賞味期限・保存方法

手作りサラダチキンの賞味期限や日持ちの目安はどれくらい?

手作りサラダチキンの賞味期限

サラダチキンは、いまやすっかり料理やおつまみの定番ですよね。

意外と簡単に作れるので、手作りサラダチキンを自家製している家庭も増えてます!

とはいえ、材料がお肉なので賞味期限や日持ちがどれくらいなのか、ちょっと心配ですよね。

お肉でお腹を壊すとかなり辛いので、手作りサラダチキンを美味しく食べられる賞味期限の目安と、日持ちや腐敗を見分けるポイントをまとめました!

手作りサラダチキンの賞味期限の目安は?季節によって日持ちが変わる!

冷蔵の場合

春・秋・冬:3日~5日

味付けなどにもよりますが、通常はこのくらいの日数となっています。
やはり鶏肉なので作ったらすぐ冷蔵庫に入れて早めに食べきるのが安全です。

夏:2日~3日

夏場は気温も高く、雑菌が繁殖しやすい季節なので他の季節よりも早めに食べきることが大切です。
間違っても、テーブルの上に出しっぱなしにすることは避けてくださいね。

 

冷凍の場合

こちらも味付けなどにもよりますが、どの季節も日持ちは1か月程度となっています。
大量に作った場合はすぐに冷凍保存するのがベストです。

手作りサラダチキンの保存方法は?

冷蔵の場合

冷蔵庫で保存する場合は、サラダチキンをラップでしっかりと包み、タッパーやジップロックに入れて保存します。

 

冷凍の場合

サラダチキンの表面の水分をキッチンペーパーで拭き取ります。
この時に手が直接触れないように注意してください。(雑菌の繁殖を抑えるための措置です!)

そして、サラダチキンをラップでピッタリ包み、ジップロックに入れ空気をしっかり抜いてファスナーを閉めて冷凍庫に入れます。

 

冷蔵・冷凍ともに粗熱をとってから保存するようにしてください。
特に冷凍保存する際に熱が残ったまま冷凍庫に入れてしまうと、庫内の温度や湿度が急激に変化し、サラダチキンの表面に水滴を作ることになりうま味が逃げてしまうので、注意してくださいね。

手作りサラダチキンの解凍方法は自然解凍がオススメ!

自然解凍の場合

一番オススメの解凍方法です。
冷凍庫から冷蔵庫に移してゆっくり解凍させます。

この方法だと肉汁が出てしまいうま味が逃げてしまうのを防ぐことが出来ます。
ただし、時間がかかるので、夕食に使いたい場合は朝の内から冷蔵庫に移しておくのがベストです。

 

流水解凍の場合

ジップロックに入れたままのサラダチキンをボウルに入れ、水道水をかけ続けて解凍する方法です。

ただし、この方法だと水道代がかかる上にジップロックの中に水が入り込む可能性があるので注意してくださいね。

 

電子レンジによる解凍の場合

電子レンジによる解凍はオススメできません。

なぜなら、急激に高温になるため、肉汁がたくさん出てしまい、お肉が固くなるだけでなくうま味も逃げてしまうからです。

どうしても時間がない場合は、ジップロックからサラダチキンを出し、ラップも外してキッチンペーパーを敷いたお皿に乗せて一番低い温度で様子を確認しながら解凍してください。

手作りサラダチキンは腐るとどうなる?変なにおい・黒いポツポツが現れたらNG!

見た目の変化

サラダチキンが腐ると、表面が黄色くなったり黒いポツポツが現れます。細菌が繁殖している証拠なので、食べるのはやめましょう。

 

匂いの変化

酸っぱいような匂いがしたら絶対に食べるのはやめましょう。

少し日にちが経ってしまったサラダチキンを食べる際は、見た目や匂いに変化がないか十分に確かめてから食べるようにしてくださいね。

まとめ

ヘルシーなうえに、材料も比較的安く手に入るサラダチキンを手作りしたいと思う方も多いと思います。

日持ちの日数や保存方法には十分気を付けてくださいね。

今回ご紹介した日持ちについては、あくまでも目安です。

味付けや調理環境によって異なりますので食べるときには念のため表面の確認やにおいの確認も行ってくださいね。

-賞味期限・保存方法

© 2020 日々を旅する -都会の端っこでスローライフ- Powered by AFFINGER5