代用品 生活・暮らし

LEDが眩しい!減光シールの代用品はどれ?用途別の代用品まとめ

LEDの照明や電化製品の充電ランプって、かなりまぶしく感じるのですが、うちには減光シールがないので代用品を探しました!

意外と身近にあるものでなんとか減光シールの代用ができたので、その方法をまとめました~!

 

うちではパソコンの内臓ランプや、スマホの充電ランプ等がLEDなので、明かりを消してもかなりまぶしいんです。

LEDが眩しく感じる状態をそのまま我慢して放置していると、目が疲れやすくなったり、睡眠の妨げになるんですよね。

 

寝室の明かりや電化製品、車など、用途によって減光シールの代用として使えるものが変わってくるので、用途別にご紹介していきますね。

LEDの眩しさにお困りなら、ぜひ参考にしてみてください♪

【用途別】LEDの光を抑える減光シールの代用品

寝室の明かり

寝室はリラックスできる空間にしたいですよね。

特に照明は睡眠の質に深くかかわります。

快眠のためにいい寝具を選ぶことと同じくらい寝室の照明は大事なのです。

 

寝室の明かりは減光シールの代用で対応するのは難しかったので、光源を寝ている場所から離したり、光が顔に当たらないようなベッドの配置に変えました。

部屋の広さやコンセントの配置の関係で難しい場合は、パーテーションやスクリーンなどの簡易的な仕切りを置くのも効果的ですよ!

 

また、寝室に適した照明は「電球色」の夕焼けのようなオレンジ色です。

しかしメイクやクローゼットには向かない色なので、兼用スペースになっている場合は太陽光に近い昼白色の照明も必要です!

蛍光灯

蛍光灯には「ルミネカラー」というものがあります。

これは本来、蛍光灯の色を変えるためのカバーフィルムですが、中には蛍光灯の明るさを40%カットするものもあります。

 

取り付け方は、フィルムを蛍光管に巻き付けるだけなので、蛍光灯を交換する場合にも使いまわしができます。

また、蛍光灯も白、壁や机も白が多い内装だと、この「白」が目を疲れさせてしまいます。

 

インテリアを変える機会があれば、少しグレーに近い色にしてみたり、家具を白以外のものに変えるだけでも、眩しさの軽減になりますよ!

対向車のヘッドライトが眩しいと感じるのは、LEDの普及が1つの原因でもあります。

明るい場所、信号待ちの時くらいは明るさが抑えられるといいですよね!

 

そこで車のヘッドライトには、減光機能付 デイライト自動点灯ユニットというものがあります。

バッテリーとデイライトなどのLED製品の間にこのデイライトユニットを割り込ませるだけです。

ポジションやヘッドライトの配線に接続することで、ライトが点灯したときにユニットに接続したLED製品が約50%減光します。

 

ちなみに対向車のライトが眩しいと感じたときの対策方法として、サンバイザーを車に取り付けておき、眩しいときにはサンバイザーをおろせば視界を遮ることなく明るさを防げます。

 

またナイトサングラスという便利なグッズもあります!

対向車のライトの眩しさを抑えつつ、曇天時の視界は明るくしてくれる機能性の高いサングラスです。

眼鏡のうえからでも、そのままかけることができますよ^^

PC

パソコンには液晶に保護フィルムをつけることで眩しさを軽減できます。

LEDの眩しさを改善するための保護フィルムは「アンチグレアタイプ」というものです。

光が画面に映りこむのを防ぎ、画面が見やすくなります。

保護フィルムをすることで画面が見やすくなるだけでなく、画面の傷防止にもなるのでオススメです!

またパソコンだけでなく、スマートフォンにも同じような保護フィルムがあります。

家電製品

掃除機やテレビ、空気清浄機など最新の電気製品にはLEDランプが搭載されているものが多いですよね。

就寝時に部屋を暗くしても電源のライトが付いたままのものも多いですよね。

あの小さなLEDが気になるときにオススメなのは、コチラです!

 

・穴あけパンチ+プライバシーシール

プライバシーシールを穴あけパンチで穴をあけ、くり抜かれたシールを眩しいLEDランプの上に貼る。

プライバシーシールは薄くても光を約80%遮断してくれます。
明かりをもっと弱めたいときはシールを重ねて貼りましょう。

プライバシーシールではなくポストイットなどでも代用できますが、ポストイットだと約30%の光しか遮断できません。それはどLEDランプは強いので遮断性が高いプライバシーシールがオススメです!

 

・ビニールテープ

安くて、どこでも手に入り、自分の好きなサイズに切ることができます。しかしテープを剥がしたあと、ねばねばが残ってしまうのが難点です。

 

・マスキングテープ

マスキングテープの中でも最も遮光性が高いマットブラックの色は「透けない黒」というコンセプトで作られていて、和紙の風合いは残しつつ、遮光性が高くなっています。

 

マスキングテープなら必要な場所の大きさに合わせて自由に切って使えるのもメリットです。

完全に遮断したい場合は二重、三重で重ねて貼るといいでしょう。

 

長期間貼っていても粘着成分が本体に着いたりせず、きれいにはがせるのもポイントです!値段もお手頃!

LEDテープライト

部屋の間接照明や車などにも使うと、おしゃれで雰囲気を変えられるLEDテープライト。

しかしいざ購入してみると、イメージと違い眩しすぎて困る人もいると思います。

そんな時におすすめなのが、「点滅調光コントローラー」です。

このコントローラーはコンパクトなものからリモコン式のものもあり、高機能のタイプになると10%刻みの細かい調光ができます。

接続方法もDCプラグにつなげるだけなので簡単です。

眩しいLEDは減光シールや代用品でどれくらいやわらぐ?

減光シールはLEDの上に貼りつけることで輝度を下げ、眩しさを抑えてくれるアイテムです。

複数のバリエーションがある中、「LightDims」「Original Strength」は50~80%減光できます

 

シール自体は半透明になっているので重ねて貼ることで、もっと高い減光も可能です。

代用品は物によって違いますが、減光シールを使用するような小さい光は減光シールと同じくらいの減光が可能です。

 

全く光がない方がいい、あと少し明るさを抑えられたら、など用途によって違うと思いますので、ご自身が心地よい明るさに調光できるといいですね!

まとめ

LEDは明るさもあり、長く使える便利なものですが、ふとした瞬間にライトの明るさが気になることってありますよね。

今回は用途別に紹介したので、少しでもお悩み解決に役立てていただければ嬉しいです。

生活していく中でうまく光を減光、調光しながら目に優しい環境をつくっていきましょう!

-代用品, 生活・暮らし

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5