所の衛生管理も徹底されており、自家製のヨーグルトとの環境の差は歴然としていますので、市販と自家製のヨーグルトでは菌の繁殖具合が違うのは仕方がないことです。

 

よって、自分でできる限りの環境をいかに作るかがカギになってきます。

例えば、保存容器は出来る限り密閉できるものを厳選したり、容器や用具を徹底的に消毒したりなど、自分で出来ることにどれだけ手を抜かないかが大事になります。

 

腐ってしまったという方は、もしかしたらどこかの工程を見逃してしまったのかもしれません。

手間暇かけて作るという工程は、なんだかお花を育てるみたいな感覚と似ていますね(笑)
ヨーグルトにも愛情かけて作るというのが大事なんですね!

まとめ

手軽に食べられて栄養もあるヨーグルトは子供から大人まで人気がありますよね。
おやつ作りに使用したり、グラノーラにかけて食べたり、味わい方も実に多種多様です。

 

市販で売られているヨーグルトを自分で作るとなると、手間暇はかかる分、完成した時や美味しく食べられた時には嬉しく感じますよね!

 

作る際には消毒をしっかりと行い、注意しながらも、美味しいヨーグルトを目指して楽しく作ってみて下さい♪

-お料理・レシピ, グルメ・食料・飲料, 賞味期限・保存方法

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5