ビジネス・マナー

知らないと恥をかく! ご祝儀袋の金額は漢字でどう書くのが正解?

結婚式などのお祝いで使うご祝儀袋の書き方には、知っておくべきマナーがいくつかあります!

特に「どう書くの?」と悩むのが金額の漢字ですよね。

ご祝儀袋は渡した相手だけでなく、ご家族や親族なども目にする可能性があるので、正しい漢字を知らないと恥をかくことも!

日常生活では金額を漢字で書くことって少ないですし、「壱(一)」や「弐(二)」などふだん使わない漢字を使うため、書き方がわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、数字の漢字での書き方や、最後に「也」をつける金額、一般的なご祝儀の相場やマナーをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

金額を漢字にするときの正しい書き方

ご祝儀袋に入れた金額は、基本的には漢数字(旧字体)で書くのが一般的です。

算用数字 漢数字(現代) 漢数字(旧字体)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

※赤文字になっているものは、ご祝儀には使わない金額、使用しない漢字です。

 

これらの漢数字でご祝儀袋に金額を書くときは、
1万円 ⇒ 金壱萬圓
3万円 ⇒ 金参萬圓
のように書きます。

 

なぜわざわざ難しい旧漢字を使用するかというと、金額の書き換えによるトラブル防止のためです。

通常漢字の「一」や「二」だと、
「一万円」を「三万円」「五万円」「十万円」
「二万円」を「三万円」「四万円」「五万円」
のように書き換えることができてしまいます。

 

旧漢字の「壱」「弐」「参」「拾」なら、どれもほかの数字に書き換えることができないので、礼儀や慣習というよりも金銭トラブル防止の意味合いが強いです。

なので、もともと書き換えができない「五」「七」などは、あえて難しい旧漢字を使用する必要はありません。

ただし、「五」はまだしも、「七」は旧漢字だとパッと見てわからない人のほうが多いですし、ふつうに「七」で大丈夫ですよ。

 

ちなみに、お包みする金額は、渡す相手によって相場が異なります。

ご祝儀の相場

◆結婚式に出席しない場合:1万円
◆友人や会社の同僚の場合:3万円
◆兄弟姉妹・親族の場合:5~10万円

上記が一般的な金額の相場と言われています。

 

また、ご祝儀の場合、「奇数の金額」を包むのが一般的なマナーです。

偶数は割り切れる数字のため、夫婦の仲が分かれないようにという意味を込めて、割り切れない数字(奇数)の金額を包みます。

4や9は「死」や「苦」を連想させ、縁起が悪いため一般的にご祝儀では使わない金額です。

ご祝儀はなるべく一万円札のみで包んだ方が良いですが、やむを得ず千円札や五千円札を混ぜて使用する場合も、合計が「奇数の枚数」になるようにしましょう!

 

最近では、2万円(2=ペア)8万円(末広がりの「八」)といった、いい意味があるということで、偶数でも2万円・8万円なら良いという考えもあります。

とはいえ、「8(末広がり)」はともかく、「2(ペア)」は特に年配の方にはあまり受け入れられていないです。
親しい間柄の友人に直接渡すのでなければ、やはり避けた方が無難です。

 

また、ご祝儀で包むお金は、必ず新札を用意しましょう。
お札は向きをそろえて中袋に入れ、中袋を開いたときに、お札の表が上になるように入れるのがマナーです。

10万円など金額が大きい漢数字の書き方

10万円以上の金額を包む場合の漢数字の書き方をご紹介します。

  • 十 ⇒ 拾
  • 百 ⇒ 百
  • 千 ⇒ 阡
  • 万 ⇒ 萬
  • 円 ⇒ 圓

「10」以上の数字は上記のように書きます。

10万円を漢字で書く場合は、「金 拾萬円」となります。

ほかにも、
15万円 ⇒ 金 拾五万円
21万円 ⇒ 金 弐拾壱万円
50万円 ⇒ 金 五拾万円
100万円 ⇒ 金 壱百万円
のように書きます。

要注意! 最後に「也」をつけるのは10万円以上から

最後につける「也」は、一般的に金額が高額になる場合につけます。
ご祝儀の場合は、10万円以上を包む場合に「也」をつけます。

これまで「金 壱万円也」と書いてしまっていた人もいるかもしれませんが、マナー違反というわけではないので、ご安心くださいね。

 

そもそも金額のあとに「也」をつける理由は、昔お金に「銭」の単位を使っていた時代、円のあとに金額を書き足されないために用いられていたものです。

昔ながらの正式なマナーでは「也」をつけますが、最近では「也」をつけなくてもいいという考え方も増えてきています。

「也」をつけた方が無難ではあるので、10万円以上からつけるということだけ覚えておきましょう!

まとめ

ご祝儀に包む金額は、旧字体の漢数字で書くのが一般的です。

あらためて、よく使うご祝儀の金額の漢字はコチラです!

1万円 ⇒ 金壱萬圓
3万円 ⇒ 金参萬圓
5万円 ⇒ 金五萬圓
7万円 ⇒ 金七萬圓
8万円 ⇒ 金八萬圓
10万円 ⇒ 金拾萬圓也

 

ご祝儀袋は、渡した相手だけでなく、ご家族や親族も目にする場合があります。

特に会社の上司や目上の方に渡す場合、ご祝儀袋の書き方を間違えてしまうと恥ずかしいですし、一般常識がないと思われてしまうかもしれません。

 

ご祝儀はおめでたいものですので、正しい金額の書き方を知って、お祝いの気持ちを伝えましょう!

-ビジネス・マナー

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5