美容・ファッション

食用オリーブオイルを髪に使うデメリットは?ベタベタしない?使ってみた感想も!

オリーブオイルといえば、オレイン酸の含有量が多く心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病予防にもいいとされています。

そんなオリーブオイルですが、実は料理だけではなく肌や髪にもいいと知っていましたか?

ヘアオイルとして使うときのデメリットなどについてまとめました!

食用オリーブオイルを髪に使うデメリットは?ベタベタしない?

食用オリーブオイルにはいくつか種類があります。

もっともよく知られているのが、エキストラバージンオリーブオイルです。エキストラバージンオリーブオイルは最高品質のオリーブオイルで、科学的な精製はせず、オリーブの実から搾った、そのままのオイルのことです。

 

その他、ピュアオリーブオイルなどもあります。こちらは、精製されたものとエキストラバージンオリーブオイルを混ぜたもので、オリーブオイル独特の香りがほとんどしないタイプです。

 

食用オリーブオイルを髪に使うことのデメリットを考えると次のようなことでしょうか?

  • 油臭い、独特な香りが染みつく
  • べたつく
  • ニキビに注意
  • 油焼け

直接髪につけてそのまま―だと、やはり匂いやべたつきは気になるかと思います。

 

ですが、使い方によっては匂いやべたつきは気になりません。

ただ、ニキビには注意が必要です。

オリーブオイルに含まれている脂肪酸がアクネ菌の好物でもあるので、気になる方は使うのを考えた方がよいでしょう。

 

また、オリーブオイルを直接つけての外出など、油焼けの原因となってしまいます。しっとりするからと、お出かけ前の仕上げにオリーブオイルをつけることは避けましょう。

では、どんな使い方をすれば匂いやべたつきが気にならず、しっとりツヤツヤになるのでしょう?

 

いくつか使い方をご紹介したいと思います!

  • シャンプーに混ぜて使う

シャンプーに小さじ1/2を混ぜてシャンプーをします。丁寧にマッサージしながら洗うことで保湿効果を得られます。週に1~2回がおすすめです。効果を感じにくい場合は、髪の質や量によって、シャンプーと同量までなら混ぜてもOKです。

  • オリーブオイルでマッサージ(オイルクレンジング)

オリーブオイルを直接手のひらに広げて地肌をマッサージします。そうすることで、毛穴の汚れを浮かせて取れやすくします。丁寧にゆっくりマッサージをした後、10分程度置きます。その後、いつものようにシャンプーをします。地肌がスッキリして、髪質も柔らかくなったように感じますよ♪

 

頭皮は皮脂腺や汗腺が多い場所です。そのため、年齢とともに毛穴が詰まりやすくなってきます。それが薄毛の原因にもなるんです。オイルマッサージは薄毛予防にもなりますね。

 

  • 洗い流さないトリートメント

シャンプー後、タオルドライした髪の毛先に直接揉み込みます。その後、ドライヤーやアイロンをします。ドライヤーなどの熱はパサつきの原因にもなります。オイル成分が髪を熱のダメージから守ってくれるのです。

ただ、つけすぎは禁物です。匂いが気になる方は特に!

少量ずつ揉み込むようにしましょう。

 

  • ヘアパック

オリーブオイルを大さじ1~2杯(髪の量や長さで加減する)をシャンプー前の頭皮になじませ、蒸しタオル、シャワーキャップなどで頭を包み、10分間置きます。その後、いつも通りにシャンプーをします。

 

オイルマッサージとほぼ同じですが、タオルやシャワーキャップで包むことで毛穴が開きやすくなります。

もちろん、地肌はスッキリ!オイルの効果で髪もツヤツヤです。週に1~2回程度行いましょう。

 

さらに効果の高いスペシャルケアもご紹介しましょう。

  • スペシャルケア
  • オリーブオイル 大さじ2~3杯
  • 卵の黄身 2個
  • はちみつ 小さじ2杯

上記の材料をペースト状になるまで混ぜて髪全体に塗布します。そのまま30分間放置です。その後、いつものようにシャンプーをします。月に1~2回程度がおすすめです。

べたつきが気になる場合はシャンプーを2回するとよいです。

匂いが気にならない方、挑戦してみてはいかがでしょうか?ツヤツヤサラサラになるそうですよ♪

食用オリーブオイルを髪に使ってみた感想は?

わたしも過去にオリーブオイルを使ったことがあるのですが、髪の毛がサラサラになるんですよね。

シャンプー後タオルドライして、手のひらがテカるかな~?くらいの少量を両手ですり合わせてから毛先に揉み込んであとは手のひらで全体をクシュクシュしてからドライヤーかけてました。

 

たしかにオイル自体はオリーブ!って感じの匂いがしてましたが、ドライヤーした後は、いうほど気にならなかったように思います。

わたしの感想だけでは物足りないので、他の方たちの感想も集めてみました。

 

ほとんどの方が「サラサラになる」「柔らかくなる」「潤う」という感想でした。一緒に使い方も載せてくださってましたが、先ほど紹介したシャンプーに混ぜる方法や、パックする方法でした。

そんな中、紹介していなかった方法と感想を見つけたのでご覧ください。

 

こちらの方は直接オイルの中に髪の毛先をつけてパックしています。けっこうタップリ使っています。毛先の乾燥やパサつきに効果がありそうです。

https://twitter.com/plumeria_lili/status/594166173341601792?s=21

はちみつとオリーブオイルでパックすることで柔らかサラサラになるんですね。

いろんな方法がありますよね。

髪になじませてからお風呂に行くことで、お風呂場の蒸気でいい感じにパック効果があるのでしょうね。簡単でいいですね♪

わたしも今日やってみようかな、手軽でいいな、と思ってしまいました。

食用オリーブオイルを髪に使うメリットは?おすすめはどれ?

オリーブオイルの成分は主にビタミンEとオレイン酸です。

ビタミンEには抗酸化作用で老化を防ぐ働きがあります。老化とは、活性酸素が細胞にダメージを与えることで起こります。それを防いでくれるのです。

 

年齢を重ねたり直射日光にさらされたりしてダメージを受けると髪のパサつきが気になりますよね。また、年齢を追うごとに薄毛などの悩みも…

ビタミンEはそんなダメージから髪を守ってくれます。

 

また、オレイン酸は脂肪酸の一種ですが、オリーブオイル全体の7~8割を占めています。

便秘予防や、悪玉コレステロールが増えすぎないようにコントロールしてくれる働きがあります。

 

このオレイン酸が髪にどのような働きがあるかというと、髪や頭皮には適度な皮脂があり潤いを保ってくれているわけですが、その皮脂にオレイン酸が含まれているのです。

潤いを保つ役割をしてくれるのがオレイン酸なんですね。人の皮脂やキューティクルに含まれているので、なじみやすいのです。

 

まとめると、ビタミンEが頭皮の老化を防いで、髪のたんぱく質を守り、オレイン酸が潤いを与える、すなわち、キューティクルが保護されるのでツヤやハリのある健康な髪になれるということです。

 

以上がオリーブオイルを使うメリットです。

そこでおすすめの食用オリーブオイルはなにか?というと「エキストラバージンオリーブオイル」です。

最初にお話ししましたが、エキストラバージンオイルは余分なものを足さず、搾ったままの状態です。含まれているビタミンEやオレイン酸も自然のままに近いものです。

 

ポイントは

  • 化学薬品の使用なし
  • 加熱処理なし
  • オリーブの実本来のビタミンE、オレイン酸

です。

 

ただ、食用のオリーブオイルを使うのはNGだという意見もあります。それは、美容に使うのと食用とでは製造や管理方法が違う、といった理由からです。

食用の物を安易に使うことで肌や頭皮への悪影響があるかもしれないということだと思います。

 

たしかに、最初の方にお話ししましたが、ニキビのもととなるアクネ菌はオレイン酸(脂肪酸)が好物ですから、食用のオリーブオイルを使うことによってニキビの原因になったり、ニキビが増えたりすることも考えられます。

 

ですので、食用を使う場合は、食用に加工・製造されてるものよりも、ただ搾っただけのエキストラバージンオリーブオイルが好ましいということになります。

食用オリーブオイルを使ってみようと思う方は、ぜひ、エキストラバージンオリーブオイルを使うようにしてください!

 

スーパーなどで購入する際も表示確認を忘れずに!

オリーブオイルが良いのはわかったけれど、やっぱり食用のオリーブオイルを使うのは心配、という方には美容用をおすすめします。

 

美容用は肌への刺激成分が取り除かれた精製オイルが主体になっています。肌トラブルが起きやすい敏感な方は、こちらの方をおすすめします。

 

オリーブオイル配合のシャンプーやコンディショナーも販売されていますよ♪

ヘアケアにおすすめのオリーブオイルをいくつかご紹介しておきますね。

 

  • 井上誠耕園/美容オリーブオイル

https://www.inoueseikoen.co.jp/products/detail.php?product_id=19&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_term=%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB&utm_content=sl&utm_campaign=cosmetics&yclid=YSS.1001134484.EAIaIQobChMIjoTP-df98QIVz51LBR0-cgsdEAAYASACEgJ3BfD_BwE

高い精製技術で不純物を取り除いており、皮脂よりも酸化しにくいので日焼け、油焼けの心配がない商品です。

 

  • オリーヴの森/ザ・シャンプー、ザ・トリートメント

https://www.healthyolive.com/list/haircare/

オリーブオイル配合のノンシリコンシャンプーとオリーブオイルの保湿成分を配合したトリートメント。頭皮の潤いを守ってくれます。オリーブの花の香も涼やかで好評です。

食用オリーブオイルを髪に使うデメリットは?ベタベタしない?使ってみた感想も!まとめ

食用のオリーブオイルでもヘアケアは可能です。

料理で使うから家にある、という場合はとても手軽に取り入れることができます。スーパーなどでも購入しやすいですよね。

ただし、使い方を間違うとニキビの原因や油焼けの原因になりますし、肌の弱い方は注意が必要です。

 

ところで、せっかく食用なのですから、カラダの内側から取り入れることも考えてみてはどうでしょう。

オリーブオイルを摂ることで血液がサラサラになり栄養がからだの隅々までスムーズに運ばれます。もちろん頭皮にも。

そうすることで、伸びてくる髪の毛は健康なものになるでしょう。

 

また、抗酸化作用で老化の予防にもなることを思うと、髪の毛だけでなくカラダ全体にもおすすめですよ♪

生野菜にオリーブオイル、塩、コショウだけでも十分おいしいサラダになります。手軽に取り入れて見ては?

-美容・ファッション

© 2022 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5