お掃除テク

ステンレスのくすみ・白い汚れがスッキリ落ちる!流し台の掃除方法

毎日使っているから気づきにくいですが、ステンレスの流し台っていつのまにか白くくすんでいたりします。
もちろん、使った後はちゃんと掃除をしているんですが、本格的なお掃除って年末とか決まった時期しかしてませんでした。

そんなある日、友達の家に遊びに行ったらシンクがうちと違ってピカピカで、「嘘……うちのシンクくすみすぎ……?」と焦ったので、家に帰ったあと慌ててくすみ落としの掃除をしました!

いろいろ試して効果があった、ステンレスをピカピカに掃除する簡単な方法をご紹介します♪

ステンレス流し台(シンク)の汚れを落とす掃除方法3つ

キッチンのシンクの主な汚れの原因は「水垢」と「油汚れ」です。
シンクを使っている以上、水垢や油汚れが出来てしまうのは仕方がないというか、当たり前のことですよね。

私はシンクを使ったあと、ひどい汚れがなければ水で流して軽く掃除していましたが、それだけでは不十分だったみたいです。
きちんと洗剤を使って、こまめに掃除をすれば頑固な汚れやくすみになりにくいので、面倒でもすこしだけ手間をかけてみてください。
手間といってもやることは簡単です!

【洗剤を使う】
シンク全体を軽く濡らしてから掃除を始めます。
台所用洗剤を濡れたスポンジに含ませて、塗るようにシンク全体を優しく擦って汚れを落としましょう。
細かい部分は歯ブラシなどを使って汚れをこすりとり、充分に水を流して洗剤を流し落とします。
ステンレスは汚れが目立つ素材なので、水に濡れたまま放置すると、白くくすんでしまいます。
うちのシンクのくすみは、水だけで掃除をしていたことが原因だったようです。
最後にシンクを乾いたクロスで乾拭きして仕上げましょう!

【お酢やクエン酸を使う】
水垢は、水道水に含まれるミネラルと、食品に含まれるカルシウム成分が混ざり合うことによってできてしまいます。
水垢はアルカリ性なので、酸性のものを使うと中和作用で簡単に落とすことができます。
クエン酸とは果物に含まれる酸味の成分で、酸性の性質を持っています。
キッチンは食材を扱う場所なので、市販の洗剤よりもお酢、クエン酸などを使った方が安全でオススメです!

お掃除の手順


1.お酢と水を混ぜた酢水(酢と水を1:2で配合したもの)か、クエン酸と水を混ぜたクエン酸水(水100mlに対してクエン酸小さじ1/2)を作ります。
2.汚れている個所にスプレーして1~2時間放置します。
3.スポンジで擦れば簡単に水垢が落ちます。

それでも落ちない頑固な水垢は、酢水かクエン酸水を含ませたペーパータオルで汚れの上からパックしましょう。
そして、2~3時間放置します。
お酢は臭いがきついので、使う場合は換気を忘れずに!

【クリームクレンザー】
頑固なサビは洗剤やお酢では取れないので、クリームクレンザーを使いましょう!
私はノーブランドの1本90円くらいのクリームクレンザーを使いましたが、スッキリキレイになりましたよ★
中性洗剤などより強力で、サビも落とすことができます!

よけいに白く汚れる? クエン酸でステンレスを掃除するときの注意点

クエン酸でシンクを掃除するときの注意点が2つあります。

まず、1つめは、必ずシンクの油汚れを落としてから掃除することです。
油汚れが残っていると、油がクエン酸と化学反応を起こして、白い汚れが余計に残ってしまいます。
クエン酸で掃除をする前に、必ず油汚れを落としておきましょう!

油汚れは中性洗剤や重曹を使うときれいに落とせますよ。
汚れに重曹をたっぷりめにふりかけて、アクリルたわしなどで擦って掃除するとよく落ちます!

2つめは塩素系漂白剤と併用しないということです。
有名な「カビキラー」などの塩素系漂白剤は、アルカリ性です。
なので、酸性のお酢やクエン酸と混ざると化学反応が起こり、有毒な塩素ガスを発生させます。
これは本当に危険なので、使用する洗剤の種類はきちんと確認して使うようにしましょう!

まとめ

シンクの白いくすみを防ぐには、洗剤を使ったこまめなお掃除を心がけることで、ピカピカのキッチンを保てます。

すでにくすんでしまったシンクをキレイにするには、お酢やクエン酸、クリームクレンザーなどでしっかりお掃除をしましょう!
お掃除の際には油汚れをきちんと落としてからでないと、かえってくすみの原因になってしまうので要注意です。

意外と簡単にキレイになるので、シンクのくすみ・水垢をお掃除するときの参考にしてみて下さい!

-お掃除テク

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5