賞味期限・保存方法

ヘルメットの使用期限|バイクの用の寿命はどれくらい?10年前の物は大丈夫?

バイクのヘルメットはいざというときの命を守るためにとても重要なものです。

色々なタイプがあり、個人個人であったものを購入していると思います。

ただ、丈夫に作られているとはいっても傷や経年劣化などによって強度が下がっていくでしょう。

というわけで今回はバイク用のヘルメットの使用期限等について調べていきたいと思います!

ヘルメットの使用期限|バイクの用の寿命はどれくらい?

バイク用のヘルメットの寿命についてなのですが、調べた感じだとちょっとややこしい感じでした。

・SGマークや日本ヘルメット工業会だと3年

・単純な使用期限だと最大7年

 

基準として定められているものと実際の使用期限は差があるようでしたが、SGマークについては制度の有効期限が使用し始めてから3年ということなので正確にはヘルメットの寿命とは関係ないです。

 

ただし、保証のことを考えると3年目安に買い替えることは別に悪くないので金銭的に余裕がある人は3年周期での買い替えでも良いでしょう。

 

また単純な使用期限については調べた限りだと最大7年であっただけなので、保存環境などによってはもっと短くなる可能性も十分あります。

 

その為やはり3年ぐらいで買いかえるのがおススメです。

 

またメーカーによっても使用期限の基準が異なる場合もあるので、メーカーサイトなどをチェックしておくのも良いでしょう。

 

酷い衝撃を与えたり大きな傷がついた場合は使用期限内であっても耐久力が大幅に落ちている可能性があるので、買い替えることをおススメします。

 

ご自身で判断できない場合は購入したショップなどで相談してみるのも良いかもしれません。

ヘルメットの使用期限|10年前のものは大丈夫?

ヘルメットの使用期限は最大でも7年ほどなので、10年前のものはさすがに大丈夫とは言えないでしょう。

保存環境によってはかなり劣化していることもありますし、長い間使っていないヘルメットの使用そのものがあまりお勧めできないです。

 

古いヘルメットの内装交換などの修理を請け負ってくれるところもあるようですが、基本的には買い替えを推奨しています。

 

デザインなどが気に入っているものであれば古くても使いたいという気持ちもあるかもしれませんが、ヘルメットは命を守るために重要な物なので定期的な買い替えをしましょう。

 

使えなくなったヘルメットについてはお気に入りであればインテリアなどに使ったりすることもできますし、お店などで下取りしてもらえたりするので無駄になることはありません。

ヘルメットに使用期限があるのは何故?

ヘルメットに使用期限がある理由はすでにいくつか書いていますが、改めてまとめておきましょう。

 

使用期限があるのはヘルメットに限らず経年劣化なので性能が落ちてしまう可能性があるためです。

 

お手入れや保存環境によって使用期限も変化しますので、使用期限は買い替えの大体の目安となります。

 

SGマークについては保証期間が3年と書きましたが、3年を買い替えの目安としているメーカーも多いです。

経年劣化は使用しなくても起こってしまうものなので、こればかりはどうしようもありません。

ヘルメットの使用期限|バイクの用の寿命はどれくらい?10年前の物は大丈夫?まとめ

バイクのヘルメットの使用期限について調べてみましたがお役には立ちましたでしょうか?

 

調べた感じだと3年目安で買い替えるのがよさそうですが、3年を過ぎたからと言ってすぐにダメになるということでもないという感じでしたね。

 

バイクは車と比べると生身をさらして走行するので命を守るためにもヘルメットはとても重要なものとなります。

予算の問題や購入の手間などはありますが、出来るだけ定期的に買い替えておきましょう!

 

使用期限もそうですが、長持ちさせるためのお手入れも忘れずに。

十分な耐久力を持ったヘルメットを装着して安全にバイクを運転してくださいね♪

-賞味期限・保存方法

© 2022 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5