違い・比較

景品と賞品にはどんな違いがある?特典・粗品・ノベルティとの違いもまとめて解説!

 

「景品」と「賞品」の違いってなんだろう?? とちょっと気になったので、調べてみました~!

 

テレビや雑誌、ネットなんかでも「今、応募すると豪華な景品が当たる!」とか「この大会の優勝賞品は~!」など、なにかもらえるらしいことはわかるんですが、景品と賞品はどう違うのか、使い分けするものなのか気になってたんですよね。

 

調べてみると、意外と明確な違いがありました!

景品と賞品のほかにも、特典・粗品・ノベルティ・プレミアムなど、なにが違うのかいまいちわからないものもついでに調べたので、これを読めばバッチリ違いがわかりますよ♪

景品と賞品にはどんな違いがある?

景品とはご自身で手に入れた商品と一緒についてくる品物です。
簡単に言いますと「おまけ」のことです。

例えば、ペットボトルについているハンカチやボトルカバーなどがあります。

お菓子に付いているシールやカード、フギュアなど、特に子供の頃はお目当てのものが当たると目をまん丸くして喜んだものです(∂∀∂)♪

 

賞品とはいい成績を出した時や頑張った人などに贈られる品物です。
簡単に言いますと「ご褒美」の事になります。

これが品物ではなくお金になると「賞金」になる訳です。
スポーツ大会で優勝、コンクールで金賞を獲った!などなど。

 

皆さんは何か「賞」を頂いた事はありましたか?
私は小学生の頃、写生大会で書いた絵が路線バス車内に貼られ、ちょっと恥ずかしかった思い出があります(どんだけ田舎なのよ)

景品と賞品・特典・粗品・ノベルティ・プレミアムとの違いは?

景品と賞品の違いをお伝えしたところで、その他にも実に様々な呼び方があります。

「特典」「粗品」「ノベルティ」「プレミアム」それぞれ簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

 

特典

特別に与えられる品物あるいは権利のことです。
この言葉は日常でよく目にしたり聞かれる言葉で思わず(どんな特典かしら)期待してしまいます。

例えば・・「会員様限定で只今、○○進呈中♪」や」「入会者様のみ今なら30%オフ♪」などが挙げられます。

 

粗品

他者に贈る品物を謙遜(控えめに発言)した用語になります。

「あなた様にこの様な粗末な物を差し上げるのは誠に恐縮なのですが」の意味になります。

挨拶の後に「つまらないものですが」と一言添えてお土産や贈り物を渡す風習がありますね。

 

ノベルティ

無料で送られる記念品の事です。

粗品もノベルティも「他者に贈る」という意味ではほぼ同じです。ノベルティは企業用語になります。

例えば企業の名前の入ったボールペンやタオルなど頂いたことありませんか?
企業にとってはお礼と宣伝の意味も込めて贈られる事が多いです。

 

プレミアム

商品を買って頂いた、あるいはサービスを利用して頂いた方に対して更に品物をつける事です。

通販番組で「今回こちらを購入頂いた方は更に同じものをもう一つお付け致します!」この一言で思わず受話器や携帯電話片手にしたなんて事も。

抽選会の場合は「景品」と「賞品」どっちが正しい?

抽選会の場合はズバリ「景品」が正しいです!

「景品」は賞品と違い名誉や権利、頑張るなどに関わらず贈られるものです。対し「賞品」は頑張った、努力した証として贈られるものです。

なので抽選会は「景品」という言葉が正しいことになります。

抽選会といえば、いつの年代になってもあのドキドキ・ワクワク感は変わらないですよね。

「どうせ当たらないだろう..」と思いながらもなぜか期待してしまいます。

景品と賞品にはどんな違いがある?特典・粗品・ノベルティとの違いもまとめて解説!まとめ

今回は景品と賞品の違いや似た言葉の解説も併せてお伝えいたしました。

贈る、贈られる、その時々で意味が変わってきます。

いずれにしても思わず頂いた物や大切な方から贈られた時は嬉しく、心がほっこりしますよね。

頑張っている自分へのご褒美に「賞品」を贈ってみてはいかがでしょうか♪

 

-違い・比較

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5