生活・暮らし 違い・比較

0001softbankと0002softbankの違いってなに?誰でもわかるカンタン解説!

0001Softbank0002Softbankって何が違うんだ?と、ソフトバンクユーザーの方なら疑問に思う人は少なくないと思います。

 

私もソフトバンクユーザーで、「0001Softbank」と「0002Softbank」の違いがいまいちよくわからなかったので、調べてみました~。

 

どちらもSoftbankが提供するWi-Fiなんですが、無料と有料などいくつか違いがありました!

無料のほうはSoftbankユーザーなら誰でも使えますが、自由に利用できるフリーWi-Fiを使う場合は、セキュリティに注意しなければなりません。

 

そこで、SoftbankのWi-Fiスポット、「0001Softbank」と「0002Softbank」の違いと、使うときの注意点についてご紹介します!

0001softbankと0002softbankの違いはなに?

「0001Softbank」と「0002Softbank」とは、いずれもSoftbankが提供しているソフトバンクWi-Fiスポットのネットワーク名です。

ソフトバンクモバイルのパケット定額プラン「データ定額パック」を契約すると、無料でソフトバンクのWi-Fiを使用することができます!

 

ソフトバンクのiPhoneやスマホを所持しているとき、ソフトバンクのWi-Fiスポットに行けば、設定なしで自動的にWi-Fiに繋がるようになっています♪

Wi-Fiスポットは、CMでもおなじみのあの白くて可愛いお父さん犬のマークが目印です。

 

スマホのデータ通信量は毎月限られてるので、出先で無料のWi-Fiを利用できるのはうれしいですよね!

ただ、Wi-Fiスポットの「0001Softbank」と「0002Softbank」には、明確な違いがあるので、使うときには注意が必要です。

 

違いを簡単に説明すると、この2つのネットワークの違いとは……

★0001Softbank ⇒『暗号化されていない
★0002Softbank ⇒『暗号化されている』 

という点です!

 

『暗号化』は、セキュリティに関わる部分です。

暗号化とはなにかというと、私たちが閲覧しているネットワーク情報を、他人に知られないように通信の内容を暗号化して、情報を盗み見られることを防ぐセキュリティ機能です。

 

暗号化されていない0001SoftbankのWi-Fiに繋いでインターネットで閲覧した情報は、パソコンやネットに詳しい人の手にかかれば、いとも簡単に個人情報が盗み見られてしまいます!

 

一方、暗号化されている0002Softbankは、ソフトバンクモバイルが提供している有料Wi-Fiです。

暗号化によってセキュリティが守られているので、インターネットに接続した際の情報を、第3者に盗み見られることはありません♪

 

0002のほうは有料といっても、ソフトバンクのパケット定額プランを契約しているソフトバンクユーザーなら、すでにプランの中に料金が含まれているので、追加料金等は不要で自由に使用することができますよ。

 

 

ソフトバンクに限らず、街のいたるところで使える無料のWi-Fiは、そのスポット内に入れば誰でも自由に接続して利用できるサービスです。

そして公共の無料Wi-Fiは、暗号化されているものといないものがあります。

 

見分け方はカンタンで、Wi-Fiを繋ぐとき、スマホの画面にいくつかネットワーク名が出てくると思いますが、Wi-Fiマークの隣に南京錠🔒のマークが付いているかをチェックしましょう!

鍵マークがついているネットワーク回線は、暗号化されています。

 

高度な技術をもつ悪質なクラッカーは、有名なWi-Fiスポットとまったく同じまたはよく似た名称のネットワークを作ることが可能です。

しっかり確認せず、企業のWi-Fiと勘違いして接続してしまうと、クレジットカード情報や個人情報を抜き取られる危険性があります!

 

楽天やAmazon、Yahoo! JAPANや銀行などを名乗るフィッシングメールと同じで、巧妙に本物に似せているので、出先のWi-Fiを使用するときは注意が必要です。

 

南京錠のマークが付いていれば通信内容が暗号化されますが、付いていないものは暗号化がされませんので、Wi-Fiを繋ぐ前にしっかり南京錠🔒のマークの有無を確かめるようにしてくださいね!

 

0001Softbankと0002Softbankの違いについて、どちらもフリーWi-Fiであるものの、その大きな違いはセキュリティ面での安全性の有無になります。

0001softbankと0002softbankを利用するときの注意点

通信内容が暗号化されない0001Softbankを利用することは、正直、あまりオススメできないのですが、利用するときの注意点は2つです。

  • ネットショッピング等を行わない
  • お店の会員登録やサイトへのログインは行わない

 

0001Softbankなど、暗号化されていないWi-Fiスポットの利用は、どのサイトにアクセスしていたか、などの閲覧履歴も知られてしまう危険性がありますので、個人情報や支払いなどの重要なやり取りは行わないようにしましょう!

 

暗号化されている0002Softbankは有料Wi-Fiですが、安全に利用することができるサービスです。

カフェやファミレスなどの飲食店のほか、公共施設などで利用できる場所も非常に多いですよね~。

 

Softbankは、携帯電話の大手キャリア3社(docomo、au、Softbank)の中で、群を抜いてもっともWi-Fiスポットの設置場所が多いんです!

「家にWi-Fiを設置していない」「外出先でネットに接続する機械が多い」場合は、セキュリティ面でも安心の0002Softbankがオススメです。

 

具体的な設置店舗やスポットは、SoftbankのサイトでWi-Fiスポットの検索ができるので、お住まいのエリアのスポットは↓↓こちらで探してみてください♪

ソフトバンクWi-Fiスポット(検索結果一覧) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

 

ちなみに0002Softbankは、使う上での注意点は特にないものの、通信速度が遅くなったり、繋がりにくくなってしまうことがたまにあります。

 

これは、Wi-Fiを設置しているお店が固定回線ではなく、モバイル回線を受信するルーターを設置し、Wi-Fiを飛ばしていることが要因と考えられます。

固定回線を導入していれば、通信状態は常時安定しているので、速度も安定的です。

 

とはいえ、初期費用を抑えるには、モバイル回線をもとに発信するほうが安く済みます。

無料でWi-Fiサービスを提供するために、ルーターを使った方式でWi-Fiスポットを設置しているお店は多いです。

 

モバイル回線を通してWi-Fiを発信すると、基地局から発信される電波の状況に通信速度が左右されることがあるため、速度が遅い、繋がらない等の可能性が発生します。

 

家の中で家族のみが使用する固定回線のWi-Fiと違い、0002Softbankは街中のソフトバンクユーザーである多くの人が利用するため、多少の繋がりにくさは仕方がないのかもしれません。

0001softbankと0002softbankの違いってなに?誰でもわかるカンタン解説!まとめ

0001Softbankと0002Softbankは、ソフトバンクが提供しているフリーWi-Fiスポットで、違いは暗号化の有無でした。

 

通信容量を抑えるために、普段から街中やお店のあちこちで見かけるようになった公衆無線LANサービスを利用している方も多いと思います。

 

誰もが気軽に利用できる便利な公衆無線LANサービスですが、正しい知識を持って利用しなければあなたの大切な個人情報が、悪質な第3者へダダ洩れになってしまう危険性が...( ;∀;)

 

外出先でのWi-Fiの接続には十分注意を払い、セキュリティの整った0002Softbankを利用するようにしましょう!

 

また、docomo、auのユーザーの方であっても、Softbank同様にユーザー限定に提供している有料Wi-Fiがあります。

 

鍵付き🔒の暗号化であることを事前にしっかり確認し、正しく安全にWi-Fiスポットを利用することで、バッチリセキュリティ対策をしてお得に利用してくださいね♪

-生活・暮らし, 違い・比較

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5