ビジネス・マナー

知らないと恥をかく! ご祝儀袋の金額は漢字でどう書くのが正解?

投稿日:

結婚式のお祝いで使うご祝儀袋。
知っておきたいマナーがたくさんあります。
特に金額の漢字!
普段書くことがないので、書き方が分からないという人も多いかもしれませんね。

どう書けばいいのか、書き方や理由を見てみましょう。

金額を漢字にするときの正しい書き方

基本的には漢数字で書くのが一般的。
旧漢字がよいとされていますが、1→一や5→五のように略式でもかまいません。
旧字体での書く場合はこんな感じです。

1→壱
2→弐
3→参
5→五または伍
7→七
8→八
10→拾
百→百
万→萬
円→圓
金額の書き方は
1万円→金壱萬圓
3万円→金参萬圓
のように書きます。

ご祝儀は包む金額にもマナーがあります!

基本的には「奇数」 の金額がいいとされています。
理由は、夫婦の仲が分かれないようにという意味で割り切れない数字の奇数を選びます。

もしも、一万円札ではなく千円札や五千円札を混ぜて使用する場合も、奇数枚数にするよ
うにしましょう。
また、4や9は「死」や「苦」を連想させ、縁起が悪いので一般的にご祝儀では使わない金
額です。
金額もいくら包めばいいのか悩みますよね。

相場は
結婚式に出席しない場合の相場 1万円
友人や会社の同僚の場合 3万円
兄弟姉妹、親族の場合の 5-10万円
が一般的な金額の相場と言われています。
なぜ旧漢字がいいとされているかは、トラブル防止の為だそうです。
略式漢字だと
「一万円」を「三万円」「五万円」「十万円」
「二万円」を「三万円」「四万円」「五万円」
のように書き換えられてしまうことが可能。

その点、旧字体で書けば
「壱万円」「弐万円」「参万円」「拾万円」
どれも書き換えられませんよね。
旧字体を使うのは、礼儀や慣習の意味あいよりも、金額を誤魔化されてトラブルが起こら
ない為に推奨されているようです。

10万円など金額が大きい漢数字の書き方

十→拾
百→百
千→阡
万→萬
のように書きます。

つまり
10万円→金 拾萬円
と書きます。
他にも例えば
15万円 → 金 拾五万円
21万円 → 金 弐拾壱万円
50万円 → 金 五拾万円
100万円 → 金 壱百万円
のように書きます。

要注意! 最後に「也」を付けるのは〇〇円以上から

「也」を付けるのは10万円以上から!
金額が高額になる場合に付けます。
金額のあとに也をつける理由は、銭の単位を使っていた時代、円のあとに金額を書き足さ
れないために用いられました。
昔ながらの正式なマナーは「也」を付けるようです。
なので、最近では「也」を付けなくてもいいという考え方も多いようです。
「也」を付ける分には問題ないので、10万円以上から付けるということだけ覚えておきま
しょう!
包むお金は必ず新札を用意すること。
また、お札は向きをそろえて中袋に入れます。
中袋を開いたときに、お札の表が上になるように入れるのごマナーです。

いかがでしたか?
ご祝儀袋の書き方間違えてしまうと恥ずかしいですよね。

-ビジネス・マナー

Copyright© 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.