お料理・レシピ 賞味期限・保存方法

手作り甘酒の消費期限は何日?長持ちさせる保存方法

手作り甘酒の賞味期限

「飲む点滴」「飲む美容液」といわれるほど、滋味深い健康飲料として大人気となっている甘酒。

 

テレビCMでも頻繁に宣伝がされていて、最近ではスーパーでも数多くの甘酒が販売されています。

お正月に飲む飲み物から、日常の飲み物に変わりました。
中には毎日飲んでいる方も多いと思います。

 

健康のため、美容のため毎日飲みたいけど、市販の甘酒が高くて手が出ないという方には手作り甘酒がオススメですよ。

 

でもどれぐらい日持ちするのか・どうやって保存すればいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、手作り甘酒の消費期限・保存方法について調査してみました。手作り甘酒に挑戦してみようと考えている方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

手作り甘酒の消費期限は米麹甘酒・酒粕甘酒で変わる!目安は何日?

甘酒には米麹甘酒と酒麹甘酒の2種類があり、それぞれによって消費期限が異なります。

甘酒の種類 日持ち日数(目安)
米麹の甘酒(火入れなし) 1週間程度
米麹の甘酒(火入れあり) 3週間程度
酒麹の甘酒(火入れなし) 2~3日程度
酒麹の甘酒(火入れあり) 1週間程度

酒麹で作られた甘酒(火入れなし)のみ、他の甘酒よりも日持ち日数が2~3日と短くなっているので注意が必要ですよ。

 

米麹の甘酒:米麹で作った甘酒

酒麹の甘酒:酒麹で作った甘酒

火入れあり:過熱してある甘酒のこと。スーパーなどで販売されている甘酒のほとんどが火入れありの甘酒です。

手作り甘酒の保存方法と解凍時の注意点とは?

冷蔵保存の場合

1.日持ち日数について

甘酒の種類 日持ち日数(目安)
米麹の甘酒(火入れなし) 1週間程度
米麹の甘酒(火入れあり) 3週間程度
酒麹の甘酒(火入れなし) 2~3日程度
酒麹の甘酒(火入れあり) 1週間程度

この表はあくまでも目安となっています。保存状態をしっかり確認してくださいね。

2.保存方法について

火入れありの場合:密閉できる容器に移してから冷蔵庫に保存するようにしてください。

火入れなしの場合:甘酒は冷蔵保存中も徐々に発酵が進んでいきます!

なので、密閉状態にしておくと発酵によってガスが溜まってしまい、保存容器が膨張してしまうことがあります。

保存する際は、ふんわりと蓋をした状態で保存するようにしてくださいね。

 

冷凍保存の場合

1.日持ち日数について

甘酒の種類 日持ち日数(目安)
米麹の甘酒(火入れなし) 1か月程度
米麹の甘酒(火入れあり) 1か月程度
酒麹の甘酒(火入れなし) 1か月程度
酒麹の甘酒(火入れあり) 1か月程度

冷凍保存の場合、冷蔵保存よりも長期間保存することが出来ます。

 

2.保存方法について

甘酒を冷凍保存する際は小分けにして冷凍庫に入れておくと便利です。

1杯分に分けたものを冷凍用のジップロックに入れて袋の空気を抜いて冷凍庫に入れてください。
小分けにした方が、解凍する時に便利ですよ。

 

甘酒の保存方法としては冷蔵保存または冷凍保存がベストです。
冷蔵保存の場合、火入れの有無によって日持ちの日数が変わるので注意してくださいね。

冷凍甘酒を美味しく飲む方法とは?

電子レンジはNG!冷凍甘酒は自然解凍がオススメ!

冷凍保存した甘酒は電子レンジを使うと、味や風味が落ちてしまうので自然解凍してから飲むようにしてくださいね。
電子レンジを使って解凍すると温めにムラが出来てしまうことがあるので要注意ですよ。

 

毎朝飲んでいる方は、前の日の夜に冷凍庫から冷蔵庫に移しておくのがベストです。
朝起きた頃には解凍が終わって飲み頃になっています。

甘酒は1か月程度、冷凍保存が可能です。
また、冷凍しても栄養素や味・風味が損なわれることはありません。

 

ただ、長い間冷凍庫に入れたままにしておくと冷凍焼けを起こしてしまうので注意してくださいね。
冷凍焼けしてしまうと、独特の匂いがついてしまうので気をつけてください。

手作り甘酒に酸味や褐変が!腐っているかの見分け方とは?

乳白色から茶色に変色したらNG!酸っぱい匂いがしたら腐敗のサイン!

甘酒にはブドウ糖が豊富に含まれています。
ブドウ糖は細菌のエサなので、細菌が入り込むとすぐに繁殖してしまい、食中毒の原因となってしまいます。

 

腐っているかどうかの判断基準ですが、甘酒の色が乳白色から茶色く変色したり、酸っぱい匂いがしてきたら腐っている証拠です。
絶対に食べないでくださいね。

手作り甘酒が余ったときは?料理への利用方法とは?

甘酒はお菓子にもおかずにも使える万能食材!
甘酒は料理にも活用することが出来ます。

冷凍焼けしてしまって独特の匂いが気になる場合は料理に使ってみるのはどうでしょうか。

料理やお菓子に使うと、独特の匂いが軽減される場合があるのでぜひ試してみてください。

ほんのりとした甘さが特徴的な甘酒は、お菓子はもちろんおかずにも使うことが出来ます。

 

私のオススメはカレーです。
お水を通常よりも少なくして、その分甘酒を入れてみてください。

いつもよりもカレーの味がマイルドになるだけでなくコクが生まれてとっても美味しいですよ。

まとめ

今回は、手作り甘酒の賞味期限・保存方法について調べてみましたが、いかがでしょうか。

米麹なのか酒麹なのか。
火入れありかなしかで、消費期限が異なるので注意してくださいね。

また、冷凍だと1か月程度持つようなので大量に作って小分けにして冷凍すれば毎日手間をかけずに甘酒を飲むことが出来るので、皆さんもぜひ甘酒を手作りしてみてください!

-お料理・レシピ, 賞味期限・保存方法

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5