お料理・レシピ 代用品

絞り袋の代用にビニール袋は使える?絞り袋が破れないコツ

絞り袋がないとき、なんとかビニール袋で代用できないかな~と思うことってありますよね。

ちょっとクリームを絞るだけなので、わざわざ新しい絞り袋を使ったり、買いに行ったりするのは手間!!

そんなときは、ビニール袋・ラップ・ジップロック等で絞り袋の代用が可能です♪

また、ビニール袋は強度が弱いので、破れないようにするにはコツがあります。
ビニールが破れないように上手に絞り袋の代用をする方法をご紹介しますね!

絞り袋の代用にビニール袋が破れないコツ

ビニール袋は、一般に販売されている絞り袋と違って強度が弱く、絞っている最中に破けやすいです。

まずは、ビニール袋を代用した時に、破れにくくするコツをご紹介します♪

 

ビニール袋を破けにくくするコツ
・ビニール袋を2枚重ねにする
・クッキングシートやラップを併用して強化する
・普段絞り袋に入れるクリームよりも柔らかめにする

 

薄手のビニール袋は、二重にして使用することで強化できます。

また、ビニール袋の内側に、クッキングシートやラップを入れて二重にするとより破けにくくなります。

先にクリームをラップで包んでから、ビニール袋に入れるとスムーズにセットできますよ♪

さらに、クリームをいつもの通りの固さにしてしまうと、詰まってしまって絞っている時に口金が飛び出してしまったり、ビニールと口金の隙間からクリームが飛び出してしまう可能性があるため、通常よりも少し柔らかめにしておくことをオススメします^^

ビニール袋で上手く代用できないときは?

ビニール袋は薄手なので、慎重に行なってもどうしても破けやすいですよね。

そこで、ビニール袋以外にも絞り袋として代用できるものがありますので、みていきたいと思います♪

ジップロック

ジップロックは素材も丈夫で、破ける心配もないので、安心して絞り出すことができます*^^*

使い方は簡単で、ジップロックの角にクリームを入れて、 ジップロックの口を閉じます。ジップロックの角の部分を、絞り口として切ったら完成です。

丈夫な素材なので、比較的固めの生クリームや絞りクッキー、シュー生地、チュロス作りでも使いやすいですよ♪

ラップ

先程はビニール袋の補強としてラップを使用しましたが、ラップだけでも絞り袋の代用ができます^^

作り方は、絞る物の量にあわせてラップを切ります。
(持ち手の部分を長めにすると絞りやすくなるので、気持ち長めにするのがオススメです)

 

次にラップの真ん中にクリーム等を置きます。
それをラップで挟むようにして、下から上に半分に折ります。そして絞り袋の形になるように、円錐形にラップを巻いていきます。

 

巻き終わったら、持ち手側(円錐の底面部分)の端は、ねじっておきます。
こうすることでクリームが上から出てこないようでき、さらにクリームを押し出しやすくできます。
最後に、円錐の尖った部分を切って、クリームが出てくるようにしたら完成です。

 

クッキングシートを使って絞るときも、同様の作り方でできますよ♪

クッキングシートの場合は、アイシングやチョコペン代わりにもなり、細かい作業をするのには非常に使いやすいです^^

 

ラップは素材が薄いので、比較的柔らかめのクリームでの使用が向いています。

また勢いよく押し出そうとしたり、固めのクリームを使う場合は、ラップの絞り口部分から裂けてしまう可能性がありますので、お気をつけくださいね♪

マヨネーズの空容器

マヨネーズの空容器も絞り袋の代わりに使えます♪

最初からマヨネーズを出す部分が星型なので、口金を用意する必要もなく、絞り袋の部分の素材も頑丈で破けることもないのでとても便利です^^

 

使い方は、マヨネーズを出し終わったら、容器の中をキレイに洗って、クリーム等の絞りたいものを入れて絞るだけで完成です!

マヨネーズの容器は丈夫なので、クリームのみならず、ドーナツのような固めの生地も絞れます。

 

また、マヨネーズの空容器に生クリームと砂糖を入れて、振り振りとシェイクするだけでふわふわホイップクリームが作れて、そのままデコレーションもでき一石二鳥という情報も!

 

さらにレモン汁を入れると泡立ちやすくなるようです^^
便利ですね〜♡

マヨネーズの空容器だけではなく、ケチャップの空容器でも代用できますよ♪

マヨネーズやケチャップの容器が空いたら、もしもの時のために取っておくといいかもしれませんね(^^)♪

絞り袋の代用でビニール袋を使うとき口金はどうする?

絞り袋といっても、絞るものや用途によって、口金を付けるかどうかが変わってきます。

アイシングクッキーのような小さな絞り口で十分なときは、絞るものを少量入れて、絞り口を小さく切ると上手く扱えます。

絞るものの量は、手のひらサイズ程度に留めると絞りやすいですよ♪

 

一方、生クリームやシュー生地、シューのクリーム部分、ドーナツ生地、絞りクッキー、モンブラン・マカロンのクリームなどの場合は、やはり口金を使ったほうが綺麗に仕上がります。

 

その場合、ビニール袋に口金を入れて絞ると、口金をはめている穴が広がっていってしまって、口金が外れてしまったり、ビニール袋と口金の隙間からクリームが漏れ出てしまったりすることがありますよね(>_<)

 

そういったときは、絞り口にセロハンテープを一巻きします!
すると少し硬めのドーナツ生地なども絞れるくらいに、補強ができますよ*^^*

まとめ

絞り袋の代わりに、ビニール袋を使うときは
「ビニール袋を2重にする」
「クッキングシートやラップを併用して強化する」
「普段よりもクリームは少し柔らかめにする」
この3つのコツで、絞りやすくなることがわかりました!

また、ビニール袋を代用して口金を使うときは、絞り口にセロテープをひと巻きすると補強になります♪

 

ビニール袋の他にも、ジップロック、ラップ、クッキングシート、マヨネーズの空容器などを使うこともできます♪

また、上手く絞るコツですが、絞り袋にクリームを入れるときはなるべく空気が入らないようにします。

空気が入ってしまうとクリームが途中で切れてしまってきれいな仕上がりになりません。

 

絞るときは、一定のスピードで絞ると美しい仕上がりになりますよ♪

さらに、絞り袋の部分を両手で持ちながら絞ってしまうと、体温でクリームがどんどん柔らかくなってしまうので、両手で持って絞らないように気を付けましょう!

絞り袋が家になくても、身近なものを代わりに使って、素敵なスイーツを作っちゃいましょうね♪♪

-お料理・レシピ, 代用品

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5