お料理・レシピ 賞味期限・保存方法

手作りサンドイッチの賞味期限は作ってからいつまで?具材別の日持ちと保存方法は?

手作りサンドイッチの賞味期限

手作りサンドイッチの賞味期限って、実はとっても短いって知ってますか?

コンビニで売っているものは、賞味期限まで1日~1日半ほどありますが、手作りサンドイッチの賞味期限は、基本的に作ったその日(なるべく早め)になります!

 

サンドイッチは好みの具でお手軽に作れますし、お弁当やおもてなし料理、ランチなどいろいろな場面で活躍しますよね。

作ってすぐに食べるならいいのですが、野菜やたまごなど傷みやすい食材が多いので、お弁当にする場合は注意が必要です!

 

手作りサンドイッチの具材ごとの賞味期限や、日持ちさせるポイント・保存方法などを紹介していきます!

手作りサンドイッチの賞味期限は具によって変わる!

手作りサンドイッチの賞味期限

手作りサンドイッチは冷蔵庫で保存することで、作ってから数時間~1日程度は日持ちします。

挟む食材によって日持ちが変わってきますが、冷蔵保存は絶対です!

常温では保存できませんので、これからご紹介する賞味期限は、すべて冷蔵で保存する場合です。

手作りサンドイッチの賞味期限:具材別の日持ち一覧表

手作りサンドイッチで定番の具材の賞味期限はコチラです!

  • 生野菜:2~3時間
  • たまご:1日
  • ハム・ツナ・カツ:半日~1日半
  • ジャム・フルーツ:1日~3日

いずれも、作ってから冷蔵保存した場合の賞味期限の目安です。

 

どの具材のサンドイッチも、お弁当として学校や職場、行楽地などに持っていく場合は、保冷バッグに保冷剤を入れて、日が当たらないように保存しましょう!

 

それでは、それぞれの具材の賞味期限について、詳しく説明していきますね。

手作りサンドイッチの賞味期限:生野菜(キュウリ・レタス・トマト等)

・作ってから2~3時間程度

生野菜は暑い夏場はもちろん、涼しい時期もなるべく避けたい具材です。

水気が多いと雑菌が繁殖しやすいため、レタスやきゅうり、トマトなど水分を多く含む野菜は特に傷みやすいんです。

 

野菜はどんなに丁寧に洗っても表面の雑菌が取り切れないので、作り置きするには向かない食材です。

生野菜から絶対に取り除くことができない雑菌がブワッと一気に増殖するまで、約2時間です。

それ以上時間がたってしまったサンドイッチを食べると、お腹を壊してしまう可能性があります。

 

なぜコンビニで売られている生野菜のサンドイッチ大丈夫なのかというと、徹底的に生野菜を洗浄や消毒をされていて、家庭の生野菜とは雑菌の量が違うからなのです。

とはいってもレタスたっぷりのサンドイッチはおいしいですよね。
具材として入れる場合は作ってからすぐ食べてくださいね!

手作りサンドイッチの賞味期限:たまご

・作ってから1日(なるべく早め)

たまごをサンドイッチの具に使う場合は、基本的には加熱するので、冷蔵庫の保存で1日程度はもちます。

 

サンドイッチの具材でたまごを使うときは、半熟たまごは避けましょう!
どうしても半熟たまごにしたい場合は、作ってから2~3時間以内に食べるようにしてください。

固ゆでになるまでしっかりと茹で、中身が少しでも半生になっていると、雑菌が繁殖しやすく傷みが早いので注意です。

 

また、マヨネーズは酢と塩が多く使われていて雑菌が繁殖しにくいため、たまごはマヨネーズと混ぜることで傷みにくくなります。

 

厚焼きたまごのサンドイッチも、しっかり火を通して調理したものは、1日程度日持ちします。

手作りサンドイッチの賞味期限:ハム・ツナ・カツサンド

・作ってから1日(なるべく早め)

ハムは加工品なので、日持ちしそうなイメージですが、生ものなのでやっぱり賞味期限は短いです。

ハムを生のままサンドイッチの具材にする場合は、賞味期限は半日程度です(生野菜なし、ハムのみ)。

すこしでも日持ちさせたいなら、フライパンで焼いて火を通したり、ハムカツなどにすると1日程度は持ちます。

 

ツナもマヨネーズと和えることで、1日程度は日持ちします。

 

カツなどの揚げ物系は、作ってから1日~1日半程度、日持ちします。

ただし、時間が経つほどカツの衣がしんなりしますし、お肉も硬くなって風味が落ちるので、できるだけ早めに食べるようにしましょう!

手作りサンドイッチの賞味期限:ジャム・フルーツ(生)

・作ってから半日~3日(なるべく早め)

ジャムは糖分が多く、菌が繁殖しづらいので、ジャムのサンドイッチは1~2日程度は日持ちします。

ただし、手作りジャムやフルーツが入っているものは日持ちしないため、作ってから早めに食べきってください。

 

フルーツサンドはデザートにもピッタリで、とっても美味しいですよね~!
私も大好きです!

しかし! 生のフルーツは果汁が多く、水分は雑菌の繁殖に繋がります。

生のフルーツを使ってサンドイッチを作る場合は、生野菜と同じく、作ってから2~3時間で食べきりましょう!

 

缶詰の果物であれば、キッチンペーパーなどでシロップをしっかり切って、フルーツが空気に触れないように生クリームでコーティングします。

パン⇒生クリーム⇒フルーツ⇒生クリーム⇒パンの順でサンドし、空気が入らないようにラップでしっかり包んで保存すると、1日程度は日持ちします。

フルーツサンドは冷凍もできるので、冷凍保存だと2日くらいは持ちますよ♪

手作りサンドイッチは前日に作っても大丈夫?日持ちさせるポイントは?

サンドイッチをお弁当に持っていこうとすると意外と手間のかかるので朝作るのは大変ですよね。

前の日に作っておきたいけど、衛生的な面で作り置きは大丈夫なのか気になるところです。

前日に作っておくなら、マヨネーズの抗菌効果を利用して、水分があまり出ない具材を使うこと!

  • ゆで卵で作ったたまごサンド
  • ハムやスライスチーズ
  • ツナマヨネーズ
  • 茹で野菜(ブロッコリーやアスパラなど)
  • トンカツやハムカツ
  • 魚フライ

どれもマヨネーズの相性もよく、すでに加熱してあり水分が出にくい具材です。

またサンドイッチは作り方や保存の仕方でも傷みやすさが変わります。

 

日持ちさせるポイント

  • お弁当箱やケースはよく洗い、しっかり乾かしてから使うこと
  • 具材はできるだけ加熱すること
  • 加熱したら、冷ましてから挟むこと
  • できるだけ具材を直接手で触らないようにすること
  • マヨネーズにからしを混ぜる
  • パンの水分が飛んでカサカサにならないように、1つずつラップで包む

 

サンドイッチに塗るのはマーガリンやバターではなく、マヨネーズがオススメです!
たまごサンドやツナサンドにもマヨネーズをたっぷり使いましょう!

 

さらにマヨネーズに殺菌効果のあるカラシを混ぜることでより傷みにくくなります
パンの表面に塗ると、油や水分でパンがべちゃべちゃになるのを防ぎます。
からしマヨネーズを具材と絡めても美味しく食べられますよ^^

 

ただし、マヨネーズの殺菌効果にも限度があります。

どうしても具材からでる水分でマヨネーズが薄まってしまうのです。入れたら絶対腐らないわけではありません。

またマヨネーズは0度以下の温度になると油が分離してしまいます。

 

分離したら抗菌パワーはなくなってしまうので、前日に作り置きしたマヨネーズ入りのサンドイッチを冷凍で凍らせるのは避けてください

作り置きするなら冷蔵庫で冷気が直に当たらないところで保存しましょう。

手作りサンドイッチの保存方法

サンドイッチは作ったら基本は冷蔵保存してください。
1つ1つラップに包めばパンの乾燥も防げます!

 

生野菜が入っていなければ、気温が15度以下の日なら半日程度、常温も可能ですが、時間がたつと具材から油や水分が出るので美味しさは失われる可能性があります。

 

またジャムサンドやフルーツサンドであれば冷凍保存もできます。

フルーツサンドの生クリームは冷凍してから食べると、ひんやりして、美味しい食感になります!

 

水分の多い野菜やスクランブルエッグなどの具材が入ったサンドイッチは冷凍保存は避けましょう。

手作りサンドイッチのお弁当・持ち運びするときの注意点

サンドイッチはお弁当として持っていくことも多いですよね。
すぐに食べるならいいのですが、持ち運びする場合はいくつか気を付ける点があります。

 

冷蔵庫のない場所や屋外へ持っていくなら日の当たらない、日陰の涼しい場所に置きましょう。

保冷剤と一緒に保冷バッグやクーラーボックスで保存するのが1番です!

もしくは凍らせたペットボトルを一緒に入れておくことも、保冷効果がかなりあるのでオススメです!

 

また密閉型のお弁当箱だと通気性がないので湿気がこもりがちになってしまいます。
サンドイッチ用の籠タイプやわっぱなどに詰めるのもいいですよ!

まとめ

野菜たっぷりのサンドイッチは見た目もよく、美味しいですが、基本的にサンドイッチは日持ちが短いです。

マヨネーズを利用したり、入れる具材や作るときに一工夫しながら、安心安全に美味しいサンドイッチをいただきましょう。

 

特にお弁当として持っていくときは暑い場所や湿気の多い場所を避けて、正しく保存し、できるだけ早く食べましょう!

 

自宅で食べるときには野菜たっぷりのサンドイッチ、お弁当として持っていくときは比較的長持ちする、ジャムサンドやマヨネーズを具材に絡めて作ったサンドイッチなどと、その時の場面によって変えて作るもオススメです!

-お料理・レシピ, 賞味期限・保存方法

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5