レジャー・アウトドア

子供と海遊びするときの準備は?持っていけばよかった便利グッズ5つ

夏の定番レジャー海遊び!

水につかりながら遊ぶことが出来る海遊びは日本の暑い夏にはぴったりのレジャーです。友人や家族とともに海遊びをする人も多いですが、大人だけではなく子供も一緒に連れていく場合もあるでしょう。

そこで今回は、そんな楽しい海遊びにお子さんを連れていく場合に役立つアイテムについて調べてまとめてみましょう!

 

子供と海遊びするときの準備は?

海遊び便利グッズをご紹介する前にお子さんと海遊びに出掛ける際に必要な基本的な準備についてまとめておきましょう!

 

・水着

海遊びの必需品で、絶対に忘れてはいけない物です。

日差しや砂浜の暑さを考えると露出の少ないもののほうがおススメ

 

・サンダル類

砂浜の暑さやケガを防ぐためにもサンダルなども忘れずに持っていきましょう!

個人的には足全体を覆うマリンシューズ系がおススメです。

 

 

・着替えやタオル類

こちらも必需品の1つですが、お子さんは洋服をすぐに汚してしまうので着替え類(下着や靴下なども含む)やタオル類は多めに持って行った方が良いでしょう。

 

・飲料水

熱中症予防にスポーツドリンクなどを持って行っておきましょう。

特にお子さんは遊びに夢中になって水分補給を忘れてしまうこともあるかもしれませんので、こまめに飲ませてあげてくださいね!

 

・救急セット

お子さんはケガをしやすいです。こけたり打ったりしたときにすぐに消毒やばんそうこうを貼るなどの処置ができるようにしましょう!

 

・日よけ類
帽子やテント、日傘、パラソル、日焼け止めなど日よけをするための道具も忘れずに持っていきましょう!ただし、場所によってはパラソルやテントが使用できない場合もあるので要注意です。

熱中症対策や日焼け対策のためにもぜひ持って行ってください。

 

・貴重品類

お金や保険証などの貴重品もしっかりと持っておきましょう。

忘れ物をして現地で何か購入しなければならなくなったときや、お子さんが熱中症になったりしたときなどに必要になります。

 

・ゴミ袋類

着替えや水着、ゴミなどもろもろを入れるためのビニール袋も持っていきましょう。

こちらも多めに持って行った方がいいかもしれません。

 

・ウェットティッシュなどの衛生用品

海遊びに限らずお外でのレジャーでは汚れたりすることが多いです。また、場所によってはすぐに手を洗ったりすることもできないこともあります。そのためウェットティッシュなども持って行っておきましょう。

また、お子さんが敏感肌の場合はノンアルコールタイプなどにすることをお勧めします。

 

・レジャーシート

砂浜の暑さから身を守ったり、カバンなどを汚さないようにするためにも必需品と言えます。

パラソルやテントなどと組み合わせると、とても快適です。

 

・その他

そのほかお子さんの年齢によって必要なものなどは変化しますので、それぞれ忘れずに持って行っておきましょう。

 

大人だけで行く時よりも基本的に念のためを意識して持って行っておくと安心です!

子供と海遊びするときに持っていけばよかった便利グッズ5つ

基本的な準備についてご紹介しましたが、次に必ず必要というわけではないが役に立つ、持って行かなかったときに持って行っておいた方が良かったかな?となるような便利グッズをご紹介します!

 

・クーラーボックス

近くにコンビニや自販機がある場合はあまり必要ないなんて思ってしまうクーラーボックス。保冷剤などを多めに持って行っておけば体が熱くなったときや、熱中症になったときなどにも役立つアイテムなんですよ!

また四角い形の物限定ですが、簡易テーブルとしても使えるので、色々と便利です。

 

・ハンディ扇風機

うちわを持ってきたけど全然涼しくならない、疲れる…なんて経験をしたことはありませんか?

そんな時には電動式のハンディ扇風機が圧倒的にオススメ!

一見小さいしあまりあっても意味がなさそうに思えるでしょうが、サイズにもよりますが想像よりもなかなかパワフルな性能なんですよ。

100円ショップでも購入可能ですし、保冷剤などと組み合わせれば涼しい風を屋外で浴びることが出来ます!

 

 

・スマートフォン用防水ケース

お子さんの暇つぶしにスマホを活用なさっているご家庭も多いでしょう。しかし、海辺でスマホを子供に預けるとうっかり海や砂浜に落としてダメにしたり、なんてことも起こりえます。

スマホが壊れて公開する前にぜひスマホ用の防水ケースを活用してみてください。

汚れなどを気にせず持ち運べるので、お子さんが使わない時も安心して持ち歩くくことが出来ます。

 

 

・子供用ライフジャケット

どんなに気を付けてみていてもフラットどこかへ行ってしまうのが子供です。

大人にとって浅瀬のなんでもないところでもお子さんにとってはとても深い場所だったりなんてことも。

お子さんの安全性を考えるなら身に着用することが出来るライフジャケットが最適です

 

・砂遊び道具

道具なしでも砂遊びを楽しむことはできますが、道具があったほうが幅広い遊び方ができるのでお子さんも楽しめるのではないでしょうか?

また、海遊び以外でも公園の砂場などでも使えるので、無駄になりません。

 

他にも便利なグッズはまだまだあるので、ぜひ活用してみてください!

子供と海遊びは何歳からOK?

ここまでいろいろと便利グッズなどについて書いてきましたが、そもそもの話いったい何才から海遊びをすることが出来るのでしょうか?

 

最低は7か月ぐらいから

基本的に何歳からという決まりはないですが、お座りができるくらいからが推奨されています。

ただし、海水を浴びるのはまだ全然無理な状況ですので、連れて行ってもあまり意味がないように思います。

特に近年は気温が高く熱中症の可能性もあるので、夏場の海遊びには連れて行かないほうがおススメです。

 

水に触れるのは1歳以降

水に触れるのはそこからさらに数か月後ぐらい、1歳から2歳の間くらいという意見が多かったです。ただがっつり海水で遊ぶことは非推奨でした。

 

2歳以降

2歳以降からなら本格的に海遊びができるようになる子が出てくるようですが、個人差があるので保護者の方がお子さんの状態をよく見て判断してください

まとめ

今回はお子さん連れの海遊びについて調べてまとめてみました。

お子さんが一緒の場合は、大人だけの海遊びよりも準備や心構えが大変になるかもしれません。

 

今回調べたものもまだ一部にすぎませんし、お子さんが海遊びできる年齢も結局は保護者の方が判断するしかありません。

ですが、備えあれば憂いなし!なので様々な便利グッズを活用して楽しくラクにお子さんたちとの海水浴を楽しんでくださいね!

-レジャー・アウトドア

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5