100均アイテム お料理・レシピ

オーブンの天板の代用で牛乳パックは使える?牛乳パックで代用する使い方と注意点

久々にオーブンを使ってお菓子を作ろうと思った時、レシピの工程の欄に『天板にクッキングシートを敷いて…』という文言を目にして、あれ、天板なんてどこに置いたかな?なんて思ったことありませんか?

 

普段、電子レンジの温め機能はよく使うけど、オーブン機能はめったに使わないという方は、購入した際に天板をどこかにしまって行方知れずになっているなんてこともあるかもしれません。

 

また、ターンテーブルで回るタイプのオーブンレンジなど元々天板が付いていない機種もあります。

そんな時、身近にある牛乳パックを天板の代用に使うことはできるのでしょうか。

 

紙パックだから燃える?体に害はない?ちゃんと焼ける?

などなど様々な不安がよぎると思います。

そこで今回は、オーブンの天板の代用に牛乳パックを使う時の方法や注意点についてまとめていきたいと思います!

オーブンの天板の代用で牛乳パックは使える?

そもそも牛乳パックを天板の代用として、オーブンで使用しても大丈夫なのか?

結論から言いますと、使用の仕方にさえ注意すれば代用可能です!!

 

ただし、ご存じの通り牛乳パックとは牛乳を保存するために作られた製品ですので、オーブンを使用することを前提として作られている調理器具ではありません。

 

代用する時は自己責任となりますので、これからご紹介する注意点をよく頭に入れて使うようにしましょう。

オーブンの天板の代用での牛乳パックの使い方と注意点

まず、牛乳パックを天板の代用として使用する方法は以下の通りになります。

 

  1. 牛乳パックの中をきれいに洗ってよく乾かす
  2. 乾いたパックを開いて、ご自身のお家でお使いのオーブンの大きさに合わせてカットする。
  3. 平たくしてそのまま使用する場合、開いたパックにアルミホイルをぐるっと巻くようにして包む。(中のパックが見えないようにしっかり覆ってくださいね!)
  4. 何枚か繋げてバットのような型にして使用する場合、庫内に入る大きさに調整しながら切り、縁はカッター等で折り目をつけてから折り曲げて四つ角を留めて繋げていく。パック同士はテープではなく、ホッチキスで留めるようにする。形が整ったら3同様にアルミホイルでパック全体を包む。
  5. アルミホイルの上からクッキングシートを敷いたり、バットの型に敷き詰めて使用する。

 

牛乳パックを使用することで、ご自身でお使いのオーブンの大きさに合わせて自由に大きさをカットして天板にすることが出来ますし、使用後も洗い物が出ないのが嬉しいですね!

 

特に、オーブンでロールケーキの生地を焼きたい時などは、正方形の天板を使うことが多いので、好きな形に切って使える牛乳パックは重宝します。

 

では次に、牛乳パックを天板の代用として使用する際の注意点をまとめていきます。

 

注意点は大きく2つ!!

  • パック同士を繋げる場合は、ホッチキスを使用する。
  • パックをそのままオーブンに入れて使用せず、必ずアルミホイルで包んでパックをしっかり覆う。

 

パック同士を繋げて使用する場合にセロハンテープを使えば簡単で便利ではありますが、テープは高温に耐えることが出来ません。

加熱中にテープの糊が溶けてしまうこともありますので、必ずホッチキスを使用しましょう。

 

牛乳パックは紙製品で、内側は撥水の目的でポリエチレンでコーティングが施されています。

このポリエチレンコーティングは、オーブン使用時に熱を加えることによって溶け出してくる可能性があります。

 

牛乳メーカーさんからの発表によると、このポリエチレンは110℃以上で溶けだしてくるそうです。

オーブン加熱にはとても耐えられませんね。

 

そのため、切ったパックにそのままお菓子の生地やお料理を入れて使用してしまうと、食品に溶け出したポリエチレンが混ざってしまう危険性があるのです。

 

また、牛乳パックの外側には必ずパッケージ印刷がされています。

こちらもオーブン加熱によってインクが溶け出して食品に混ざってしまったり、オーブン庫内に印刷が付いてしまう可能性があります。

 

アルミホイルで牛乳パックを包むことでオーブン調理中の以下の危険性を防ぐことが出来ます!

  • ポリエチレンが溶け出して食品に混ざってしまう。
  • 生地や料理がパックに張り付いてしまう。
  • パッケージのインクがオーブンの庫内に付いてしまう。
  • パックに引火して火災を起こしてしまう。

 

一般的なアルミホイルはフッ素加工されていないものが多いので、焼きあがった時に生地や料理が焼き付いてしまうことがあります。

これを防ぐためにはクッキングシートを敷いてオーブンで使用するようにしてください。

 

以上が牛乳パックを鉄板の代用に使用する場合の注意点になります。

比較的丈夫な牛乳パックですが、一度に焼く生地や料理の量が多い場合は型から流れ出てしまったり、焼きあがるまでに形が崩れる可能性があります。その場合は、パックを二重にして頑丈にしておくと安心です。

オーブンの天板の代用で牛乳パックを使えないときはどうする?

牛乳パックが家にないから代用として使えない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は以下のもので代用してみてはどうでしょうか。

  • 金属製のトレーやバット
  • グラタン皿などの耐熱容器
  • 取っ手のとれるフライパン
  • ターンテーブル

金属製のトレーやバット
金属製のトレーやバットは、クッキーやシュー生地などのお菓子を作る時はもちろん、汁気の多い肉や魚の調理にも向いている大変便利なアイテムです。

お家でお使いのオーブンに入るサイズのものがあれば天板として代用可能です。

代用する前には必ず、耐熱温度やオーブン調理が可能なものかどうかをよく確認してから使用するようにしてください。

 

生地や食材が焦げつく可能性もありますので、あらかじめクッキングシートを敷いてから使用すると良いでしょう。

底にクッキングシートを敷く時は、思わぬ火災や事故を防ぐためにトレーやバットからはみ出してしまった部分は必ずカットしてから加熱するようにしてください。

 

グラタン皿などの耐熱容器
グラタン皿や耐熱容器などは、元々オーブン調理を想定して作られている製品ほとんどですので、天板の代用として使用することが出来ます。

 

グラタン皿にマフィンのカップを並べて天板の代用にすることもできますし、野菜や肉・魚の下ごしらえを終えたものを入れて加熱すれば、そのまま食卓に出して食べることが出来るので、盛り付けの手間が省けくこともできます。

 

こちらも念のため、代用する場合はあらかじめ耐熱温度や、オーブン調理可能かどうかを再度よく確認するようにしてくださいね。

 

取っ手のとれるフライパン
「取っ手のとれる~♪」でおなじみのティファールのフライパンや鍋は、そのままオーブンに入れて天板の代用にすることが出来ます。

フライパンにクッキー生地を並べたり、カップケーキを並べて焼くにはフライパンが便利です。

 

また、鍋である程度下ごしらえをしてからそのままオーブンに入れて調理ができる為、一度に大量の料理を作りたい時にもとても便利ですね。

フライパンや鍋は、ある程度大きさがあるものが多いので、あらかじめオーブンに入る大きさなのかを確認してから代用を検討するようにしてくださいね。

 

ターンテーブル
オーブンレンジをお使いの方でしたら、食材をチンするためのターンテーブルが付いていると思います。

 

レンジでの温めのみにしか使用できないと思われがちなこのターンテーブルですが、お使いの機種によってはそのままオーブンの天板として使用が可能なものもあるんですよ。

 

これは機種によって使用の仕方に違いがありますので、お家でお使いのオーブンレンジの説明書を確認してみてください。

説明書をなくしてしまった、どこかにしまってわからなくなってしまった、という方は、商品のホームページ等で確認しましょう。

 

ターンテーブルのオーブンは、ゆっくり回転しながら加熱されるので、食材全体にムラなく火を通すことが出来ます。

このタイプは、ターンテーブルひとつでレンジとオーブン両方の温め機能を果たしてくれます。そのため、庫内を見ればわかるかと思いますが、オーブン用の天板を入れる受け棚がありません。

代用品を探す前にお家でお使いのオーブンは天板が必要なタイプのものなのか、もう一度確認してみることも大切ですね!

代用品を選ぶ時に確認してほしいこと!

★オーブン調理に対応しているか。

耐熱温度など注意書きをよく確認してから使用しましょう。

特にバットやトレーには、トースターでの使用はできてもオーブンでの使用は不可、といったものもあるので、裏面の表示をよく読んでから使用するようにしましょう。

 

また、耐熱容器に関してもレンジで使用できてもオーブンは不可というものがありますので、気を付けましょう。

 

★庫内に入る大きさか。

家にあるもので代用する場合でしたら、調理を開始する前に代用してい物を庫内に入れてみて大きさを確認しておきましょう。

新たに購入する場合には、事前に庫内の大きさを測っておくようにしましょう。

庫内の上段・下段の受け棚を使用したい場合は、そのサイズも把握しておく必要があります。

元々天板が付属していたオーブンでしたら、説明書に天板の大きさも記載されていると思いますので、それを確認しておけば確実ですね。

まとめ

天板をなくしてしまった、どこかにしまったまま行方知れずでオーブンが使えない…と思っていた方は、これを機に代用品を使ったオーブン調理にチャレンジしてみてはどうでしょうか(*^^*)

 

あくまでも今回ご紹介したものは全て代用品となりますので、使用の仕方には各々注意しなければならない点はありますが、意外にも私たちの身の回りにある身近なものが代用品になってしまうんです。

 

オーブンを使うことで普段作ることの出来ないちょっぴり手の込んだ料理にも挑戦することが出来ます。

普段オーブンを使用する機会が少ない方でしたら、ぜひ今回ご紹介した代用品を参考にしてみてください。

-100均アイテム, お料理・レシピ

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5