お料理・レシピ 代用品

絞り袋の代用はジップロックが最適?袋の切り方のコツも!

絞り袋の代用はジップロックが最適

絞り袋の代用に使うなら、ジップロックが最適です!

なぜなら、ジップロックのメーカー、旭化成でもジップロックで絞り袋の作り方を紹介しているからです♪

 

ジップロックはふつうのビニールよりも丈夫ですし、ケーキに使う柔らかめの生クリームのデコレーションなら、ジップロックで十分!ですよ~。

 

ただし、絞り袋の代用にジップロックを使う場合、袋の切り方が適切ではなかったり、ジップロックでは絞りにくいものを入れて絞ろうとすると、うまく絞れなかったり破れやすくなる場合もあります!

 

そこで、破れにくい袋の切り方のコツと、ジップロックで上手に絞り袋の代用をするポイントをご紹介します♪

絞り袋の代用はジップロックが最適!メリットと注意点

ジップロックが絞り袋の代用に適している理由として、厚手でしっかりした作りになっているため、破れにくく、耐久性があります。

耐久性があって丈夫なのに、とても柔らかい素材なので、絞り袋の代用品としてすごーく最適なんです♪

 

もともと保存袋なので、使う直前までしっかり封をしておけば、生クリームを袋に入れたまま冷蔵庫で保存しておくことも可能なので、ジップロックの絞り袋はとっても便利!

 

注意点としては、絞り出すときに金口を使いたい場合、絞り出したい生地やクリームを袋の中に詰める前にあらかじめジップロックの一角を斜めに切って、金口をセットしておくことです。

中身を入れる前に先に金口をセットしないと、後からつけるのは難しいというか無理です!

 

また、絞り出すときは上部をきちんと閉じておかないと、中身が飛び出してしまうことがあるので、上もしっかり口を閉じるように気をつけてくださいね。

絞り袋の代用でジップロックの袋の切り方のコツ

ジップロックの袋を切る時は、袋の下の一角に斜めにはさみを入れます。

最初は小さく切って様子を見ながら、必要であれば少しずつ切り口を大きくしていきましょう!

 

あわせて、旭化成のサイトにジップロックを使った絞り袋の作り方が載っているので、ぜひ参考にしてみてください!

旭化成 ジップロックで絞り袋の作り方

 

金口を使わず、ジップロックの角を絞り袋の出口として使用した場合、縦に絞り出すと、ふんわりまあるいホイップができ、横に絞り出すと、棒状の直線に絞り出すことができますよ~(´艸`*)

 

金口を使用したい場合は、使いたい金口の大きさに合わせて角を切ってセットします。

絞り出すときに金口が飛び出してこないように、あまり切り口を大きくし過ぎないように注意しましょう~!

絞り袋の代用でジップロックを使うときの絞り方のポイント

ジップロックを絞り袋の代わりとして使用する際のポイントはこちら!

ジップロック絞り袋の絞り方 3つのポイント

★ポイント1

中身を詰めたあと、袋の封を閉じる前にしっかり余分な空気を抜いておく!

袋の中の空気を抜いておかないと、絞り出すときに袋の中に残っていた空気の圧力でジップロックの袋が耐えきれず、破れてしまうことがあります。

中身が少ないときは、詰め終わった部分を輪ゴムで閉じると絞り出しやすくなりますよ♪

 

★ポイント2

袋にクリーム等を詰めるとき、袋いっぱいには入れず、多くても5~6分目にとどめておく!

中身を詰めすぎると上からあふれたり、絞り口が裂けたり、絞りにくかったりと失敗の原因になります。

 

★ポイント3

袋を持つときは、利き手で絞り袋の上部(中身を入れて閉じたところ)を持ち、もう一方の手で中身の出口(金口の部分)を支えるようにして持ちます。

 

そしてゆっくり優しく押し出すようにしてください♪

勢いよく絞り出そうとすると、中身が一気に出口にたまってしまい、袋が破れやすくなります。

 

最初に絞り出すとき、中身を少しずつ絞り口に向かってしごいて先端に押し出します。
そのあとは優し~い力加減で絞り出すようにしてくださいね。

 

最初にジップロックの絞り袋を予備でいくつか作っておくと、万が一、破れたりして使えなくなったときに、すぐに新しいものを使えるので便利です!

絞り袋の代用でジップロックが不向きなものは?

丈夫で柔らかいジップロックは絞り袋の代用に最適ですが、中にはジップロックではうまく絞り出せない生地があります!

 

それは、チュロスや絞り出しクッキーなどの固めの生地です。

固めの生地は、絞り出すときに力を入れるので、ジップロックがその力と生地の固さに耐え切れず、途中で破れてしまうことがあります。

 

ジップロックの袋を絞り袋の代用にする場合は、生クリームやホイップクリーム、シュー生地などの柔らかいものに使いましょう!

絞り袋が破れる・口金が外れるときの対策は?

固い生地でもなく、優しく絞り出しているのに、絞り袋が破れたり金口が外れてしまう..……そんなときの対策を3つご紹介します!

 

絞り袋が破れる・口金が外れるときの対策3つ

  • 先端は少しずつ切る
  • 切り口はなるべく小さくする
  • 金口の大きさに合わせて切り口を調整する

 

ジップロックはあくまでも代用品なので、金口をぴったりはめるのは難しいかと思いますが、切り口を小さめにして調節しながら、ちょうどいい大きさの切り口になるようにしてみてください。

金口の先端部分が袋の外に少し出ていれば、もう切らなくて大丈夫です!

 

絞り袋の代用はジップロックが最適

また、中身を詰めるときのポイントとして、マグカップや計量カップなど、口が広くて大きめのカップのふちに袋をかぶせてセットすると、クリームを詰めやすいです♪

 

金口が付いている場合は、先端をねじって中身が出ないように栓をしておきましょう。

詰める量は袋の5~6分目あたりまでにすると、上下から中身が飛び出すのを防ぎ、破れにくい&金口も外れにくくなります(^^♪

 

そして見落としがちなのが、袋に入れたクリームなどの温度です!

絞り出すとき、袋を両手で持っているので、手の熱で中身が少しずつ温まってしまいます。

 

バタークリームなど油分の多いものを絞り出す場合は、特に注意です。

温まった中身はじょじょにゆるくなり、ゆるい生地では成形もうまくいかず、絞り出している途中で中身が一気に飛び出して、先端が破けてしまうことがあるんです!

 

使う直前まで冷蔵庫に入れておき、絞っている途中で中身がぬるくなっていると感じた場合は、いったん冷蔵庫で冷やしましょう。

ほんの些細なことではありますが、やるとやらないとでは大違いなので、ぜひ一度試してみてくださいね(^^)/

まとめ

ジップロックは絞り袋の代用品としてとっても優秀です!

生クリームなど柔らかいものをデコレーションするなら、ジップロックで十分代用することができますよ♪

ただし、絞りクッキーやチュロスなどの固めの生地は、ジップロックでは上手く絞り出すことができないので、代用には向きません~。

 

絞り袋って、頻繁にお菓子作りをしない場合は、買い置きしているという人は少ないと思います。

多くのご家庭にあってなおかつ、パッと簡単に代用できてしまうジップロック、万能で本当にありがたい……。

 

ジップロックは安くてたくさん入っているので、材料費の節約にもなってコスパ面でも嬉しい限りです!

ジップロックを上手に使って、節約&お手軽なお菓子作りを楽しんでください♪

-お料理・レシピ, 代用品

© 2021 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5