100均アイテム ベビー・キッズ用品

タオルエプロンは100均で買える?手作り用の材料でおすすめはどれ?

一生懸命、自分で食べる子供の姿は可愛いものです。

まだうまくスプーンやフォークが使えなくてこぼしてしまうこともしばしば。

汚れるのは当たり前と思ってはいても、お洋服が食べこぼしでシミだらけになっていくのはちょっと辛いですよね…。

そんな時に活躍してくれるのがお食事用エプロンです。

色んなタイプがありますが、今回は「タオルエプロン」について詳しく書いていきます。

おりこうエプロンとも呼ばれている「タオルエプロン」にはメリット沢山です。

汚れ防止だけでなく、かぶるだけで着用できるので子供が自分でつけられます。なので、子供の自主性も育つと言われている優れものです。

保育園や幼稚園でも使われているところも多く、手作りしているご家庭も多いようです。

タオルエプロンは100均で買える?

タオルエプロンを100均で探してみましたが、残念ながら取り扱っていないようです。

ベビー用品の取り扱いも多くなっていたので、期待していってみましたが見つけられませんでした。

違うタイプのお食事用エプロンはおいてありましたが、タオルエプロンは今のところ取り扱いはないようですね。

需要を敏感に察知し、販売してくれる100均なので、もしかしたら今後販売される日が来るかもしれません。

その時は、また追記させていただきますね♪

タオルエプロンの手作り用の材料は100均で買える?

タオルエプロンを手作りしているご家庭も多いようです。

その材料は超シンプル・簡単なものは

ハンドタオル(もしくはフェイスタオル)
ゴム

があれば作れるようです。

しかも、この材料で作る場合、縫わずに出来るそうですので裁縫が苦手な方でも簡単に出来ますね♪

 

基本は先ほど挙げた2つの材料で出来ますが、中にはバイアステープゴムを覆う布などプラスして作っている方もいました。

この材料は全て100均で揃えられます。

作る際に必要な道具は

・はさみ
・針
・まち針
・糸
・ゴム通し(ヘアピンでもOK)
・メジャー(定規)

最低限、この道具があれば作れます。これも100均ですべて揃いますよ♪

 

ミシンをお持ちの方はミシンで作ればサクサク沢山作れますね。

ゴムの部分を布で覆ったり、バイアステープを使ったりする際はアイロンがあると作りやすいと思います。

タオルエプロンのタオル生地はどれがおすすめ?違いは?

どんな生地がエプロンに適しているのか紹介していきます。

子供の食べこぼしで大惨事を招くのは汁物です!

固形物は拾えば済みますが、汁物は洋服、テーブル、椅子、床すべてがやられてしまします。

 

タオルエプロンが推奨されるのは、そんな汁物をしっかり吸収してくれるからではないかなと思います。

なので、吸収力のあるタオルがおススメと言えるでしょう♪

あとは、洗濯の際に汚れの落としやすく、乾きやすい素材だとよりいいですね。

 

マイクロファイバーのタオルはそれに近い素材と言えるのではないでしょうか。

とはいっても、子供が着けてくれなければ意味がないので、子供の好きな柄を選んで作ってあげてもいいのかもしれませんね♪

タオルエプロンは100均以外でも安く買える?

タオルエプロンは通販サイトで安く手に入るようです。

楽天・Amazonなどは数多くの商品を取り扱っており、1000円前後で購入できるようです。

おりこうタオルはらぺこあおむし(Amazon)

参考価格¥432

 

おりこうタオル人気キャラクター(楽天)

https://item.rakuten.co.jp/you-life-code/orlp/

参考価格¥528

おりこうタオル~品質にこだわった日本製~(Amazon・楽天)

https://item.rakuten.co.jp/cyberl2010/0726-0294-0202/#0726-0294-0202

参考価格¥1220

子供たちが喜ぶ人気キャラクターのものが沢山あります。

少々お値段はあがりますが、品質を追求する方向けの日本製のタオルエプロンもありました。

400円、500円台で購入できるならネット通販を利用するのもいいですね♪

タオルエプロンは100均で買える?手作り用の材料でおすすめはどれ?まとめ

タオルエプロンって、こんなに簡単に作れるとは驚きました。

私はミシンも持っておらず、裁縫も得意ではないので手作りに抵抗あるタイプですが、このタオルエプロンならなんとか作れそうな気がしました♪

子供の使うものを作ってあげられるママさん本当に憧れますね。

100均で材料も揃うタオルエプロンなら、気軽に作れそうなので是非一緒にチャレンジしてみませんか♪

-100均アイテム, ベビー・キッズ用品

© 2022 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5