お掃除テク 生活・暮らし

食用油の捨て方は?未使用や大量にあるときそのまま捨てるのはNG!

食用油の捨て方って地味に悩む……。

うちは二人暮らしなのと、自宅で揚げ物もめったにしないので、1リットルの食用油を使い切るのに半年以上かかることも少なくないです( ;∀;)

 

今、わたしの家には賞味期限を何年か過ぎた、大量の食用油(未使用・使用済み両方)があるので、腹をくくって油の適切な捨て方を調べました!

食用油の捨て方にお悩みの同士(笑)のお役に立てるよう、正しい処分方法をバッチリまとめたので、ぜひ参考にしてください✨

食用油の適切な捨て方は?

それではさっそく食用油の捨て方について、油の状態ごとにお伝えしていきます!

未使用の食用油の捨て方

お中元などで誰かからもらったりした食用油の存在をうっかり忘れてしまって気が付いたら賞味期限が過ぎていた、なんて経験をしたことがある人も居るかもしれません。

 

食用油の使用前後で油の捨て方を変えたほうが良いのでしょうか?

答えはNOです!

食用油は使用前でも使用後でも同じ方法で処分してかまいません!

液状の食用油の捨て方

食用油を処分するときは、流しやトイレなどに直接流すのは厳禁です!

新聞やキッチンペーパー、布など何かしらに染み込ませてから燃えるごみとして処分しましょう。

 

方法の1つとして、ジュースや牛乳などの紙パックやビニールの袋といった容器に新聞やキッチンペーパー、布といった油を染み込ませる物を入れ、油を注いだ後に漏れないようしっかりと封をして燃えるゴミとして捨てます。

 

また油を捨てるためのスポンジのようなものも売っていますが、こちらを使う場合も油を吸ったものを袋に入れてから処分します。

この際の注意点としては、水を混ぜて染み込ませておくことです。
目的としては自然発火を抑える効果があります。

固めた状態の食用油の捨て方

食用油を固形にしてくれる薬品をスーパーなどで購入することができます。

商品によって仕様が違うのですが、基本的に油用凝固剤は熱した油に薬品を溶かすことで固めることが可能です。

なお、固めた油はしっかりと冷めたのを確かめてから捨ててくださいね。

固めるために熱した油は熱くし過ぎないように注意しましょう!

 

それぞれの状態の油の処分方法について説明しましたが、食用油の捨て方は自治体によって異なります。

それぞれ地域の食用油の処分方法を確認し手することをオススメします。

市販の食用油用凝固剤などを使用する場合も説明書をしっかりと読み込んでおきましょう!

食用油が大量にあるときの捨て方は?

未開封のまま賞味期限を切らしたものや天ぷらなどの油を大量に使う料理をした時など、大量の油を処分しなければいけない時はどうしたらよいのでしょうか?

 

牛乳やジュースなどの紙パックを使って処分する

牛乳パックで処分する方法をご紹介しましたが、牛乳パックはもともと1リットルほどの液体を入れている容器なので、破れたりしてしまう可能性のある袋よりも多少多めの油も捨てることができます。

ただし、油の量が多すぎたりテープなどの密封が不完全だった場合などは、油が漏れ出る可能性があるので注意しましょう!

 

凝固剤を使って処分する

商品によって違いがありますが、食用の油用凝固剤は一袋に入っている薬品で結構多くの油を固めることができます。

(例・固めるテンプル1袋で600mlを固めることができる:https://item.rakuten.co.jp/at-life/4901609206083/)

そのため多めの油でも使用することが可能です。
1袋の対応以上の油であっても手間はかかりますが、回数を分けて固めれば処分できます

 

業者などに回収してもらう

食用油の回収を行っている業者やお店などがある場合はそちらに回収してもらうのも良いでしょう。

ただし、すべての地域でそういった業者があるわけではないので、よほど大量に処分しなければならない場合以外は上記2つの方法がおすすめです。

食用油をそのまま捨てるのはNG!その理由は?

ここまで食用油の捨て方について説明してきましたが、そもそもなぜ油はそのまま流しに捨ててはいけないのでしょうか?

簡単にまとめていきたいと思います!

 

環境が汚染されてしまう
食用の油が川や海に流れてしまった場合、自然環境に影響を与えます。

川や海が汚染されれば、そこに住む魚などの生き物たちに影響が出てしまうでしょう。

 

排水管が詰まってしまう
油をそのまま流すと排水管などのつまりの原因になってしまいます。

最悪の場合は業者などを呼んで洗浄などをしてもらわなくてはならなくなり大変です。

まとめ

食用油の捨て方についてまとめてみましたが、お役には立ちましたか?
最後に簡単にまとめておきますね♪

 

  • 油は使用前でも後でも処分の仕方は変わらない
  • 液状の油は袋や牛乳やジュースなどの紙パックに新聞や布などを入れに染み込ませて捨てる
  • 凝固剤で固めた油は熱を冷ましてから捨てる
  • 大量にある場合はジュースや牛乳などの紙パックを使うか固めて処分、または油の回収をしている業者などを利用する
  • 流しなどに流してしまった油は自然環境を汚してしまったり、排水管などの詰まりの原因になってしまう

-お掃除テク, 生活・暮らし

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5