子育て

抱っこ紐で子供と自転車に乗ると違反?道路交通法をチェック

赤ちゃん連れで買い物に行くときや、上の子の保育園の送り迎えをするときなど、自転車に乗っていけば早いし、荷物も乗せられて便利ですよね。

でも子どもは何人まで自転車に乗せていいのか、抱っこ紐で子どもを抱っこしたまま自転車に乗っていいのか、安全上や道路交通法の問題はないのか心配な人もいるでしょう。

子連れで自転車に乗るときのルールを詳しくご紹介します!

子どものおんぶは道路交通法では「例外的にOK」な場合アリ

自転車は道路交通法で「軽車両」に分類されます。
そのルールは法律で定められていて、違反してしまうと罰則が科せられることがあります。

警視庁が発表している自転車の交通ルールは、乗車人員は「原則として運転者以外の人を
乗せることはできない」となっています。
なので、本来は自転車は一人乗りとなりますが、次の場合は幼児を同乗させることができます。

●16歳以上の運転者は、幼児用座席を設けた自転車に6歳未満の幼児を1人に限り、乗車さ
せることができます。
さらに運転者は、幼児1人を子守バンド等で背負って運転できます。

●16歳以上の運転者は、幼児2人を同乗させることができる特別の構造、または装置を有する自転車(幼児2人同乗用自転車)に6歳未満の幼児2人を乗車させることができます。
幼児2人を乗車させた場合、運転者は幼児を背負って運転することはできません。

このルールによると、2人めまでなら子どもをおんぶして、自転車を運転することは認められています。

・子ども1人を自転車の座席に乗せた場合、もう1人はおんぶして乗るのは2人なのでOK。
・子ども2人を自転車の座席に乗せた場合、さらにもう1人おんぶするのは3人になるのでNG。
ということですね。

しかし、おんぶをしていい子どもの年齢や体重など、各都道府県の「道路交通法施行細則」によって細かく決められています。
詳しくは、ご自身がお住まいの地域のルールを確認しましょう。

また、抱っこ紐を使用しての「おんぶ(子どもを背中に背負う)」は法律上認められていますが、「抱っこ(子どもを正面で抱っこする)」は違反になります。

理由として、運転者とハンドルの間に子どもの頭があることで、バランスをとるのが難しくなったり、転倒しやすくなるためです。
また、転倒してしまったときに子どもが大きな衝撃を受けることが想定され、とても危険なので禁止されています。

地域によって子どもの同乗可能人数が異なる! 詳細はココでチェック

自転車の同乗可能人数については、法律ではなく各都道府県の道路交通規則によって定められています。
詳細は各都道府県のホームページで確認できますよ!

(例)東京都の場合

運転者が16歳以上であって、幼児用の座席を取り付けた自転車に6歳未満の幼児を乗せる場合。
運転者が16歳以上であって、幼児二人同乗用自転車として認められた自転車に6歳未満の幼児を1〜2人乗せる場合。

この場合は2人乗り、または3人乗りが認められています。
違反した場合、5万円以下の罰金が課せられるので注意しましょう!

【主要都市の自転車に関する道路交通法】

・東京都
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/rule.html
・神奈川県
https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/38ps/38mes/38mes006_4.htm
・大阪府
https://www.police.pref.osaka.lg.jp/kotsu/taisakushitsu/6/1/5864.html
・福岡県
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/jitensha-jourei.html
・北海道
https://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/jitensya/jitensya-2.html

地域によって道路交通法は異なります。
子どもの安全と、違反による罰金等を防ぐため、ご自身の地域のルールをしっかりチェックしておきましょう!

まとめ

自転車に乗る場合、幼児の同乗は「2人まで」認められています。
抱っこ紐などを使用する場合は、背中におんぶする場合のみ自転車に乗ってOKとなります。

身体の正面で子どもを抱っこするのは、運転の際にバランスを取りにくいなど危険をともなったり、万が一、転倒などした場合に子どもが大けがをする危険性があるため、抱っこしての自転車の運転は禁止されています。

ただし、都道府県によって道路交通法は異なりますので、子連れで自転車に乗る場合は、必ずご自身がお住まいの地域の交通ルールを確認するようにしてくださいね。

自転車は車を持たないママさんの強い味方ではありますが、子どもを乗せての自転車運転は危険も増すので、ルールを守って安全運転を心がけましょう!

-子育て

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5